会社の送別会の進行方法は、その会社によって違うところがあってどうやって進行を決めるかも難しいですよね。

あなたが職場の送別会に出たことがあれば、そのときの流れと同じようにすれば他の人も「ん?おかしいな」とは思いません。

とはいえ、1年目や2年目で送別会の幹事を任されても送別会に出席したことがないケースもあるし、社会人になりたてだと一般的な送別会の流れすらわからなかったりしますよね(^^;)

ここでは一般的な送別会の流れや花束贈呈のタイミングなどを紹介するので、これをベースにあなたの会社流にアレンジしてみてくださいね。

また、幹事が気をつけることもまとめたので、当日を大成功で終わらせるためにもぜひ覚えておいてください。

スポンサーリンク
  

送別会を進行するときの順序はどうする?

ここでは、一次会が2~3時間飲み放題という前提で送別会の流れを紹介します。

  • 集まった順に会費を集める(事前に会社で集めている場合は不要)
  • 人が集まったら飲み物のオーダー
  • 開会の挨拶(1番立場が上の人に頼む)
  • 乾杯の挨拶(3番目に立場が上の人に頼む)
  • 歓談
  • 送る側の送別の言葉(送別される人の直属の上司や同僚などに頼む)
  • 記念品贈呈
  • 花束贈呈
  • 送られる側の挨拶
  • 締めの挨拶(2番目に立場が上の人に頼む)
  • 二次会案内(主役の好きなお店などだと文句が出にくい)

飲み物をオーダーするときは、まずビールの人に手を挙げてもらい「ビール〇個」とメモをとり、その他の注文は個別に尋ねた方が効率的です。

最初の一杯はとりあえずビール派は多いし、会社の送別会という場なのである程度お酒を飲める人は空気を読んでビールを注文することもあります。

送別会の流れは会社によって違うので、上の流れを箇条書きにして「これでよろしいでしょうか」と先輩に尋ねて「うちは乾杯してからすぐにやめる人に花束贈呈してるよ」「記念品までは贈らないなー」などアドバイスをもらいましょう。

真っ白な状態だと「最初は挨拶してもらって…」と一から教えなくてはいけないので、ある程度自分で構成を組んでおきましょう。

箇条書きにした流れを読んで「こことここの順番逆かな」と部分的なアドバイスで済むので、先輩や上司の教える時間が短くなります。

スポンサーリンク

 

送別会で花束贈呈をするタイミングは乾杯前?最後?

送別会では、式のメインとなる花束や記念品贈呈は、会の最後に行うことが多いとされています。

ですが、花束・記念品贈呈や送別の挨拶は乾杯の前や直後に行う会社もあるので、一概に会の最後にやるべきだとはいえません。

宴会の最後の方だと酔っぱらう人も出るため、みんながシラフのときに終わらせてしまう会社もあるのでややこしいです(^^;)

この場合は会社の方針に従って、花束贈呈をいつするか決めた方が無難ですね。

先輩や上司に相談して、いつもはどっちにしているか尋ねるのがベストな選択となります。

ちなみに、この場合も「○○さんに花束を渡すのは、乾杯してからすぐがいいのか、宴会が盛り上がってきたら渡した方がいいのでしょうか」と具体的な選択肢を出して聞いてみると答えやすくなりますね。

会社の飲み会ってのはマナーの本を読んだとおりにやってもダメなことがあるから、迷ったら尋ねる!をセオリーにしたらいいですね。

 

送別会の幹事の注意点は?

送別会当日に幹事が気をつけることはいろいろとありますが、まずはなんといっても挨拶を頼む人を決め、早めにお願いすることでしょうか。

開会・閉会の挨拶と乾杯の挨拶、花束贈呈を誰に頼むかをあらかじめ決めてからお願いしておくと、肩の荷が少しだけ下ります。

また、キャンセル代がいつからかかるかを確認してから「〇日以降の欠席はキャンセル料が○円かかります」と文書に書いておくと、トラブルのもとになりにくいです。

これはわかりしだいできるだけ早めに出席者に伝えるようにしましょう。(ベストは最初の出欠確認のとき)

この二つは当日までに用意しておくといいですね。

また、送別会当日は幹事は注文しやすくするため、出入り口付近の下座をキープするようにしましょう。

お酒や料理の注文をとるため、紙とペンを用意すると注文がスムーズにできるし、注文の間違いも起こりにくいです。

それから、会計のときはぜひ領収書を受け取るようにしましょう。

歓送迎会は会社からお金が出ることもあるため、いくらになったか証拠として残しておくと計算も楽になります。

「本当に送別会が開かれていて、金額はこの値段になったんだ」という証拠になるので、領収書は忘れないように受け取りましょうね。

また、送別会の会費は送られる人の分の飲み代や花束、プレゼント代も込みで多めに徴収するので、どうしても余ってしまうこともあります。

一次会で会費が余ったら、二次会にまわすか返金するようにしましょう。

こちらも、例年はどうしてるのか先輩や上司に尋ねるようにすると金銭トラブルが生まれにくいです。

スポンサーリンク

 

送別会の幹事の心得まとめ

働き出してから間もなく送別会の幹事になってしまって、その会社の送別会の雰囲気もわからないままだと進行を決めるのも難しいですよね。

そんなときは、花束贈呈は送別会の終わりごろに行うなど「一般的にはこうすることが多い」ことを知って、心配なら「これでよろしいですか」と信頼できる人に尋ねてみましょう。

送別会の当日は飲み物のオーダーや進行などでてんやわんやかと思いますが、スムーズな進行をしているかどうかは気にしていない人もいます。

お酒と料理と談笑と惜別に夢中になっている人もいるので、力を抜いて自然体でがんばってきてください。

【関連記事】
送別会の幹事が当日までに準備することは?進め方の手順や流れも紹介

スポンサーリンク