毎年お歳暮を贈っている相手から年賀欠礼の喪中はがきが届いたときは、今年もお歳暮を贈るかどうかの判断に悩みますね。

ここでは、喪中の相手にお歳暮を贈ってもよいのか、贈るならのしはつけない方がよいのか、ぜひ覚えたいマナーをまとめました。

また、お歳暮を渡しづらかったらこうしたらいいですよ、というのもまとめたので、参考になれば何よりです(*^^*)

スポンサーリンク
  

喪中の相手にお歳暮を送っていいの?

先方が喪中のときお歳暮はどうするか気になりますし、年賀状のように欠礼した方がいいのか疑問に思いますね。

とはいえ、新年を祝う目的で送る年賀状とは違って、お中元やお歳暮は「いつもありがとうございます」と伝える目的で渡すものです。

喪中のときはお正月や年賀状、あるいは結婚式などの喜ばしい出来事(慶事)を避けるものであって、お中元やお歳暮は慶事でないので贈ることに問題はありません。

 

たとえ喪に服しているからといって、誰かに仕事を手伝ってもらったときに「ありがとう」を言ってはいけないマナーはありませんよね。

たとえ仕事を手伝った人があなたが喪中だと知っていたとしても、手伝ってもらった側が「ありがとう」と言わない方が無礼にあたります(^^;)

お歳暮もそれと同じで、日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちは相手が喪中でもぜひ伝えましょう。

 

ただし、四十九日を過ぎていなくて先方の悲しみが深い場合は「お歳暮」として贈るのを避けた方がよいとされています。

四十九日を過ぎていたとしても、相手方が家族を失った悲しみにくれている場合も寒中見舞いで送るのが無難です。

その場合はのしに「寒中見舞い」と記して、1月の5日過ぎから立春(2月3日ごろ)の間までに品物を贈るようにしましょう。

相手が喪中でもお歳暮は送ることに問題はありませんが、亡くなってから日が浅い場合だけは気をつけるようにするといいですね。

スポンサーリンク

 

お歳暮を喪中の人に贈るときののしや水引はどうする?

喪中の期間にお歳暮を贈ること自体は問題なくても、縁起がよいとされている紅白の水引が入ったのしをかけるのには抵抗がありますよね。

※参考画像・真ん中に入っているリボンみたいなのが水引といいます。

マナーとしては、紅白の水引が印刷されたのしはお祝い事に使うことが多いので、喪中のときは水引が書かれていない「無地のし」を使った方がよいとされています。

無地のしとは、単に何も印刷されていない真っ白な細長い紙です。(コピー用紙でも代用できそうですが、紙の大きさや質感が微妙に違うと思うのでやめておきましょうw)

無地のしか、白短冊と呼ばれる短い紙に「お歳暮」あるいは「寒中見舞い」と書いて、自分の名前も添えてお渡ししましょう。

 

最近は、お中元やお歳暮を購入したお店から直接相手方のお宅に郵送してもらうことも多いかと思います。

そのときは伝票に贈り主の名前が書いてあるので、のしがついてなくても誰からの贈り物かが分かります。

のしはおめでたい印象も強いので、宅配便で送れるようなら最初からのしをつけてもらわないのもひとつの方法です。

 

お歳暮を喪中の人に贈るときのマナーや、お歳暮以外にできること

喪中の相手にお歳暮を贈るときに、これを覚えておくと差がつく!というマナーをまとめました(^^)

四十九日が過ぎてなくてご遺族の悲しみが深い状況でも使えるので、ぜひ覚えておきましょう。

 

まず、お歳暮はご遺族の好きなものを選ぶのが一番喜ばれるかと思いますが、亡くなった方の好きだったものをお歳暮として贈る方法もあります。

「ご仏前にお供えください」と添え状に書き、亡くなった方とのお付き合いも切らさないようにすると、「あの人のこと忘れずにいてくれるのね」と思ってくれるかもしれません。

とはいえ、故人がビールがお好きで、残された奥様はビールがまったく飲めない場合などはビールを贈っても迷惑になる可能性がありますが……。

亡くなった人がお好きだったものがご遺族が食べられるものでなければ、避けた方が無難ですね(^^;)

 

お歳暮の添え状に「○○様の仏前にもお供えいただければ幸いです」と添えるだけでも、ご遺族の気持ちに寄り添う気持ちを伝えられます。

たとえ故人の好きなものでなくとも、ひとこと添えると「こんなときにお歳暮なんて……」と相手が思わずにすみます。

小さなことですが、ぜひ実行してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

喪中でもお歳暮は送るべき?のまとめ

毎年お歳暮を贈っていた方から喪中はがきが来た・あるいはお葬式に参列したなどで喪中を知った場合でも、お歳暮を渡すことに問題はありません。

四十九日を過ぎていない場合は寒中見舞いとして出す、のしは無地のしや白短冊を使うなど気をつけるべきポイントがあるので、その点には注意しましょう。

ご遺族の気持ちに寄り添い、今どんな状態なのかな?を考えられれば、失礼な対応にはならないかと思います(^^)

 

【お歳暮についてもっと詳しく知りたい場合はコチラ】
お歳暮についての記事一覧

スポンサーリンク