節分に恵方巻きを食べるときは、途中で醤油をつけたりお茶を飲んだりしてもいいのか気になりますよね。

醤油をつけないと味がぼやけるし、途中でお茶を飲まないと体が冷えちゃうし、恵方巻きをおいしく食べるにはどちらも必要です。

恵方巻きのルールでは醤油をつけたりお茶を飲んだりするのはアリなのか、もしナシならどう対処したらいいのかを確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

恵方巻の食べ方の正しいルールやタブーを確認しよう!

節分の恵方巻きの食べ方は、決められた方角を向いて太巻きを切らずに長いままかじり、そのまま食べきるのがルールです。

願い事を頭の中で思い浮かべながら恵方巻を食べると、その願いがかなうとされています。

その年の方角に向かって神様に願いをささげ、恵方巻きにかぶりつく儀式となっています。

そのとき途中でお醤油をつけたり、お茶を飲んだりして恵方巻きから口を離してはいけないルールです(>_<)

恵方巻きから口を離したら幸せや良縁が逃げていくとされているため、恵方巻きを食べるときの正式なルールでは途中で口を離すことはできません。

でも、どうしても醤油をつけたり飲み物を飲んだりしたいこともあると思うので、そのときにどうしたらいいのか解決策を後ほど説明しますね。

恵方巻きのルールは、七福神をあらわした七種類の太巻きを食べるというのもあります。(アナゴ・だし巻き卵・シイタケの甘辛煮・高野豆腐・きゅうりなど)

とはいえ、最近では海鮮巻など七種類のルールにのっとっていない恵方巻きも売られているので、あまり厳密に考えることはありません。

他にも「目を閉じて食べる」「絶対喋らない」などがあるようですが、人によって細かいルールが変わります。

ルールには「笑いながら食べる(福が来るため)」説もあるのですが、食べながら笑うのは至難の技どころか、むせて大惨事になって願い事どころじゃなくなるかもしれません。

細かいルールはあまり気にせず、恵方巻きを食べるときは願い事をしながら黙々と太巻きをかじるようにしましょう(笑)

スポンサーリンク

 

恵方巻きを食べる途中で醤油をつけるのはアリ?

上で説明したとおり、恵方巻は食べてる途中で口から離してはいけないルールがあります。

そのため途中で醤油をつけることはできませんが、最近ではマグロやサーモンなどの海鮮恵方巻きも多いですよね。

海鮮恵方巻きには醤油をつけないとおいしくないので、ここはいっそ願い事をしたらその時点で恵方を向いて丸かじりするのをやめて、その後は普通に醤油をつけて食べましょう。

恵方巻きの本場大阪でも、ひとくちふたくちだけは恵方を向いて食べて、その後は切り分けてもよし、しょうゆをつけてもよしなご家庭もありますよ。

長い太巻きを一本食べきるとお腹が膨れてしまうし、家族団らんもできないし、本場大阪でも恵方巻きのルールを厳格に守っていない家庭もあります。

ここは本場にならって、少しだけかじってから醤油をつけてみませんか?(海鮮巻は絶対醤油をつけた方がおいしいですし)

また、恵方巻きは本来の太巻きでしたら、うなぎやアナゴ、しいたけの甘辛煮や高野豆腐など味がしっかりしている具材がたくさん入っています。

そのため恵方巻を丸かじりするときは醤油をつけなくても元々の味付けを楽しめますが、たまに味の薄い恵方巻が混じっていることも…。

海鮮巻や味の薄い恵方巻を食べるときは最初の一口に醤油をつけ、願い事をしたあとには口から離し、醤油をつけながら食べるのが一番おいしく食べられますね。

 

恵方巻きを食べている途中でお茶を飲んで一服するのはルール違反?

恵方巻きを食べる途中で飲み物を飲んで一服するのは、醤油と同じように恵方巻きのルール無視にあたります。

でも、冷たい太巻きは体が冷えちゃうので、途中であったかいお茶を飲んでおいしく食べたいですよね。

願い事をしてからは太巻きを口から離しても問題はないとされているので、こちらも本場大阪にならって熱いお茶を飲んでほっとしましょう(笑)

あるいは細巻きか手巻き寿司にして、一本食べきる間はお茶を我慢してみるという手もあります。

細巻きや手巻き寿司なら太巻きよりボリュームが少ないので、一本食べきるのもそこまで苦じゃないと思います。

細巻きを軽ーく一本パクついてからお茶を飲んで、その後は普通にひとくち食べてお茶…な感じにするのもいいですね。

恵方巻きを食べている途中でお茶を飲むのもダメかと思われますが、恵方巻きは一口食べるだけでOKな独自ルールもあるので、そちらに従ってみるのもアリです。

どうしても叶えたい願い事がある場合は、太巻きでなく食べやすい細巻きにしてお茶を飲まなくてもいい量にして一本食べきるのもいいですね。

スポンサーリンク

 

節分の恵方巻の細かいルールまとめ

恵方巻を食べるときのルールは本来は一本食べきるまで口から離してはいけないのですが、大阪の人たちも厳格に守っているご家庭ばかりではありません。

ひとくち、ふたくちだけ食べて願い事を唱えたら、あとは食卓で好きに醤油をつけたり飲み物を飲んだりして楽しみましょう(^o^)

せっかくの恵方巻なのだから、おいしく食べられるのが一番ですよね。

スポンサーリンク