大人になると、お世話になっている直属の上司や取引先・得意先、あるいは義実家などにお中元やお歳暮を贈る機会も増えますね。

でも、普通に生きているとお歳暮のマナーを学ぶ機会も少ないので、のしに名前を入れたらいいかどうかなど気になる点も出てきます。

そこで、お歳暮ののしの名入れのマナーや名前の書き方についてまとめたので、参考になれば何よりです(*^^*)

スポンサーリンク
  

お歳暮ののしに名入れは必要?

お中元やお歳暮を贈るときにまず気になるのが、お歳暮の熨斗(のし)に自分の名前を入れるべきか入れないべきかですね。

お店の人も「名入れはどうなされますか」と尋ねてくるけれど、知識がないとどちらが正解なのかわかりませんよね。(シチュエーションによっても名入れの有無が変わってきますし)

 

お歳暮ののしの名入れは、誰からの贈り物かがわかりやすくするために名前を入れた方がいいとされています。

でも、最近では包装紙のゴミを減らすために下のような簡易包装(エコ包装)を実施しているお店も増えてきています。

商品全部を包装紙で包む完全包装と違って、簡易包装は短冊のような紙で品物の一部が覆われる形となります。

簡易包装では包装紙のような模様のついた紙に「お歳暮」と書かれているものが多く、名入れをするスペースがないため、名前は入れられないことが多いです。

ただ、お歳暮を先方のお宅に郵送する場合は品物に贈り主の名前と住所が書かれた送り状が貼られているので、のしに名前が書いていなくても誰からの贈り物かが分かるので問題ありません。

 

個人相手には簡易包装でも問題ありませんが、会社の取引先などに贈る場合は、宅配でも可能な限り完全包装を選び名入れもした方が丁寧な印象を受けます。

また、実家や義実家にお歳暮を贈る際は名入れまでは不要ですが、贈り物が多い家庭では名入れをした方がお姑さんなどが「これ誰からだったかしら?」と悩まなくなります。

お歳暮を贈る際は、手渡しならのしに名入れをした方がいいし、宅配なら名入れをしてもしなくてもどちらでもかまいません。(送り状で送り主を確認できるので)

ただし、会社の取引先など企業相手や親戚・仲人など高齢の方には簡易包装だと不十分と思われる可能性があるので、完全包装でのしに名入れをした方が無難かもしれません。

スポンサーリンク

 

お歳暮ののしの名入れはフルネーム?苗字だけ?

お歳暮ののしに名前を入れるときは、自分の名前はフルネームで書くか苗字だけで書くか悩みますね。

私の経験談ですが、お正月に祖父母の家に行くときはよく手土産を持っていきました。

お年賀ののしに名字だけ書いて持参していたので、私は「のし=名字だけ」というイメージを持っていました。

 

でも、調べてみたら名字だけだと万が一同じ姓の人から贈り物をもらったら「山田」と書かれたお歳暮がふたつあってどっちがどっちだか分からなくなる可能性があるとのことでした。

「えーっと、どっちが太郎さんのお歳暮でどっちが花子さんのお歳暮だったかしら…」と先方を困らせる可能性があるから、のしに名入れをするならフルネームの方がいいんだそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

郵送の際は送り状にフルネームが書かれていますが、手渡しの際はのしに名前をフルネームで書いた方が親切だし、先方も後でお礼状を書くときに「おせんべいは太郎さんで、クッキーは花子さんね!」と確認しやすくなります。

もしあなたが小鳥遊さんとか四月朔日さんとか鰻さん(お笑いコンビ・銀シャリのあの方)とかなら名字だけでもどの人か特定できますが、よくある名字の方は注意してくださいね。

 

また、個人的には苗字だけだとなんだかスペースが大きくあいて寂しいので、苗字+名前の方が余白がほどよく埋まっていい感じだな~と思います。

のしに入れる名前は名字だけよりもフルネームの方が誰からの贈り物かがわかりやすいし、のしの余白も気にならなくなるのでおすすめです。

 

のしの名入れの位置はどこにするべきなの?

お歳暮ののしを前にすると、何をどこに書けばいいんだっけ…と頭が真っ白になっちゃいませんか?

もし何も書かれていないのしを自分で買って名入れをする場合は、どこに名前を入れるんだっけと迷っちゃいますよね。

ふだん熨斗に触れる機会がないと迷ってしまうのはあたりまえなので、ここで一度しっかりと確認しておきましょう(^^)

 

まず下の画像を見ていただければわかると思いますが、紅白の水引部分(リボンみたいなところ)の上に「お歳暮」、下部分に自分の名前を書きます。(画像ではお歳暮ではなく御祝となっていますが、実物にはお歳暮と書いてくださいね)

中には名前を上段に書いてしまった!とか、自分の名前でなく相手の名前を書いてしまった!という間違いもあるので気をつけてくださいね…。

 

紙の真ん中あたりに書いたら一番おさまりがよいので、なるべく真ん中に書くようにします。

手書きなら筆ペンや毛筆が望ましいのですが、最近はサインペンなどで書く方も増えているので書きやすい方を選んでくださいね。

なんでもいいといってもボールペンやシャーペンじゃさすがにダメなので、注意しましょう。

これさえ気をつけていれば、どこに出しても恥ずかしくないのしが書き上げられているはずです(*^^*)

スポンサーリンク

 

お歳暮のしの名入れのマナーまとめ

お歳暮に限らず、のしに名前を入れるかどうか、誰の名前を入れるかなどは迷いどころです。

世の中を見ているとのしに関する失敗談もたくさん見かけるくらい多くの人がつまづきやすいポイントなので、確認しながら気をつけて書いてくださいね。

基本的にはのしに名前を入れた方が先方に対して親切、という考え方で問題ないはずなので、のしか送り状どちらかに必ず名前を入れるようにしましょう。

【お歳暮についてもっと詳しく知りたい場合はコチラ】
お歳暮についての記事一覧

スポンサーリンク