年賀状って、その干支の動物のかわいらしいイラストのものがたくさんあって選ぶのが楽しいですよね♪

でも、年賀状を会社の上司に送るときには、かわいいイラスト入りはどうなのか、どんなデザインなら会社用に使っても問題ないのか気になりますね。

年賀状を職場へ送るときのデザインはどんなものがおすすめか、また「賀正」や「A Happy New Year!」などの言葉は使ってはいけないと聞くけれど実際のところはどうなのか、マナーをまとめたので年賀状の選び方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
  

年賀状を上司に出すときはイラスト入りでもいいの?

慌ただしい師走に年賀状を書くときって、友達に送る分と会社の分と2種類のデザインを用意するのもめんどくさいですよね(笑)

かといって、白黒の水墨画みたいなシンプルなものだとなんだかつまんないし、年賀状を選ぶ楽しさもまったくなくなってしまいます。

 

年賀状を上司に出すときは、あなたと上司がどのくらい気軽に話せる関係性かによってどんな絵柄がいいのかが変わるので、はっきりとした正解はありません。

ですが、最近はやりのインスタ風のおしゃれな年賀状は、会社の上司に出す年賀状としてはちょーっとカジュアルすぎるなって印象を受けます。

クスッと笑えるようなコミカルなイラストも友達同士なら盛り上がりますが、上司なら気軽に雑談を交わせる間柄でないと「なんだコイツ」と思われかねません(;´Д`)

 

年賀状のデザインは、会社の人に送るなら斬新なものよりもワンポイント的に干支の動物が書かれた無難なイラストの方が上司ウケがいいですね。

ふだんよく話す直属の上司なら少しくだけた感じでもよいのですが、プロジェクトなどで少し話した関係の上司などでしたら「A Happy New Year!」という言葉が似合う洋風なデザインでなく、「初春のお慶びを申し上げます」が似合いそうな和風の絵柄の方が喜ばれます。

具体的には、下の画像のようなものがビジネスの場で使う年賀状として向いているのではと思います。

 

ある程度くだけて話せる上司でしたら、下のように干支の動物が入っている少しかわいらしいものでもいいですね。

 

会社の上司といっても、どんな関係性かで年賀状のデザインが変わって来るので、あなたと上司さんがどのくらい気軽に話せる間柄かにもよります。

あまりろくに話したことのない人にポップな年賀状を送るとなれなれしい印象を受けるので、そこだけは注意してくださいね(^^;)

スポンサーリンク

 

上司の年賀状はデザインがかわいいものじゃダメ?

上では、職場の年賀状ではキャラクターなどかわいらしいものではなく、落ち着いた和柄のものがいいと紹介しました。

ですが、直属の上司などある程度親しい人には、ある程度はかわいい年賀状を送ってもよいのではと私は思います。

個人的な主観ですが、下のような絵柄ならこれまで学校の先生にも送っていたし、前の会社の同僚からもこんな感じのデザインの年賀状が届いたこともあります。

個人的には、ほのぼのとした絵柄なら会社の上司や同僚に送っても問題ないと思っています。

干支の動物の絵がワンポイントとして置いてあって、ちょっとかわいらしいな~と思うような絵柄ならビジネスシーンでも受け入れられるのではないでしょうか(^^)

取引先に送るのではなく、社内の親しい上司や同僚に送る年賀状であれば、少しかわいいデザインでも大丈夫ですね。

ただ、あなたが入社一年目なら最初の年は少し様子を見て、上司や先輩の年賀状がかわいらしいイラストであれば、二年目からあなたもそれに合わせるのが無難かな~と思います。郷に入っては郷に従えって言いますしね( ̄▽ ̄)

 

年賀状を上司に出すときの選び方

年賀状を上司に出すときは、絵柄だけでなく書かれた文面にも気をつけた方がより受け入れられやすくなります。

たとえば、上司への年賀状で「A Happy New Year!」と書かれたものは距離感が近い印象を受けるので、ビジネスの場では不向きです。

それと同じように「賀正」や「迎春」なども略式の言葉なので、なるべく「謹賀新年」「恭賀新年」などと書かれた年賀状を使うようにしましょう。

 

もし年賀状ソフトを持っていたら、「和柄デザイン」や「ビジネス用」などで会社の人にも送ることができる年賀状を探してみるといいですね♪

年賀状プリントサービスに頼むときも「和風」「かわいい」「シンプル」などのジャンル分けがされているので、上司の性格によって合うものを探して選んでくださいね。

今プリントサービスのデザインをざっと見たところ、「かわいい」を選んでも「謹賀新年」や「あけましておめでとうございます」と書いてあるものはありました。(数が少ないので選べるデザインは限られますが…)

 

個人的には過剰な装飾がない「シンプル」や「スタンダード」デザインも会社内の上司や同僚に送るのにピッタリだな~と思いました(^o^)

お手持ちの本や年賀状ソフトに収録されているデザインを確認したり、年賀状印刷サービスにどんなデザインがあるかネットサーフィンしたりして、好きなイラストが載っているところを探すのも楽しいひとときです。

「このデザイン好きだな~」と思っても「賀正」や「ハッピーニューイヤー!」とか書いてあると(・д・)チッ と思っちゃいますけど、それは大切な友達にあげる年賀状にとっておいて、上司には無難なデザインを出すのがよさそうですね。

スポンサーリンク

 

年賀状を職場の人に出すときのデザインのまとめ

会社の上司に年賀状を出すときは、友達や親戚に出すのと同じかわいらしいデザインを使いまわしてもいいかな~?と横着したくなりますが、「A Happy New Year!」と書かれたおしゃれな年賀状なら使いまわししない方がいいですね。

もしあなたが若い女性でしたら、古風で堅実な年賀状を送ると「今どきの子なのにしっかりしているなあ」と感心してもらえるかもしれません( ̄ー ̄)ニヤリ

ある程度親しく雑談を交わせる上司であれば、少し個性を出してシンプルだけどどこかかわいらしい年賀状を出してみるのもアリです。

年賀状が決まったら、次は文章も考えてみましょう♪

年賀状で上司への一言の文例で一年目社員が書く気の利いた一言を紹介

【年賀状の他の記事はこちらに一覧が載っています】

年賀状の記事まとめ

スポンサーリンク