お中元シーズンは、おいしいものを堪能できる幸せな季節ですね(^^)

でも、旦那さんあてにお中元をいただいた場合、お礼をどうするか悩みますよね。

お礼のはがきを送るだけでいいのか、はたまた品物でお返しをしないと失礼にあたってしまうのか。

お中元にまつわるマナーを一度きちんと確認して、先方と気持ちのよい関係を築きましょう。

スポンサーリンク
  

お中元のお返しはお礼状を書くだけでいいのか?

お中元をいただいたら同等のお返しをしなくてはと思って、こちらも品物を送らなくては!と思いがちです。

ですが、お中元は先方が気持ちでくれたものなので、物でお返しをするのは逆に「これで義理は果たしました」「もう結構です」みたいに儀礼的で悪い印象を与えることがあります。

お世話になった気持ちをむげにしないで素直に受け取るのが一番です。

品物をいただいた心遣いに対して「ありがとう」と伝えるために、お礼状をしたためましょう。

お礼状を書くのは、「品物は配送の間違いなどトラブルもなく、問題なく届きましたよ」と相手に伝えるためにもあります。

相手側から「お中元届いた?」と尋ねるのはお返しを催促してるみたいなので、受け取った側から「届いたよ!ありがとう」と連絡するとスムーズです。

お中元のお返しに品物を贈らなくても、お礼状だけでも十分礼儀を果たしています。

心をこめてお礼の気持ちを伝えるのが、先方にとって一番うれしいことですよ(^^)

品物でお返しをするのは、あまりにも高価すぎるものをいただいたときにとどめましょう。

(その場合、こちらは安価な品物でお返しをした方が先方の気持ちをむげにしません)

 

お中元のお礼状ははがきと便箋どちらがいいの?

お中元のお礼状にはそんなに書くことがないから、はがきで簡単に済ませたいけれど、きちんと便箋で書くべきなのかな?と迷うところです。

でも、お礼状ははがきで全然失礼にならないので大丈夫です。

形式にこだわるのではなく、内容にこだわればいいだけですから(^^)

はがきは無地のものでもかまいませんが、旅行先できれいな風景などの絵はがきを買って送ると、先方も目で見て楽しめるのでおすすめです。

といっても、近所の本屋やコンビニで買う絵はがきでも大差ないでしょうが(笑)

派手になりすぎないようなさりげない絵柄でしたら、先方もあなたの心遣いに喜んでくれます。

スポンサーリンク

 

お中元のお礼状を妻が代筆するときの注意点や例文は?

旦那さんの仕事先や知人などからお中元が届いたとき、奥さんがお礼状を代筆することも多いですね。

妻が代筆するときに気をつけるべきポイントや、どのような文章構成にするのが望ましいのか確認しておきましょう。

妻が代筆するときの文章構成

まず妻が代筆するときの文章構成ですが、気をつけるべき点は通常のお礼状と同じです。

書き出しに「暑さが厳しいですが、おかわりなくお過ごしでしょうか」と時候の挨拶を入れます。

そして、本文に「このたびはお中元をいただき、ありがとうございます」とお礼状を書いた目的をはっきりさせます。

品物に対する感想(おいしかった、主人もたいへん喜んでいる)なども付け加えると心がこもったお礼状になり、先方も顔がほころぶこと間違いなしです。

結びの言葉は、「まだ暑さが続きますが、体調には気をつけてください」のようなことを書けば完璧です。

妻が代筆するときの例文

では、実際に文章におこしてみましょう。

 

お中元のお礼状例文

拝啓 毎日暑い日が続きますが、○○様にはますますご健勝のことと存じます。
この度は、結構なお品を頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
ハムギフトは主人も私も大好物で、早速賞味させていただきました。
夏の疲れも吹っ飛び、元気がわいてきました。
まだしばらくは暑さが続きますので、皆さまどうかご自愛くださいませ。
まずは、書中にてお礼申し上げます。
                  敬具

 

お礼状を代筆するときに気をつけてほしいポイントは、以下の画像のように主人の名前の左横に「内」と小さく書くのを忘れないことです。

「内」と書いていたら奥様の代筆だとわかるのですが、もし書いてなかったら「女性のような字を書く人ねえ…」と不審がられます(笑)

ご主人があらぬ誤解をかけられないためには、妻のあなたの気配りが欠かせないものです。

スポンサーリンク

 

まとめ

お中元をいただいたときのお返しは、基本的にはお礼状を書きましょう。

お礼状ははがきでかまいませんので、お中元をいただいたことへの感謝をきちんと伝えましょう。

妻が代筆するときはご主人が女性的な字を書くのだと勘違いされないように、ご主人の名前の横に「内」と書くのを忘れずに。

このポイントさえおさえておけば完璧です。

スポンサーリンク