年末年始に食べ過ぎたときのダイエット法

親戚づきあいなどでおせちやお雑煮を食べすぎて、正月太りしちゃうのってなんとも悲しいですよね(ノД`)・゜・。

お正月に食べ過ぎたときには、どんなダイエットをしたら効果的なのか気になりますね。

きつい運動や食事制限は続かないから、ふだんの生活の中でできるような簡単なダイエット方法をまとめました。

夜中に空腹で眠れないことも、運動がきつすぎて投げ出すこともないので、結果的に正月太りを解消できる可能性が高いダイエットです。

スポンサーリンク
  

正月太りに効果的なダイエット法は?

正月太りを解消するのに効果的なダイエット方法は、糖質制限ダイエットです。

正月料理はお雑煮のお餅や栗きんとん、黒豆など糖質高めの料理が多いので、お正月は太りやすいんです…( ゚Д゚)

また、おせち料理は数の子や煮しめなどみりんや砂糖で甘辛く味付けした料理が多いのですが、みりんや砂糖は糖質が高い調味料です。

それに、煮しめのサトイモやニンジンなど根菜類も糖質が高いので、おせちを食べると太って当たり前ですね…。

だから、正月太りには糖質を減らすダイエットが痩せやすくなります。

おせちやお雑煮を食べると、エネルギーとして使われなかった糖質が脂肪に変わって、災害時の非常食のように非常時に使われるエネルギーとして蓄えられます。

でも、糖質を減らすダイエットをすると、お正月にいったん脂肪として蓄えられた糖質がエネルギーとして使われるようになり、痩せられます。

とはいえ、あまりきついダイエットだと続かないので、夜だけ炭水化物や根菜類を食べないゆるいダイエットにしましょう。

朝や昼間も糖質をとらないと仕事や授業中などに頭がボーっとして集中できなくなるので、朝・昼はごはんやパンをしっかり食べましょうね。

ライ麦パンや玄米・雑穀ごはんやおそばなど、小麦粉や白米など白いものじゃない方が糖質が低いです。

お肉やお魚などタンパク質は筋肉に変わるので、積極的にとるようにするといいですね。

生地にお豆腐を混ぜたお好み焼きや麻婆豆腐(ひき肉と豆腐だから糖質オフ)などでボリューム感たっぷりな夕食にすると、満腹感もあります。

寒い季節なので、ミネストローネや豚汁など具だくさんの汁物を作り置きして、ポカポカ&お腹いっぱいにしましょう♪

あるいはロールキャベツや、鶏肉・豚肉のチーズ焼きなど料理はいろいろあるので、こういうガッツリ系のごはんに汁物を合わせるといい感じに満腹になりますよ。

白米が欲しくなるようなおかずのときは、主食を湯豆腐などにするのがおすすめです。

空腹で寝られないのがダイエットの一番のストレスなので、お腹一杯にしてゆっくり寝ましょう。

スポンサーリンク

 

正月に食べ過ぎたのを上手にリセットする方法

正月に食べすぎてしまったのをリセットするには、上で紹介した糖質制限ダイエットを試してみるのも効果的です。

でも、年末年始の暴飲暴食が原因で太ってしまったのだから、食事量をいつも通りにするだけでもそのうち痩せてきます。

くれぐれもお正月の食事量を引きずらないようにして、10分くらいちょっとお散歩をする習慣をつけるようにしたら、いつの間にかもとに戻っていることも多いです。

すでに定着してしまった脂肪を落とすのは大変だけど、短時間で新しく増えた体重はまだ比較的落としやすいです。

正月太りをリセットするには、夕食だけ炭水化物を抜いて汁物を多目に食べたり、意識して歩くようにしたりするだけでも十分効果は出ます。

お正月料理は太りやすいものも多いし、親戚付き合いで無理してたくさん食べちゃうこともあるかと思います。

でも、一時的に増えた分って意外と減るもんなんですよ(*^^*)

よくかんで食べたり、汁物や温野菜などをしっかり食べたりして脂肪分を減らすのを意識して、少しずつ減らしていく感じです。

私はふだんから0.5キロくらいの変動は当たり前のようにあるんですけど、減るときは減ります。

まずはとにかく、食事の量をいつも通りにするのを心がけると正月太りを上手にリセットできますよ。

糖質制限ダイエット・気分転換的に軽いお散歩を取り入れるとより早く痩せられるので、余力があれば試してくださいね。

テレビを見ながらストレッチをしたり、お風呂の湯船で足をバタバタ動かすのも十分な運動なので、お仕事などで忙しい方はできることから少しずつやっていきましょう。

あるいは、ふだんのごはんの中に雑穀を入れて糖質を減らしてお腹いっぱい食べるとストレスなく続けられますね。



 

正月太りを簡単に解消する方法

正月太りを簡単に解消するには、間食をひかえて3食しっかり食べるのが大切です…が、間食をひかえるとストレスになっちゃいますよね。

私はお菓子を我慢するストレスが溜まるとドカ食いしちゃうので、お菓子は適度に食べてダイエットをした方がいいです。

とはいえ、考えなしに間食をすると太るので、太らないお菓子の食べ方を知っておきましょう。

間食をするときは、熱々のコーヒーとクッキー2枚くらいをゆっくり時間をかけて味わうと満足しやすいです。

具体的には、クッキーをひとくちじっくりと味わってからコーヒーをすすり、それからもう一口味わってまたコーヒーを飲み…の繰り返しです。

今、私はこの記事を書きながらカフェオレとクッキーを食べていますが、いつもなら3分でなくなってしまうクッキーが10分くらいかけてもなくなりません。

おかげで長い時間舌にクッキーの余韻が残ってて、とても幸せな気分です(*^^*)

いい具合に満腹になっているので、このクッキー以外にお菓子を食べたい気分にはなりません。

今夜もいい気分でぐっすり眠れそうなので、し好品の食べ方を知るのはとても大切なんだなと身をもって実感しています。

同じように、いつも晩酌する人ならビールを糖質オフのものにしたり、糖質の入ってない発泡酒にして晩酌を楽しみましょう。

ダイエット=我慢と思うとつらいですが、方法を工夫すれば間食や晩酌もしてもいいので、ストレスも少なく簡単に痩せられます。

もし元気があれば、通勤のときに一駅分歩いたり、車で5分のスーパーに歩いて行ったりするとよりいいですね。

そこまでしたくない場合は、スーパーやショッピングセンターの少し遠い駐車場に停めて歩く手もあります。

ふだんの生活をあまり大きく変えずに、正月食べ過ぎたのをダイエットでリセットするなら、お菓子の食べ方やお酒の飲み方にも気をつけるといいですね。

お菓子やお酒を買いに行くときは絶対徒歩で!とルールを決めると、より痩せやすくなるのではと思います。

スポンサーリンク

 

正月に食べ過ぎたときに有効なダイエット法まとめ

お正月料理はおせちやお雑煮など糖質の多い料理ばかりなので、正月太りを解消するには糖質制限ダイエットがおすすめです。

とはいえ、炭水化物を食べないで空腹で眠れないだとか、お菓子を食べられないストレスで過食に走ってしまわないように、ゆるーく痩せましょうね。

週に1回だけでも軽いお散歩をするとより体重が減るのが早くなるので、お休みの日にはぜひ試してみてくださいね。

正月太りは一時的なものなので、年末年始の食事量をひきずらないだけでも十分効果はみられます。

スポンサーリンク