家事の中で一番水を使う皿洗いは、手荒れが起きやすい原因NO.1として君臨しています。

毎日2~3回は行う頻度の高い家事だからこそ、手荒れしにくいように工夫しながら洗いたいものですね。

「食洗機まではちょっと……」と思ってるあなた。

食洗機を使わなくてもできる、皿洗いで手荒れが起こりにくくなる方法をご紹介します!

ぜひチェックして、取り入れられそうなものは取り入れてくださいね。

スポンサーリンク
  

皿洗いで手荒れが起きないようにどう対策するべきか

お皿洗いをするとどうしても手が乾燥してガサガサになってしまいますよね(>_<)

手荒れしないようには、どのように対策したらいいのでしょうか?

人間の手の表面層には、皮脂のバリアが張られています。

皮膚の中の水分が外へ蒸発しようとしても、以下の画像のように皮脂のバリアにはじかれて皮膚から出られなくなります。

手に十分な脂分があるからこそ、指先ががさつかず潤いのあるすべすべした触感になります。

でも、皿洗いで熱いお湯や洗剤を使うと、食器に付いたサラダ油だけでなくて皮脂まで洗われてしまいます。どちらも油ですからね。

そうなれば、皮膚の内部の水分がモンゴルの大移動かのように一斉に蒸発して行っちゃうので、手指がガサガサひび割れてしまいます。

手の脂分がなくなると一気に指がガッサガサになるので、皿洗いのときはゴム手袋をして作業するのが一番です。

あるいは、ハンドクリームなどをこまめに塗って油脂を補給するのも有効です。

ぱっくり割けは皮膚科で治そう

また、時間に余裕があれば皮膚科に行くのもひとつの手です。

特に指がぱっくり割れてたり、あかぎれが起きてるときは皮膚科で塗り薬を処方してもらうと治りが少し早くなります。

皮膚科によっては保湿するためのクリームももらえるので、一度行ってみる価値はあります。

手荒れを完全に再発させないのはたいへん難しいことですが、症状を軽くする手助けが皮膚科ではできます。

一度治せば再発しにくい風邪とは違い、皮膚科に行けば再発しにくくなるわけではありません。

ただ、塗り薬があると治りが早いというだけです。

症状を治す近道は毎日薬を塗って保湿することなので、結局は地道な努力が必要なのに変わりはないんですが(>_<)


スポンサーリンク

 

皿洗いで手荒れが起きない洗剤の成分はあるの?

皿洗いをするときにゴム手袋を使ってる人もいますね。

でも、ハンバーグを焼いてる最中にいちいちゴム手袋をして肉をこねたボウルや玉ねぎを冷ます耐熱皿やらを洗ってたら、ハンバーグが焦げちゃいます。

調理中の皿洗い(調理用具洗い?)のときにゴム手袋を嵌めてる暇がない人は、洗剤の選び方から見直すのもひとつの手です。

でも、どんな洗剤を使ったら手荒れしにくくなるのか知りたいと思いませんか?

手荒れしにくい洗剤を選ぶポイントは、界面活性剤の使用量が少ないものです。

界面活性剤は油汚れをしっかり落としてくれる反面、手の皮脂もしっかり落としてくれます。

お皿はピカピカになるけれども、手指はガビガビになります。

逆に界面活性剤が使われてないものはお皿がピカピカになるまでに時間がかかります。

でも、例えばお味噌汁のお椀や食パンだけを乗せたお皿、お茶を飲んだコップなど油もの以外は界面活性剤の使用率が低いものを使うのも手ですね。

ドラッグストアで買えるものならば、下の2つのように手肌にやさしい・弱酸性のような表示がされているものを選ぶといいです。

いろいろ試してみて、自分の手に合った洗剤を探してみてくださいね。

 

皿洗いの手荒れを防ぐハンドクリームの効果的な使い方は?

手荒れにはハンドクリームが効果的だといわれてますが、どのように使えばいいのでしょうか?

ハンドクリームは油分で手の表面をコーティングして水分の蒸発を防ぐのが主なはたらきです。

指ががさついてるときは、そもそもの水分量が少ない(すでに蒸発してしまってる)状態なので、ハンドクリームをつける前に保湿が必要です。

お風呂上がりには顔に化粧水と乳液を塗ったくって、人によっては美容液やシートマスクやらで保湿しますよね。

なぜなら顔の皮膚はデリケートだから! 塗らないとすぐに鼻や頬が粉吹いたり、赤く荒れたりしますからね。

手の皮膚も顔と同じくらいデリケートなので、ハンドクリームを塗る前に化粧水をなじませて水分補給をさせましょう。

それから乳液でなくハンドクリームを塗って、浸透させた水分を逃がさないようにしましょう。

顔と一緒で、手もお風呂上がりが一番浸透力が高いので、ハンドクリームはお風呂上がりと寝る前の最低2回は意識して塗りましょう。

皿洗いや水を使う家事が全部終わったタイミングで塗ったら、ハンドクリームのべたつきもさほど気にならなくなるかと思います。

ハンドクリームはべたつくから、塗ってからしばらくはスマホなど物を触りにくいのがデメリットです(>_<)

テレビを見たり音楽を聴いたりしながらか、あるいはストレッチしながらハンドクリームが馴染むのを待つとストレスがたまりにくいです。

 

まとめ

皿洗いで手荒れしてつらいけど、食洗機まではちょっと…と思ってても、ここまで対策はできるものです。

ひとくちに手荒れといっても、お肌の強さ弱さによっては以上で紹介した方法が効かないこともあります。

以上にだけ注意して、手荒れ対策をぜひ試してみてくださいね。

毎日お風呂上がりや寝る前、皿洗いが終わった後などにハンドクリームをこまめに塗るだけでもすべすべになりますよ(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク