なかなか乾かない梅雨の洗濯物干しのために除湿機を買おうと思っても、選び方がわからないと電気量販店やネットショップの前で立ち往生するハメになってしまいます。

どの機種がメンテナンスが簡単か、タンクの容量はどれくらいが妥当か、気になる点を解消していきましょう!

除湿機は安い買い物ではないので、後悔しないように情報を集めましょう。

スポンサーリンク
  

除湿機を梅雨の洗濯物に使うときの選び方は?

除湿機には大きく分けて3つの種類があります。

それぞれに特徴があって、梅雨対策に最適なもの、冬の窓の結露に最適なものなどがあります。

特徴を知っておけば、購入するときにある程度種類を絞れますね(^^)

コンプレッサー式

エアコンのドライや冷蔵庫などと同じように、空気中の温度を下げる働きをします。

空気中の水蒸気は冷やされることで水に変化するため、気温を下げると湿度も下がります。

冬に窓が結露するのも、外の気温が低いために水蒸気が水に変わるからです。

液体になった水蒸気は、除湿機についている水を貯めるタンクに集められます。

水タンクがいっぱいになったら除湿ができなくなるので、タンクの容量に気を遣わないといけません。

夏は涼しく使えますが、冬は気温が下がってしまって寒くなります。

ゼオライト(デシカント)式

せんべいやクッキーなどお菓子の箱には、たいてい乾燥剤が入ってますよね。(たべられませんと書いてあるアレです)

ゼオライト式は除湿機の中に乾燥剤が入っていて、空気中の湿気がどんどん乾燥剤に吸われていく仕組みです。

びしゃびしゃのタオルのように、もう水分を吸えなくなった乾燥剤はヒーターの温風で乾かされます。

乾いた乾燥剤をふたたび再利用する非常にエコロジーな方式ですが、夏は暑いです。

ヒーターを使うため、コンプレッサー式より電気代は高価です。

ハイブリッド式

コンプレッサー式とゼオライト式の両方を兼ね備えたタイプです。

高価なので、梅雨時期にだけ使いたい場合はコンプレッサー式で費用を抑えましょう。

梅雨にだけ除湿機を使うときはどのタイプ?

ゼオライト式は暑いし、ハイブリッド式は高いので梅雨時期ならばコンプレッサー式がおすすめです。

ただ、音の大きさはゼオライト式の方が小さいので、気になる場合は一度お店でコンプレッサー式とゼオライト式の音量の違いを確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

除湿機のタンクの容量の目安は?

除湿機の使い心地の良し悪しは、除湿したときに出た水を貯めるタンクの大きさでも決まります。

あまり水が貯まらないくらい小さいタンクだと、除湿機の動作がすぐ止まるからです。

タンク容量は、6畳の部屋で使うときは1.5~3リットルあれば十分です。

木造建築で除湿機を24時間フル稼働させた場合、除湿機を使う部屋の畳数+0~2リットルの水がタンクに溜まります。

例えば6畳の部屋で24時間除湿機をつけていたら、6~8リットルほどになります。

これが鉄筋コンクリート造りの住宅だと、6リットルで12畳の除湿ができます。

鉄筋コンクリート造り住宅で除湿器を使うときの容量は、部屋の畳数÷2で計算しましょう。

木造と鉄筋で、推奨される容量の大きさが違うことに注意してくださいね。

 

除湿機のタンク容量と畳数の関係

木造住宅 部屋の畳数+0~2リットル
鉄筋住宅 部屋の畳数÷2リットル

とはいえ、24時間除湿機を動かしていることもないと思うので、除湿機のタンクの容量は上の計算式の半分~4分の1ほどで十分です。

(洗濯物が多い・週末にまとめ洗いするおうちでは24時間の半分ほどの量がベターです)

 

除湿機のお手入れが簡単な機種はどんなもの?

除湿機を買うときに気になるのが、お手入れの難しさ。

除湿機のタンクにたまった水を流す手間もあるし、本体の掃除にどれくらい手間がかかるかも気になります。

お手入れが簡単な除湿機は、まず水を捨てる回数が少ないものです。

具体的には6畳で3リットルあれば、水捨てが1日1回で済むことが多いです。

1日に除湿機を何時間使いたいかを考えて、タンクの容量を計算しましょう。

6時間だけ使うときは1.5リットルの水が貯まるから、1.8リットルの小型の除湿機でも十分ですね。

逆に1日に12時間使いたかったら3リットルなので、3リットルでぎりぎり貯まります。

また、除湿機をきれいに保つには、水を貯めるタンクを簡単に取り外しできるタイプのものを買いましょう。

タンクやフィルターの取り外しが簡単にできれば、週に1度くらいお掃除してもストレスになりにくいですしね(^^)

タンクの容量が多いものを選べば、除湿機にかける手間が少なくなるので、家事の時短につながりますね。

スライドして開けてそのまま水回りへ持っていける手順の少なさは、作業が嫌になりにくいですね。

スポンサーリンク

まとめ

梅雨のときに使う除湿機を選ぶポイントは、まずエアコンと同じように気温を下げるコンプレッサー式を選ぶことでしたね。

また、お手入れのことを考えたら水を貯めるタンクの容量はなるべく大き目の方が楽ですね。(使う時間にもよりますが)

生活スタイルに合った除湿機を見つけて、今年の梅雨は快適に乗り切りましょう!

梅雨・雨の時期の洗濯物対策についてもっと読む場合はコチラ↓
梅雨で洗濯物が乾かない!室内干しの臭いを消す方法はある?

スポンサーリンク