夜行バスは安く目的地へ行けるので旅行のときには重宝しますが、ホテルではないので身支度をする場所がないのが問題ですね(+_+)

夜行バスに乗ったときの化粧をバスの中でするのは揺れるし、コスメのにおいも気になります。

でも、洗顔やメイクができる場所は探してみれば意外にあるもので、バス停を降りた駅のトイレ以外にもゆっくり身支度をする場所はあります。

夜行バスを降りた朝の洗顔や歯磨きや化粧などができる場所をまとめたので、参考になれば何よりです。

スポンサーリンク
  

夜行バスに乗った翌朝の身支度はどこでする?

夜行バスに乗ったときに困るのが、翌日の朝に洗顔や歯磨きや化粧などの身支度をする場所を確保することですね。

夜行バスの朝の洗顔や歯磨きなどはバスに乗っているときの最後の休憩のときに、サービスエリアのトイレで簡単に済ませてしまう人もいます。

そのときに下地や日焼け止めだけをサッと塗ってしまえれば、後でフルメイクをするときも楽です(*^^*)

でも、慣れた人でないとメイクまでするのは難しいので、あらかじめ降りる場所の近くにトイレやパウダールーム、あるいはネットカフェなどがあるかを前もって調べた方が当日不安にならずにすみます。

ネットカフェや早朝から開いているスパならシャワーもできるし、もちろん洗顔や化粧をすることもできます。

あるいは24時間営業のファミレスやカフェで朝ごはんとメイクを済ませてしまう手もあります。

ファミレスやカフェなどは掃除が行き届いていることが多いため、公衆トイレよりは比較的きれいかと思います。

ドリンクバーやコーヒーだけでもいいので注文し、サッとメイクをしてからひと息ついて、それから行動し始めるのもいいですね。

スポンサーリンク

 

夜行バスに乗ったときは化粧や洗顔はどうする?

夜行バスに乗ったときの化粧はどうするかというと、駅などのトイレやパウダールームを探すのが一番簡単ですね。

でも、パウダールームはもともとお化粧直しのためにあるものなので、あまり長く占領するのは他の人の目も気になるかと思います。

そこでおすすめなのが、ホテルなどの日帰り入浴サービスを利用して洗顔や化粧をすることです。

都会ならいざ知らず、田舎だと駅前でも満喫やスーパー銭湯がないこともありますので…(;・∀・)

バス停近くの地図を見て、そこの近くのホテルに目星をつけて「○○ホテル 日帰り入浴」で検索して、早朝から開いているところを探すようにしましょう。

アパホテルなどのビジネスホテルでも日帰り入浴サービスを行っているので、ビジネスホテルやシティホテルで調べてみるのもいいですね。

日帰り入浴ではなく早朝休憩プランなどがあるホテルもあるので、夜行バスが停まる駅近などで探してみましょう。

東京や大阪など大都市に限りますが、「VIPライナー」という会社のバスに乗った場合にはバスを降りた場所に「VIPラウンジ」があるところもあります。

VIPラウンジでは朝の9時半までパウダールームが使え、無料で歯ブラシ、有料で洗顔・洗髪用のタオルの貸し出しがあります。

洗顔も歯磨きもメイクも、なんなら洗髪もできちゃうし時間つぶしの休憩もできるので、場所の条件が合えば便利なスポットです。

VIPラウンジはVIPライナーの高速バスに乗った場合は降りた日は朝9時半まで無料で使えるのですが、それ以外の人でも料金を支払えば利用できます(^o^)
VIPラウンジの詳細はこちらから

VIPラウンジ以外にも博多駅にある「BUS STOP LOUNGE」などパウダールームなどの設備がある施設はあるので、いろいろ調べてみるのもいいですね。

洗髪までしなくてもいいのでしたら、カラオケボックスでじっくりメイクをしていく方法もあります。

駅のトイレ以外にも、ホテルの日帰り入浴や早朝休憩、VIPラウンジ、カラオケ、ネカフェ、満喫など洗顔やメイクができる施設があるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

夜行バスで髪が崩れたときのセットをする場所は?

夜行バスでは夜は背もたれにもたれて寝るので、どうしても髪型が崩れてしまいますよね。

スパやホテルの早朝ユースを利用してドライヤーが使えるときならまだしも、そうでないときは髪のセットをする場所も探さないといけません。

ただ、夜行バスの中では使用電力量が大きいドライヤーやコテは使用するのが難しいため、電気を使うのは難しいです。

ドライヤーなどは使用電力が大きいため、ショートしてしまう可能性があります。

先ほど紹介したVIPラウンジならドライヤーもコテも貸し出してくれるので問題はないのですが、VIPラウンジがない地域へ旅行することもありますね。

そのため手の込んだ巻き髪などをしていくのは難しいです。

なので、朝はクリップなどでまとめ髪にしたり、そのまま寝られるようにサイドで三つ編みをしていくのがおすすめです。

そうしたら髪型が崩れにくいので、帽子を被ってごまかしたらちゃんと決まっているように見えます(*^^*)

秋冬ならニット帽をかぶっていけば風で飛びにくいし、ファッションとしてもオシャレなのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

夜行バスの化粧はどこでするのかのまとめ

夜行バスに乗ったときは、女性は化粧をする場所を確保しなくてはならない心配もあります。

ナチュラルメイクでお手軽にいくならトイレのパウダールームでも十分ですが、がっちりメイクしたり洗髪もしたい場合はネットカフェやホテルの早朝ユースなどを利用するのがおすすめです。

夜行バスに乗る前にじっくり下調べをしてから向かうようにして、当日に慌てないで済むようにしたいですね。

こちらの記事も読まれています。
夜行バスに乗るときの必需品は?快適に過ごせるグッズやコツも紹介

スポンサーリンク