日焼けをしてしばらくして皮膚の皮がむけてしまうと見た目が悪いし、人前に出るのも恥ずかしいですよね…(;´・ω・)

夏場の半袖の季節に日焼けをすることが多いので、日焼けの跡はできるだけ早くキレイに治したい!と思うのも当然ですね。

紫外線を受けて皮がポロポロむけてしまったときに肌をきれいにする方法や、効果的なケアをまとめました。

どのくらいの期間で治るのか、治ったあともいつまで保湿をすればきれいになれるのかについても紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

日焼けで皮がむけたのをきれいにする方法は?

日焼けをして皮がむけてきたお肌をもとのすべすべできれいな状態にするには、皮をむかないことと保湿が大事です。

自分で皮をむくとむいた跡が残るので、お風呂などで皮がふやけて自然にむけるのを待つようにしましょう。

紫外線でダメージを受けた肌は、早く正常な新しい肌を作ろうと新陳代謝が活発になって、古い皮膚はどんどんむけていきます。

でも、新しい肌ができるまでは時間がかかるので、自然に古い皮がむけるのを待たないと、再生しきってない未熟な肌がむきだしになってしまいます。

再生しきっていない皮膚は弱いので、ちょっと水をかけただけでもしみるし、まだら模様になることもあります。

だから日焼けで皮がむけたからといって無理やりむいてしまうのは、痛いし跡が残るしいいことがありません(ノД`)・゜・。

でも、化粧水やクリームなどでしっかり保湿をすると、皮が自然にゆっくりむけてくるようになります。

乾燥して皮膚がガサガサになると皮がむけるので、お肌に水分を与えれば皮がむける前に新しい皮膚がつくられます。

朝晩しっかり保湿をして皮が自然にむけるのに任せれば、あとが残りにくくきれいになります(*^^*)

日焼けをして皮がむけたときは、焼けた皮膚の下に新しくできた皮膚を守るために、自分で無理に皮をむかないのがコツです。

また、お肌のターンオーバーをうながすために睡眠時間を十分にとり、食事もたんぱく質やビタミンなどバランスよくとりましょう。

肌がガサガサしていると皮がむけやすくなるので、以下で紹介するケア方法を守って保湿をしてあげましょう♪

スポンサーリンク

 

日焼けの皮むけはどんなケアが効果的?

紫外線を受けて皮がむけてしまったときには、どうやって保湿をしたら効果的なのかをまとめました。

まず日焼けした肌は乾燥しやすいし、やけどしているので水分が奪われやすいので、水分をしっかり与えるのが大事だと先ほどもお話ししましたね。

日焼けしたときは、顔だけでなく全身(焼けた場所)にこまめに化粧水や保湿クリームで保湿をしてあげると効果的です。

化粧水は使い慣れたもの・肌荒れしないものならなんでもいいのですが、アルコールが含まれているものはヒリヒリすることがあるので避けましょう。

私が使っているのは、ちふれのとてもしっとり化粧水というノンアルコールのものです。(ドラッグストアで売っています)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちふれ化粧品 化粧水 とてもしっとりタイプ 180ML
価格:604円(税込、送料別) (2018/4/19時点)

化粧水をつけただけだと水分がお肌に浸透する前に蒸発してしまうので、蒸発を防ぐために化粧水の上から乳液・ボディクリーム・白色ワセリンなど油分を足してあげましょう。
(理科の実験で葉っぱにワセリンを塗ると水が蒸発しなくなるのと同じしくみです)

化粧水は冷蔵庫で冷やしてから使うとひんやりして気持ちいいし、ほてりもおさえられるので日焼けしたときにはおすすめです♪

また、アロエが含まれたジェルや化粧水も炎症をしずめられるので、もしドラッグストアで見つけたらアロエ入りのものを使ってみるのもいいですね。

 

日焼けの皮むけが治るまでの日数 保湿はいつまでするべき?

日焼けで皮がむけてしまったときは、「いつ治るんだろう…」と不安になっちゃいますね。

お仕事はもちろん、友達と遊ぶときや恋人とのデートの予定が入っていたらなおさら、それまでには治したいですね。

ただ、日焼けしてから皮がむけるまでは数日ほどかかるので、長期戦を覚悟しましょう(+_+)

皮がむけきるまでの期間は2週間ほどかかることが多いので、それまでは毎日しっかりと保湿をして少しでもすべすべお肌に近づけましょう。

それまでの間は七分袖のシフォントップスや長袖の白系のカーディガンなどでごまかして、さらに日焼けをしないように保護してあげるといいですね。

皮がむけきって日焼けが元に戻っても、ダメージは残っているし乾燥しやすいので、ひと月くらいは保湿を続けましょう。

かぜ薬とかも「1週間分もらったけど3日で治った」ときも、3日で服用をやめてしまうとまた風邪をぶり返すことがあります。

日焼けがおさまってからもまだ肌は弱っているので、油断をせず保湿した方がのちのち肌がきれいになります。

また、保湿と一緒に日焼け止めを塗るのも毎日続けた方が、日焼けしても炎症が弱くなるし、ケアの手間も少なくなります。

もう日焼けしちゃったのは仕方ないので、これから新たに日焼けしないように予防につとめて、焼けたところをしっかり回復してあげましょう。

スポンサーリンク

 

日焼けの皮むけを目立たなくする方法のまとめ

日焼けで皮がポロポロむけてくるのを無理にむいてしまうとまばら模様になることがあるので、皮がむけにくくなるようにしっかりと保湿をしてあげましょう。

保湿をしたうえで、これ以上日焼けして肌荒れしないように日焼け止めを塗ったりUVカットパーカーなどを着たりして対処すれば、これ以上ひどくはならないかと思います。

日焼けしたときの皮むけをきれいにするには、お肌のターンオーバーをうながして、正常に再生できるように睡眠と休養もしっかりとりましょう(^^)

【関連記事】
日焼けで背中がかゆいし眠れないのを解消!ケアで手が届かない対策も紹介

スポンサーリンク