七夕の笹を飾っておける期間はいつまでか、また、笹はどうやって処分すればいいのかが気になりますね。

笹飾りは川に流すと昔から言われていましたが、今の時代そんなことをしてもいいのか悩みませんか?

また、短冊などの飾りは燃えるゴミでいいのか、それとも特別なことをした方がいいのか、気になるポイントを解決しちゃいましょう!

スポンサーリンク
  

七夕の笹はいつまで飾るのがベター?

七夕の笹飾りはいつ片付けるか悩みますが、7月7日の夜に処分するのが正式な作法とされています。

7日に片付けないと、短冊に書いた願い事が叶わないといわれてるからですΣ(゚Д゚)

ひな祭りのときに3月3日を過ぎてもひな人形を飾ると婚期が遅れる言い伝えと同じですね。

織姫と彦星は7日しか会えないので、8日に笹を飾っていたところで願いが天に届くことはないといわれてます。

7月6日に飾って7日に片付けるのが七夕の正式なルールなのですが、それだとあまりにも味気ないですよね。

家族で一生懸命笹飾りを作ったのだから、少しでも長く楽しむために7日を過ぎても飾っておくのもアリです(^^)

せっかく作ったのにもったいない…と思うのでしたら、七夕の2、3日後くらいまでは飾っておいてもいいのではと思います。

今では12月に入ったとたん、街はクリスマス一色なんてこともありますからねw

それを思えば、2、3日長く楽しむくらいどうってことないような気もしますよね(゚∀゚)アヒャ

スポンサーリンク

 

七夕の笹の処分方法は?

七夕の笹は昔は川に流して神様に奉納していましたが、今の時代では不法投棄になってしまいます…(^^;)

また、折り紙で作った飾り付けも一緒に流しちゃうとゴミを川に捨てることになります。

ただし、三重県津市で行われる「七夕笹流し」では岩田川に笹を流すイベントがあります。

みんなで一斉に笹を流して神様へ願いを届けるのがお祭りのフィナーレとなります。

でも、現代日本ではこのようにお祭りの一環で笹を流すことはあっても、後でスタッフが下流でおいしく回収することがほとんどです。

今の時代、川に笹や笹飾りを流しちゃいけないというのが裏付けられてますね(´・ω・`)

七夕の笹は、七夕が終わったら切り分けて燃えるゴミに出すのがベターです。

どうしてもゴミに出すのは抵抗がある場合は、庭で燃やす、お寺や神社に持っていくなどの方法があります。

庭で燃やすのもダイオキシンが出るし、においがして近所迷惑になるので難しいところですが…。

現代では、七夕の笹は素直に燃えるゴミに出した方が無難ですね。

毎年忍びなく燃えるゴミに出すくらいなら、いっそのことプラスチック製の笹を買った方が心も楽になるんじゃないでしょうか。

プラスチックでできた笹はホームセンターやAmazonなどにあるので、気になる場合は来年以降にでも一度覗いてみるのもいいですね。

 

七夕の笹飾りや短冊を処分する方法は?

続いて七夕の笹飾りや短冊を処分する方法についてお話しします。

笹飾りは折り紙など紙で作られることがほとんどでしょうから、こちらはなおさら川に流してはいけません。

笹はまだ自然のものなので、川底に沈めばいずれ土に還るかもしれません。

(とはいえ、100世帯、200世帯が一斉に笹を投げ込んだら土に還るまでにたくさん時間がかかりますが)

でも、紙製品は人工のものなので、魚や鳥が誤飲して病気になる可能性もあります(>_<)

七夕の笹飾りは、特に出来のよかったものを2~3個残して、あとは燃えるゴミに出すのがおすすめです。

出来がよかったものは100均で売ってるコルクのボードなどに貼り付けて、頃合いを見て処分しましょう。

コルクボードを置くスペースがなかったら、デジカメで撮ってアルバムに挟むと後で見返せて楽しいですね(^^)

また、願い事が書かれた短冊は白い紙で包んで、気になるようなら塩で清めてから捨てると縁起が悪くなりません。

こちらはお寺や神社に持って行って、きちんとした形で処分してもらうこともできます。

一度近くのお寺や神社に問い合わせてみて、できるかどうか確かめましょう。

子どもが頑張って作った七夕の笹飾りを捨てるのは忍びないのですが、写真に撮っておけばいつでも見返せます。

スポンサーリンク

 

まとめ

七夕の笹や飾りは7月7日を過ぎたら短冊の効力がなくなるのですみやかに処分するのがならわしですが、飾り付けは写真などに残しておくのがおすすめです。

決して川や海に流したりせず、燃えるゴミの日に出してくださいね。

楽しかった七夕の締めくくりなので、ピシッと締めちゃいましょう(^^)

スポンサーリンク