歓迎会では新入社員がお酌に回って、上司や他の部署の人に顔を覚えてもらったり親睦を深めたりします。

最初が肝心とはいえ、飲み会のどのタイミングでお酌に回るべきなのか、お酌は誰からしていけばいいのかなどわからないこともたくさんありますよね。

また、歓迎会で他のテーブルの人にお酌をしにいくときは何て言って挨拶をしたらいいのかも悩んじゃいますよね。

新卒にしろ、中途入社にしろ10~20代の若い人ならお酌のマナーは知らなくてもある程度は許されますが、ちょっと知識をつけて安心して歓迎会へ行きましょう!

スポンサーリンク
  

歓迎会でお酌を始めるタイミングはいつが適当?

歓迎会で意外に困るのが、いつお酌へ行ったらいいのかということですね。
これは基本的には最初の乾杯を済ませた後からお酌回りを始めてもよいとされている会社が多いです。

とはいえ、乾杯の直後だとまだグラスが満杯になっていることが多いため、少し食事や歓談をしてから同じテーブルの周りの人のグラスの様子を見てお酌するとスマートです。

乾杯の直後に席を立ってお酌へ行くのは、同じテーブルの人が「俺たちと話したくないのか?」と悪く思う可能性があるため、避けた方が無難ですね。

ただし、あなたと同期入社した人がお酌へ立ち始めたら、「私も回ってきた方がいいんでしょうか?」と軽く尋ねてみるのは感じ悪くならないです。

歓迎会で新入社員がお酌へ回るタイミングは、同じテーブルの人とある程度会話を楽しみ、一度お酌をし終わった後くらいに行くのがベターです。

ちなみにお酌へ行くときは、自分のコップは持って回らない方が返礼での飲み過ぎ防止になります。

ビール瓶やビールジョッキは重いし、お酌のときは両手で注ぐのがマナーとされているので、コップを持ちようがないのでお酒が苦手な人でも安心です(笑)

それでも「コップは?」と聞かれることがあるので、尋ねられた場合のみ自分の席からコップを持ってきて飲むようにします。

未成年やお酒を飲むと体調が悪くなる人、お酒が弱くてたくさん飲めない人などはもちろん飲んではいけないので、やんわり断りましょう。

「ありがとうございます。お酒を飲むとアレルギー反応が出てしまうので…お気持ちだけ頂戴しますね」と、最初に相手がお酒を注いでくれることに対するお礼を言いましょう。

それでもお酒をすすめてくる頭が足りない人は、要注意人物として自分内ブラックリストに載せときましょう。

スポンサーリンク

 

歓迎会でお酌をする順番は決まっているの?

歓迎会でお酌をするときは、どの人からお酌へ行ったらいいのか迷っちゃいますよね。

基本的には社長→副社長など偉い順に回るのが望ましいのですが、もし社長と副社長が離れた席にいる場合は近くの席の常務や部長などにお酌するようにしましょう。

社長にお酌して、離れた席の副社長へ行ったら近くにいる部長や常務が「あれ、俺たちは?」と困っちゃいますからね(笑)

でも、社長にお酌してから同じテーブルの人から順に挨拶していけば、自然にお酌回りができます。

とはいえ、お酌の順番は会社によって異なるし、中にはお酌をしない会社もあるため、歓迎会の前に先輩に尋ねて立ち居振る舞いを知るのがベストですね。

最初に座っている席の近くに先輩や上司がいれば「どなたにご挨拶したらいいんでしょうか」と軽く尋ねてみるといいですね。

お酌をする順番は基本的には役職順ですが、上座下座の概念がない飲み会の場合は近くのテーブルの人から順に回るのもアリです。

これは会社によって異なるところもあるので、まずは先輩に確認するのが一番いいのではと思います。

 

歓迎会でお酌するときはなんと言って挨拶したらいいの?

新入社員がお酌するときはなんと言って挨拶したらいいのかも、意外な困りポイントです。

とはいえ、あまり難しく考えずに軽く自己紹介+新人なんで迷惑かけちゃうかもだけどこれからよろしく☆と言うだけでもかまいません。

具体的には「○○課に配属された山田です。まだ不慣れなのでご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、早く仕事を覚えていけるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします」のように言うといいですね。

それから、相手のグラスが減っていれば「おつぎしましょうか?」と尋ねてみるようにするとスマートかと思います。

ただし、お酒が飲めない人やグラスにたくさん入っている人には挨拶のみにとどめるのがいいかもしれませんね。

お酌はあなたの顔を売るための挨拶の場と覚えておいて、お酒をつぐことにだけこだわらなくても大丈夫ですよ。

たくさんいる社員さんの中には、手酌で自分のペースで飲みたい人もいるし、あなたに気を遣わせるのが心苦しいと思う人もいます。

お酌を断られたらすぐに引き上げるようにすると、手酌派などには好感を持たれやすいです。

挨拶へ行ってこれからよろしくお願いしますと言えたら、それで義理は果たしたと思って次へ行きましょう。

スポンサーリンク

 

新社会人が歓迎会でお酌するときのマナーのまとめ

歓迎会で新入社員がお酌するときは、乾杯後に少し同じテーブルの人と談笑してからお酌回りを始めるようにしましょう。

そのときどんな順番で回るかは先輩や上司に聞いてみて、だいたいの流れを知っておくようにするといいですね。

お酌回りは自己紹介とこれからよろしくお願いしますの挨拶の場と考えて、お酒をつぐことだけにこだわらないようにしましょう。

上で紹介したマナーさえ覚えておけば、好印象を持たれやすいのでこれからの仕事が円滑に進みやすくなります。

ぶっちゃけ歓迎会はめんどくさいんですけど、何事も最初が肝心なので……1日だけがんばってきましょう(;・∀・)

スポンサーリンク