自宅のプリンターで年賀状を印刷すると、どうしても周りに余白ができてしまいますよね(>_<)

年賀状をふちなし印刷する方法として、wordやプリンターの設定の仕方や、どんな人でも確実にはがきに余白を残さない印刷の仕方をまとめました。

まずはワードやプリンターの設定をいじってみて、それでもダメなら後ほど紹介する確実に余白をなくす印刷方法を試してみてくださいね(^^)

スポンサーリンク
  

ワードで年賀状を印刷すると余白ができてしまう!

wordで年賀状のフチなし印刷をしようと思うと、なぜか余白ができてしまう…プレビューの時点ではフチがなくても、実際に印刷したらはがきの周囲に余白ができてしまうこともありますね。

余白をなくすためにWord側でできる設定としては、まず「ページレイアウト」→「サイズ」を選び、「ハガキ(ふちなし・フチナシ)」の項目を選択することです。

そして、「ページレイアウト」のタブを開いて「ユーザー設定の余白」の項目で余白設定を上下とも0mmにすることでフチなし印刷ができます。

 

このとき「印刷できない領域に入っている(ので余白を修正してください)」のようなメッセージが出ることがありますが、このときに修正された余白のサイズを確認します。

余白の値が修正されていても気にせず、図面いっぱいまでイラストや写真を貼ってから、試しに一枚だけ印刷してみます。

このときにプリンターで「フチなし全面印刷」などの名称がないか探してみて、そういった名称があればプリンターの設定をいじってから試し刷りしましょう。(詳しい設定は後述します)

これで成功すればよいのですが、それでダメなら下の方法を試してみてくださいね。

 

上下左右の余白を、自動的に設定された余白のサイズをプラスした値を印刷する用紙の値にすると、ハガキの大きさいっぱいにまで絵や写真が印刷されます。(余白が2mmなら、ハガキの横100mm+2mmで102mmを入力する)

こちらは、フチなし印刷ができないプリンターでも試せる方法なので、余白を調整したらまたいらない紙を使って印刷してみましょう。

ただし、この方法だともしかしたらキレイに印刷できないかもしれないので、その場合は後述する確実に余白なしで印刷できる方法を使うか、お店に依頼した方が無難です。

 

スポンサーリンク

 

プリンターで余白をなくす設定方法は?

年賀状を印刷するときは、ワード側だけでなくプリンターの設定も大事なのでぜひ確認してくださいね。

印刷する前に、まずはプリンターの説明書を読んでみて、「フチ無し全面印刷」や「四辺フチなし印刷」などの名称がないかを探してみます。

あるいは「お使いのプリンタの機種 フチなし印刷」と検索してみて、出てきたページを調べてみましょう。

もしふちなし印刷の機能があればプリンターの設定をいじって、ひとまずいらない紙で試し刷りをしてみて、それで成功なら本刷りに入ります。

 

プリンターでは、もともとはしっこ側の数ミリは印刷できない仕様になっているので、設定をいじらないとフチなし印刷ができないようになっています。

なので、フチなし印刷機能を探して設定する必要があります。(フチナシ・ふちなし・四辺フチなし・フチなし全面印刷など名称が変わります)

たいていはプリンタのプロパティから、それぞれのプリンタに応じた設定方法で行うことができます。

 

ワードで年賀状を印刷する場合は、プリンターの設定も見直してみて、フチなし印刷機能があればそれを使ってみましょう(^^)

それでもダメだったときは、下で紹介する最終手段を試してみてくださいね。

 

年賀状を印刷するときに余白をなくす方法は?

年賀状をふちなしで印刷したいときの最終手段として、ちょっと手順はめんどくさいですが以下の方法を紹介します。

まず、100均やホームセンターなどでA4とかB4とかハガキより大きな紙と両面テープを買ってきましょう。

両面テープははがれやすいものがよいので、ダイソーの「しっかり貼れてきれいに剥がせる両面テープ」などがいいですね。

 

そして、買ってきた大きな紙の真ん中にハガキを貼りつけ、大きな紙のサイズで印刷すると余白がなくなります♪

下の画像のように写真や絵の端側は切れてしまうので、風景画や中央に干支の動物が配置されているようなイラストがおすすめですね。

 

いかがでしょうか?この画像でこれから行うことのイメージはなんとなく理解できたかと思います(^^)

 

具体的なやり方は、まずワードの文書でハガキサイズの枠を作り、次に中央に枠が書かれた紙をプリンターで印刷します。A4ならA4サイズ、B4ならB4サイズでコピーしましょう。

上の画像で言うと、水色の部分にハガキを貼り付けて印刷するイメージですね。

それから、枠内いっぱいにおさまるように年賀はがきで使いたいイラストや写真を配置して、うまく配置できたら枠を消します。

最初に印刷した枠線が書かれた紙の上に、年賀はがきを両面テープで貼り付けて印刷します。(このとき両面テープを数回ペタペタ貼り付けて粘着力を落とすと後ではがしやすいです)

 

この方法だと絶対にフチなし印刷ができるようになるのですが、1枚ずつ印刷しないといけないのが面倒ですね…。

大き目の用紙にハガキを貼り付けて印刷するやり方は、上の方法でできなかったときの裏技として使うようにしましょう(^^;)

スポンサーリンク

 

年賀状をふちなし印刷する方法のまとめ

年賀状をワードで余白なしで作りたい場合は、まずWordとプリンター側の設定を確認してから印刷しましょう。

余白設定をいじったり、プリンターでフチなし印刷ができなければ、ハガキを大きな紙に貼り付けて印刷するか素直にお店へ行って頼んだ方がいいですね。

今回紹介した方法を活かして、お店で売っているような素敵な年賀状が作れるといいですね♪

【年賀状の他の記事はこちらに一覧が載っています♪】

年賀状の記事まとめ

スポンサーリンク