バレンタインでは、会社の人にふだんのお礼として義理チョコを渡したいと思うこともありますよね(*^^*)

でも「チョコを渡したい!」と思えるほどいい人たちが勤めている会社だと、「お返ししなくちゃ」と困らせたくないですよね。

男性がお返しのことを考えなくて済むように上手にチョコをあげられるような渡し方をまとめたので、うまくお礼を伝えられるといいですね。

スポンサーリンク
  

バレンタインで職場に義理チョコを配るのはアリ?

バレンタインで会社の人に義理チョコを配るのは、相手が負担に思わない範囲であればアリかと思います。

男性が職場のバレンタインで困るのが「お返しどうしよう…」なので、「これくらいならお返ししなくてもいいかな」程度のチョコをあげるようにしましょう。

「いつもお世話になっております」「お仕事でサポートしてくれてありがとうございます」という気持ちを伝えるのが義理チョコの目的なので、お中元やお歳暮の延長のような感覚でバレンタインチョコを渡してもいいですね。

一口サイズの個包装されたチョコやクッキーだと仕事の合間につまめるし、バッグやポケットにも入れやすいので受け取る側にも負担がかかりません。

私が勤めている会社のように女性陣が誰一人チョコを渡さない会社では、自分もチョコをあげないようにするとうまく行きやすいです。

バレンタインチョコを渡さなくても、ふだんお仕事中に「○○していただいてありがとうございます」と伝えるのも十分感謝の気持ちが伝わりますしね(*^^*)

私の場合は日常的にお礼を言うようにしているので、バレンタインチョコを渡さなくても職場の人たちとはお互いに助け合えるいい関係を築けています。

バレンタインの義理チョコは必要か不要かは会社によって異なるので、心配なら女性の先輩方に尋ねてみるといいですね。

「みんなあげてないよー」とか「みんなでお金出し合ってあげるよ」とかならあなた個人で用意する必要はないので、先輩の指示に従いましょう。

スポンサーリンク

 

職場のバレンタインでお返しいらないときはどうする?

バレンタインチョコを会社の人に配るときは、見返り(お返し)を求めないでただ感謝の気持ちを伝えたいだけなこともありますよね。

そういうときは相手方の負担にならないように、あげるチョコの価格帯をぐっと安くするのがおすすめです。

たとえば大袋に入った個包装のトリュフやココアクッキーなどをひとり1つずつあげると、相手も気軽に受け取れます。

下のリンツのチョコみたいなものだとポケットにも入れやすいので、甘いものが苦手な男性も家族に食べてもらうこともできます。

これを2個くらい透明な小袋に入れて個包装してあげると、あまりにも安っぽすぎなく見えるのでおすすめです。

それでも「お返ししないとなー」と言われたら、「ありがとうございます、お気持ちだけいただきます」とやんわり断ると好印象かと思います。

それに3月は決算月で忙しい会社もあるので、もしかしたら忙しさでホワイトデーどころじゃない!となってしまう男性もいるかもしれません(^^;)

バレンタインチョコを思いっきり安物にしておけば、ホワイトデーのお返しをどうしようと気遣われることも少なくなります。

(それでもちょっとしたお菓子などをいただくことはあるかもしれませんが、厚意は素直に受け取った方がお互い気持ちよく仕事ができます)

 

バレンタインで職場へのおすすめな配り方は?

バレンタインチョコを職場の人に配るときに相手に気遣わせない配り方をまとめたので、参考にしてみてくださいね。

まず、チョコは朝礼の前など全員がそろっているタイミングで渡すようにするようにしましょう。

あるいはお昼休憩中などに休憩室で食事している男性に「いかがですか」と聞いてみたり、「ご自由にお取りください」と紙を貼る方法もあります。

デスクに「いつもお世話になっております。ささやかですが、バレンタインチョコです。○○」と書いたメモを添えてチョコを置くのもアリです。

特別感をまったく出さないことで「俺だけじゃないんだ、みんなに渡してるんだ」と思ってもらえるし、「わざわざお返しまではしなくていいか」と気楽に考えてもらえるかもしれません。

チョコ自体も男性陣がお返しに悩むような値段にしないで、トリュフ1~2個など「いかにも義理チョコ」といったものを渡すようにするといいですね。

ここまですればまずお返しのことで気遣わせてしまうことはないかと思うので、気軽に渡してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

バレンタインの義理チョコを会社の人にあげるときの注意点まとめ

バレンタインチョコを会社の人にあげるときは、男性陣にお返しのことを気遣わせないようにちょっとしたトリュフなどをあげるといいですね。

お返しがいらない場合は配り方も相手に気遣わせないように、安いチョコをちょっと添えるようにしましょう。

ちょっとしたことでもふだんの感謝を伝えられるので、ぜひやってみてください(*^^*)

スポンサーリンク