今年も毎年おなじみ、金沢百万石まつりの時期になりましたね~♪
百万石まつりといえばやっぱり利家とまつの百万石行列が名物ですが、お祭りの醍醐味の屋台も捨てがたいですね。

そこで、百万石まつりの屋台が出ている場所や行き方、出店している時間や曜日をまとめました。

お祭りの最終日である日曜日も出店が出ているのかどうかもチェックして、お祭りを楽しんじゃいましょう(*^^*)

スポンサーリンク
  

百万石まつりの屋台の場所はどこ?行き方も紹介!

百万石まつりの屋台が出ている場所は主に2か所あって、どちらも地理的には近いです。

まずひとつめが香林坊大和(だいわ)というデパートの裏にあるいしかわ四高記念公園の中・付近です。

香林坊周辺は、土曜日は日中だけでなく夕方から夜にかけてもにぎわってるのでおすすめです(*^^*)

このあたりはバスでのアクセスもいいので(金沢市のバスはたいてい片町・香林坊を通るので)、私はいつもここで屋台を楽しんでいます。

 

香林坊までの行き方ですが、金沢駅から香林坊までのバスが交通規制で運行しない場合は、徒歩で30分弱?くらいで行かれます。

交通規制がなされているときも、金沢駅から「松任・千代野・寺井庁舎」や「円光寺・光が丘」や「四十万・南部車庫」ルートのバスに乗ると片町のバス停で降りられます。※交通規制がされていない場所にバス停があります。

距離があるので香林坊大和までは歩いて10分ほどはかかりますが、金沢駅から歩いて行くのがしんどい場合におすすめです(*^^*)

 

それから、いしかわ四高記念公園から尾山神社へ向かう道や尾山神社にも屋台が出ています。

ここはお正月の初詣のときもたくさん出店があって楽しいし、香林坊からも徒歩で行ける距離なのでダイエットがてら歩いてみるのもいいですね。

ちなみに距離としては、金沢駅ー尾山神社ー香林坊といった感じです。金沢駅から歩いて移動するなら、距離としては尾山神社の方が少し近くなります。

スポンサーリンク

 

百万石祭りの屋台が開かれている時間は?

百万石まつりの出店が出ている時間帯は、おもに朝から夕方(土曜日は夜までやっている屋台もあります)までです(^^)

金沢のお祭りの屋台はそこまでご当地名物の食べ物があるわけではないのですが、歩きながら食べるベビーカステラやたこやきは特別なおいしさがあります。

6月になると暑くなるので、冷たい飲み物やかき氷などがあるとしゃっきりして涼しくなりますよね。

とくに太陽が照り付けて蒸し暑いお昼にかき氷を食べたり冷たいお茶を飲んだりすると、生き返るような感覚になります。

 

それはさておき、百万石まつりは曜日によって行事が行われる時間が変わるので、注意してくださいね。

屋台のピークは土曜日で、土曜日は19時から20時くらいまでは空いている屋台もあったはずです。

私も夕方から夜にかけて百万石まつりの屋台を楽しんだことがあるのですが、夜でも食べ物の屋台は開いていました。

でも夕方くらいに閉まる屋台もあるので、屋台グルメを重視するなら朝~お昼頃に楽しむのがいいかもしれません。

ちなみに朝は10時ごろから屋台が開いているので、その時間帯からお祭りを楽しんでお昼ごはんを屋台で食べるのもいいですね。

 

百万石まつりでは最終日の日曜日も屋台はやっているの?

百万石まつりの屋台は土曜日には大にぎわいですが、日曜日もやっているのかどうかも気になりますね。

ただ日曜日は土曜日みたいに夜までお祭りをやっていないので、屋台を楽しむなら朝からお昼くらいに行くのがいいのではと思います。

 

一番規模が大きいのは土曜日ですが、日曜日も屋台は開かれているのでご安心ください(*^^*)

むしろ、お祭り一日目の金曜日は午後2時ごろで終わるし、場所も尾山神社付近に限られるので、土日が狙い目です。

百万石祭り最終日の日曜日は出店が出ていて、土曜日と同様に楽しむことができます。

スポンサーリンク

 

金沢市百万石まつりの屋台についてのまとめ

百万石まつりの屋台は、おもに尾山神社からいしかわ四高記念公園にかけて開かれています。

いしかわ四高記念公園までは金沢駅から片町経由のバスに乗るか、あるいは大名行列を見ながら徒歩でも行かれます(*^^*)

6月の金沢はすでに暑くなっているので、暑さ対策に帽子をかぶって、水分補給もしっかりして楽しんでくださいね☆

【こちらの記事もおすすめです】
百万石まつりの駐車場で混雑を避ける方法と金沢駅付近の料金は?

スポンサーリンク