白地に赤やピンク、青などの模様が入ったゆかたは涼しく見えて暑い夏に着ると風流だし、周りの体感温度も下がりそうですね♪

ともすれば子どもっぽい印象を受けがちな白地の浴衣を大人っぽく着こなすために、帯の色や小物合わせなど着こなし方をまとめました。

どんな帯を合わせたらいいのか、白のゆかたコーデに悩んでいるあなたの参考になれば何よりです(*^^*)

スポンサーリンク
  

白地の浴衣の帯の色は何が合う?

白地に紺など模様の入っている浴衣は、帯は意外に何色でも合います。

浴衣の柄の色と帯の色を同系色にすると、ゆかた初心者さんでも簡単にまとまりのあるコーディネートになります。

たとえば白地に紺なら紺や紫の帯、白地に赤の模様なら赤の帯を選ぶと統一感が出るので、浴衣の着こなしに自信のない方にぴったりです。

赤や黄色

赤や黄色のはっきりした帯は同系色に合わせるだけでなく、青や紫系の落ちついた色の浴衣のアクセントになります。

パキッとした赤色は大人っぽさよりも可愛らしさが前面に出るので、くすんだ赤色でシックにまとめると上品な明るさが出ます。

子どもっぽくなりがちな黄色もマスタード色のようなくすんだ感じなら、大人らしい明るさのあるコーデになります(*^^*)

ベージュ

白地に淡い色の模様が入っている場合だとベージュではぼやけるかもしれませんが、ベージュはふんわりと上品な雰囲気になります。

上の画像のベージュっぽい風合いの帯も浴衣の色合いにしっかりとなじんでいて、大人っぽい印象を受けますね(^^)

赤や黄色を合わせてみて、どうしても幼くなりすぎちゃったときはベージュも合わせてみてくださいね。

紺色

白地に赤の模様が入ったゆかたの帯に紺色を持ってくると、派手な赤色がしっくりと落ち着いた雰囲気になります。

紺色は何にでも合うし、色が濃いので淡い白のゆかたをシュッと締めてくれるので着やせ効果もあります♪

もし紺色がしっくりこないようでしたら、薄い紫を合わせてみても似合うかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

浴衣白地の大人っぽい着こなし方を紹介!

白地の浴衣を大人っぽくコーディネートするには、小物選びや帯の色を工夫するといいですね。

たとえば巾着でなくベージュのかごバッグはベージュの帯に合わせやすいし、涼しげな雰囲気があるので夏祭りにピッタリです。

また、下駄の鼻緒や髪飾りなどで部分的に赤をきかせると、それがアクセントになって大人っぽい雰囲気になります。

ヘアスタイルも逆毛を立てたアップヘアよりも、下の方でまとめ髪にすると上品になります。

 

それからもうひとつ大事なのが、浴衣の帯や小物を選ぶときは浴衣を持参して実際に合わせてみることです。

洋服でも「このワイドパンツにはどんなトップスが合うかな?」と悩んで実際にワイドパンツをはいてお店へ行くことがあるかと思いますが、和装でも基本は同じです。

実際に実物を見て手持ちのものと合わせてみると、アイテム同士の相性がいちばんよく分かるので、畳んだ状態の浴衣をお店に持っていってみましょう(^^)

その方が店員さんも「こちらの浴衣でしたら、この帯などいかがでしょうか」とアドバイスもしやすくなります。

 

浴衣と帯、小物の組み合わせがわからなくても、浴衣に帯をのせたり小物をそばに置いたりして合わせてみれば、「この組み合わせはいい!」とか「これは微妙…」がはっきりとわかります。

帯や小物の色合いが合っているかどうかでおしゃれ度がぐぐっと上がって洗練された大人になってくるので、帯や小物を選ぶときは実物のゆかたと合わせてみてくださいね。

スポンサーリンク

 

白の浴衣の着こなしまとめ

白地のゆかたは上手に着こなすのが難しいかと思われますが、帯の色は明るい色でも暗い色でもなんでも合うのが白地の魅力です(*^^*)

浴衣の柄や模様の色しだいで似合う帯が変わって来るので、すでに浴衣を購入している場合は現物を持っていって帯を選んでみてくださいね。

 

また、小物合わせも落ち着いたかごバッグを選んだり、下駄で赤をきかせたりすると美しくなります。

大人っぽく上品にゆかたを着こなして、お祭りや花火を楽しんでくださいね♪

【白地の浴衣を着るときに絶対チェックすべき項目】
白地の浴衣が透けるときの対策!インナーや肌着で透けないものを紹介

スポンサーリンク