お中元やお歳暮のお礼状を会社の取引先や得意先に書くときは、どういった文面が好まれるのか悩みどころですね。

プライベートでお付き合いのある個人相手とは違って気を使わなければならないので、文章の書き方には頭を抱えてしまうかと思います。

ここでは、ハガキでお礼状を書くときのビジネス向け例文や構成をまとめたので、参考になれば何よりです(*^^*)

また、会社宛てのお歳暮のお礼状は宛名も会社名+御中でいいのか、個人名を書くとしたらどの方の名前を記すべきかも判断に困るところです。

そこについても、こうしたらいいですよと判断の基準を設けてまとめてあるので、困ったときの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

お歳暮のお礼状をはがきで書くときの例文まとめ

お歳暮をいただいたお礼状を書くときは、「寒冷の候~」などときちんとした言葉を使わないとダメなのではないかと、辞書やネットの文例集とにらめっこしてあれこれ悩んでしまいますね。

でも、あまり固すぎる文章だとあなたの「ありがとう」という感情がまったく見えなくて、「コイツ文章の作法の本丸写ししただろ」と思われてしまいます。

血の通った文章にするために、言葉遣い自体はいつもの言葉よりも少しあらたまった程度で十分です(^^)

 

それよりも、お礼状に必要な構成さえしっかりと把握していれば、平易な文章でもビジネスシーンで通用するようになります。

お礼状自体、年末になったら何通も何通も届くものなので、人によっては差出人の名前を確認して、本文はざっと斜め読み程度で済ますこともあるかもしれません(笑)

そう思えば、お礼状を書くときに力を入れる必要なんてないな~、気楽に書こう♪と思えますね。

 

お歳暮のお礼状を書くときは、まずお礼状には何を書いたらいいのかを知っておくと、スラスラと書けるようになります。

1.はじめの挨拶(季語)

「拝啓」、それよりもかしこまった「謹啓」は文の初めにつけます。

会社相手へのお礼状なので、挨拶は「拝啓 寒冷(師走)の候、貴社におかれましてはますますご繁栄(ご清栄)のこととお慶び申し上げます」と繁栄を祈る言葉でもいいですね。

相手先の担当者とある程度親しい場合は、「師走に入り冷え込みましたが、○○様におかれましてはお健やかにお過ごしでしょうか」など相手の体調を気遣う言葉を書いてもかまいません。

2.本題(お礼の言葉)

ハガキに書くときはスペースに限りがあるので、挨拶はそこそこに、早々と本題に入った方がスマートですね。

本題はいただいたものに対するお礼の言葉を記しますが、このとき実際に食した感想などをひとことつけ加えると「あ、社交辞令でなく本当に喜んでもらえたんだ」と思ってもらえます(*^^*)

文章は、具体的には「さて、このたびは結構なお品をいただき、誠にありがとうございます」や「つきましては、このたびのお心遣いに厚くお礼申し上げます」などでしょうか。

 

その後に「いただいたお菓子は、社員一同でたいへん美味しくいただきました」「師走で慌ただしいときでしたので、甘いみかんをいただいて元気が出ました」などと品物の感想を伝えましょう。

品物が商品券やビール券など感想を伝えにくいものでしたら、無理に感想を伝えなくてもかまいません。

その後に「日ごろよりお世話になっているにもかかわらず、このようなお心遣いをいただきありがとうございます」「いつもながらの細やかなお心遣いに感謝申し上げます」と、日ごろの感謝を伝えましょう。

3.結びの言葉

最後に手紙を締める言葉を書きます。

文章は「最後になりますが、貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます」と会社の発展を祈るのもよし、「寒さが厳しくなりましたので、風邪など召されませんようお健やかにお過ごしくださいませ」と相手の体調を気遣うのもよし、です(*^^*)

ここで気をつけて欲しいのが、はじめの言葉と重複しないように言葉を選ぶことですね。

たとえば「師走の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと存じます」ならば「時節柄、温かくしてお身体を大切になさってください」で結ぶように、最初を会社に対しての言葉、最後に個人に向けての言葉と分けると簡単です。

 

一番最後の文末に「…ご自愛ください。  敬具」、あるいは「お祈り申し上げます。  謹啓」など結語を加えるのを忘れずに。

頭語が「拝啓」なら「敬具」、「謹啓」なら「謹白」を使うのがマナーとして決まっているので、文頭を確認して結語を加えましょう。

その後に今日の日付と自分の会社名と名前、最後に相手の名前を記して完成です☆

ハガキに縦書きで書くときはどうしたらいいのか下に例を記したので、書き方の参考になれば幸いです。

お歳暮のお礼状は書き方に悩むところもあるかと思いますが、基本的には上で紹介したポイントさえおさえておけば先方に出しても恥ずかしくないお礼状ができあがります(*^^*)

スポンサーリンク

 

お歳暮のお礼状の宛名は会社宛てだとどうなるの?

お歳暮のお礼状は文面にも困りますが、意外に宛名もどうするのか悩んでしまうポイントです。

たとえば、会社名しかわからないときは「○○会社御中」と書いてよいものなのか、それとも個人名を調べるべきなのか…と気がかりですね。

 

ただ、こちらは基本的にはお歳暮が送られてきたときの送り状のとおりに書けば問題ないとされています。

送り主名が「○○会社」ならば、こちらの宛名も「○○会社御中」と書けばいいし、「○○会社 代表取締役社長 ×山〇郎」などと書かれていれば、「○○会社 代表取締役社長 ×山〇郎様」を宛名に書きます。

このとき気をつけて欲しいのが、くれぐれも「○○会社御中 ×山〇郎様」としてはいけない点です。

「様」と「御中」と敬称がふたつ重なるのはよろしくないので、個人名を書くなら「様」だけを書きましょう。

 

お歳暮のお礼のはがきの宛名は、送り状をそのままコピペして書くようにしましょう。

また、個人名がある場合とない場合での敬称の変化にも気をつければ、もう完璧なはずです(*^^*)

スポンサーリンク

 

お歳暮のお礼状の例文 会社宛てにはどうする?のまとめ

お歳暮のお礼状を書くときはあれこれと文章に悩んでしまいますが、あまり堅苦しい言葉を使わなくても体裁を保てます。

自分が理解できる言葉で、品物をいただいたことに対する感謝の思いをつづれば相手方にもあなたの真心が伝わるはずです。

余裕があれば、他社から届いたお礼状の言葉運びを参考にして、言葉のストックを増やしておけば翌年以降のお礼状書きもはかどるかと思いますよ(^^)

 

【お歳暮についてもっと詳しく知りたい場合はコチラ】
お歳暮についての記事一覧

スポンサーリンク