仙台七夕まつりは前夜祭の花火も、仙台駅から仙台市役所にかけて飾られる七夕飾りも魅力ですね~。

魅力的だからこそたくさんの人が訪れるので、毎年道路が渋滞したり交通規制がなされたりするのが難点ですが…(^^;)

そこで、どの道が渋滞するのか、渋滞を避けてうまく駐車場に停めたいけど停めやすい駐車場はどこなのかをまとめました。

仙台七夕祭りへ来るときにはあらかじめどのルートを選んだらいいのか、どの駐車場に停めたらいいのかを前もってチェックしてくださいね。

また、何時ごろが一番混むのか、午前中など早い時間に行ったらすいているのかどうかもまとめたので、確認して出発しましょう♪

スポンサーリンク
  

仙台七夕祭りのときの道路の渋滞はどのくらい?

仙台七夕まつりに車で来たときは、どの道路が渋滞するかをしっかりとチェックしましょう。

まず仙台市の中心部はふだんよりも渋滞がひどくなるので、初めて来た場合は七夕飾りのメインストリートとなる仙台駅から仙台市役所間を避けるようにするといいですね。

七夕まつりの期間中は夜まで七夕まつり渋滞が起こるので、注意して運転してくださいね(^^)

 

お祭りの会場はこのように仙台駅から仙台市役所の間がメインストリートとなっています。
イオンや仙台フォーラスを経由して歩くルートで、この近辺が交通規制されたり渋滞したりと大変なことになるのでは…と予想されます(;・∀・)

でも、仙台駅の東口や仙台市役所の向こう側なら、多少は歩くけれど渋滞や交通規制に巻き込まれずにすみます♪

逆に仙台駅の西口は混むので、あまり土地勘がない場合は避けた方が無難です(;´∀`)

駐車場から多少は歩きますが、歩いている最中にも七夕飾りがあしらわれている様子が見られてお祭りを楽しめます。

 

また、長町駅など近くの駅に車を停めて地下鉄などで移動すると駐車のストレスから解放されるので、こちらもおすすめです。

七夕祭りの渋滞を避けるコツは、お祭り会場に近すぎる場所を避けてメインストリートから少し離れた場所を狙うことです(^^)

スポンサーリンク

 

仙台七夕まつりの駐車場のおすすめ

仙台七夕まつりには、どのようなルートを通って駐車場へ行くのが一番いいのかをまとめました。

とはいえ、仙台七夕まつりはどこもかしこも満車で車が停められない!というほどのひどい混雑になる可能性は低いので、10分程度かそれ以上歩く距離なら車が停められる可能性が高いです。

仙台駅の東口駐車場

仙台駅の東口にはパーキングが多くて、お祭り会場からも少し離れているので狙い目です♪

その中でも停められる台数が多いのは仙台駅屋上駐車場、仙台マークワン駐車場、アエル駐車場などが300~500台停められます。

歩くには少し遠いのですが、ついでに仙台の街並みを観光したり、仙台駅で休憩したりして散策を楽しむのもいいですね。

仙台市役所・宮城県庁付近


高速道路を使って仙台へ来る場合は、仙台駅の東口よりも仙台市役所や宮城県庁の方が近いので少し便利です(*^^*)

この近辺では「仙台市二日町駐車場」や「仙台市勾当台公園地下駐車場」が規模が広いですが、その他にも駐車場は数多くあるので、いろいろと探してみてくださいね。

立町周辺

仙台駅周辺の駐車場では、立町の晩翠通り西(画像で囲っている部分)にも駐車場が多いです。

七夕飾りが飾られているところからも近いし、料金も少し安めなのでお財布にもやさしいです(^^)

仙台七夕まつりの駐車場はいろいろとあるので、車を走らせてみてあいているところを探して、空いてたらすかさず停める!のが一番だと思います。

 

仙台七夕まつりへはどの時間帯へ行けばすいてる?

仙台七夕まつりへ行くときは車を確実に停めたいから、混んでいない時間帯を狙いたいですよね。

仙台七夕も他のお祭りと同じで、昼から夜にかけて混むので、朝に車を停めるのが一番楽です。

とはいえ他の花火大会やお祭りのように早朝5時や6時から行く必要はないので、比較的ゆっくり行かれるのがうれしいところです♪

 

だいたい朝の10時までなら七夕飾りの準備中なので、駐車場も満車になるほどではありません。

むしろ朝早すぎると七夕飾りが飾られていなくてつまらないので、9~10時ごろに行けばいいのではと思います。

お昼前の11時すぎると混み始めるので、なるべく午前10時ごろまでに現地に着いているのが理想です。

スポンサーリンク

 

仙台七夕まつりへ車で行くときの注意点まとめ

仙台七夕祭りに車で行くときは、仙台市中心部の混雑にだけ気をつけて駐車場を探してくださいね。

朝10時ごろまでに仙台駅東口や仙台市役所などの駐車場を目指して停めて、お祭りを楽しみましょう(´▽`*)

朝は眠くなるかもしれないので、運転には気をつけてお祭り会場へ来てくださいね。

スポンサーリンク