梅雨の時期になると咳が出て困るということはありませんか?

そういえば、最近部屋やお風呂のカビがひどいけどそれが原因?と思い当たったことはありませんか?

梅雨の咳の原因は本当にカビなのか、病院へ行くとしたらどの科へ行ったらいいのか、疑問を解消しましょう!

スポンサーリンク
  

梅雨の咳はカビが原因だってホント?

梅雨時期になると咳がひどくなる原因は、カビの可能性があります。

咳を引き起こす病気には、アレルギー性鼻炎やアレルギー性喘息などが考えられます。(私もアレルギー性鼻炎です)

アレルギー性鼻炎などのアレルゲンには花粉やダニ、ハウスダストなどさまざまで、カビも症状を引き起こす原因のひとつとなります。

カビの細かい粒子が鼻や器官に入り込んでしまうと、体は異物(カビ)を排除しようとします。

粒子を一粒残らず外へ出そう!と激しく咳き込むようになっちゃうため、呼吸も苦しくなるし日常生活に支障が出てしまいます。

普通の風邪のときもウイルスを体外へ出すためにせき・鼻水などが出ますね。

でも、アレルギーが原因だと身体がアレルゲンに過剰反応して異常なほどのせきが出てしまいます。

カビくらいにはもっと寛容になってほしいのですが、そうもいかないのがアレルギー性鼻炎やアレルギー性喘息の悲しい所ですよね(ノД`)・゜・。

本当にカビがアレルゲンかどうかは耳鼻科などでアレルギー検査をしてみないとわかりませんが、可能性のひとつには挙げられます。

梅雨時や冬の結露する時期など、カビが生えやすい時期にだけ咳が出る場合は、カビアレルギーを疑ってみましょう。

スポンサーリンク

 

梅雨の咳をやわらげる対策は何がある?

梅雨のつらい咳き込みを軽くする対策法は、家のカビ掃除と予防を徹底することですね。

いくら病院での治療を受けても、家に帰ったらカビの巣なんて状況ではいつまで経っても咳は落ち着きません(^^;)

まず、カビが生えやすい浴室のカビが生えるのを予防するには、お風呂上りにマイクロファイバータオルやクイックルワイパーなどで水気を拭き取る、めんどうなら換気扇を回すなど対処をとりましょう。

(我が家はクイックルワイパーをお風呂場に置きっぱなしにしているので、ワイパー自体がカビてますが)

【関連記事】
梅雨のお風呂のカビ対策と予防は?換気扇や窓がないときはどうする?

キッチンで水切りラックを使ってる人は、定期的にキッチンハイターなど塩素系漂白剤で掃除するとカビが取れます。

水回り系のカビは塩素系漂白剤で掃除してから、なるべく水気をためないようにして予防すると簡単です。

ただし、窓や壁紙など洗い流せないところは漂白剤でなく重曹と酢を使って掃除すると効果的です。(漂白剤よりは若干効果は劣りますが……)

まず水で薄めた酢を浸したぞうきんやキッチンペーパーで壁のカビを拭きとり、酢をなじませてからぬるま湯で溶かした重曹を壁になじませます。

最後に、カビの菌がついてない真新しいぞうきんで壁を仕上げ磨きします。(洗ったものを再利用はダメ!)

なんでわざわざ酢と重曹を使うのかというと、部屋の壁紙はお風呂と違ってシャワーで流せないからです。

お風呂は洗い流せるから塩素系漂白剤も使えるけど、ちゃんと流せないと塩素系漂白剤が手や体について肌荒れやかぶれの原因になります(・_・;)

それに漂白剤の独特のヘンなにおいもするので、できればお酢と重曹で頑張ってみましょう。

作業するときはマスクをつけておけば、掃除中にカビやほこりで咳き込んで呼吸が苦しくなりにくいですね。

 

カビで咳が出るときは何科を受診すべき?

カビが原因で咳が出るときは、何科にかかるのが正解なんでしょうか?

のどに関することなら、内科よりも耳鼻咽喉科や呼吸器内科がおすすめです。

私も以前、風邪で頭痛と鼻水がひどくて、内科にかかったものの治らなかったことがありました。

そのときも耳鼻科で蓄膿症と診断され、適切な治療を受けて完治できました。

内科医の腕が低いわけではないのですが、やはり餅は餅屋。

耳鼻科の先生の方がより耳鼻咽喉への深い知識があるため、のどが痛くて咳が出るときは専門医の方が治りが早い印象があります。

耳鼻咽喉科ではアレルギー検査も行ってるので、自分のアレルゲンを知るためにも行く価値はあります。

私のアレルギー性鼻炎はハウスダストとダニだったのですが、これも耳鼻科のアレルギー検査でわかりました。

スポンサーリンク

 

まとめ

梅雨のカビが原因で起こる咳き込みは、体内の免疫機能がカビに過剰反応して、体内のカビ粒子をすべて体外へ押し出そうとしているのが原因と考えられます。

はっきりしたことは耳鼻咽喉科や呼吸器内科などで受診してみないとわからないので、体がつらいときは病院で検査してもらってくださいね。

梅雨時のつらい咳から解放できるように、できることからやっていきましょう。

スポンサーリンク