旅行や帰省などで、名古屋から金沢まで車で行くときは、ずーっと高速だと料金がえらいことになっちゃいますよね(^^;)

学生さんや社会人なりたてなどだとお金に余裕もないかと思うので、下道を使って節約できないかな?とも思いますね。

そこで、金沢に住んでる私が名古屋から金沢までの車のルートで、この区間は下道でも大丈夫だよーやこの区間は山道だから高速のが便利だよ!ってのをまとめたので、参考になればうれしいです♪

スポンサーリンク
  

名古屋から金沢まで下道を使うならどんなルートがいい?

名古屋から金沢までの移動はなるべく安く済ませたいと思うので、極力高速を使わないルートを紹介していきたいと思います!

金沢まで行ける下道ルートは大きく分けて2通りあって、一つ目が国道365号線→滋賀県の木之本あたりで国道8号線に乗って金沢まで行くコースです。

こちらは8号線が片側2車線化されている区間が多い快走路で、さらにバイパス化されていて信号待ちの時間が少ない区間もあるのが特徴です。

高速ほど快適ではないにしろ、一般道の中では走りやすいので、ずーっと下道で走るつもりならR365→R8を経由するルートをおすすめします。

 

国道8号線は北陸の一番の幹線道路で、福井市や石川県の白山市や金沢市など市街地は混雑しやすいのですが、ところどころバイパス化されていて走りやすい道路です。

滋賀県→福井県の県境、敦賀から越前市の海沿いの道路、福井県→石川県の県境、小松市→加賀市の一部の道路を除いて片側2車線のため、商業施設の多い市街地以外は流れがよくて走りやすい道路となります。

とくに石川県の加賀市→小松市→能美市の区間は信号すらない高架化されたバイパスで、けっこう快適に走れるルートです。(部分的に片側1車線の区間もありますが、小松バイパスの一部は今4車線化工事を行っている途中です)

といっても石川県の白山市から野々市市、金沢市はひどく混む区間なので、兼六園や21世紀美術館など金沢市街地へ行くなら国道8号線の八幡IC(小松市)から県道22号線に乗って辰口や川北大橋を経由するルートの方が快適に走れるかもしれません。

 

2つめのルートが、国道156号線と国道304号線を通って、さらに県道22号線(山側環状)を走って金沢の市街地まで走るコースです。

こちらのコースは距離こそ短いし、五箇山や飛騨高山、ひるがの高原など観光地も点在しているものの、山道を通るのでカーブやアップダウンが多いのが特徴です。

観光しながらのんびり行きたい場合はこちらをおすすめしますが、山道なので運転に自信がなければ後続車に順番を譲りながらのんびり行きましょう。

国道156号線・304号線は荘川IC~福光ICくらいまでは山道を走るため、ヘアピンカーブを含むカーブが多くて走りにくいところに注意してくださいね。

富山と岐阜の県境近くには道幅が2.0車線ない(体感的には1.8車線ほど)トンネルがいくつかあるため、軽自動車でない限りは荘川で高速に乗った方がおすすめです。

その場合は荘川ー福光で通常料金で2520円かかります。小矢部ジャンクションまで行って金沢森本ICまで行くと3340円となります。

ちなみに国道156号線から国道304号線に行くためには、下梨交差点という場所で左折する必要があるので、あらかじめルートを確認しておきましょう。

 

また、富山県の福光ICから金沢森本ICまでは、国道304号線に沿って行けば1時間弱ほどで行けるため、高速を使うのはもったいない区間です。(田舎道でスタンドが少ない点には注意!)

福光の市街地にはスーパーやドラッグストア、コンビニ、飲食店もあるけれど、そこから金沢までは道の駅以外何もないので注意しましょう!(途中に一軒コンビニはありますが、見落としやすいかも)

富山r27西町交差点で右折しなければならないので、あらかじめルートを確認しておきましょう。(案内標識はアリ・山道でなく市街地なので覚えやすいかも)

 

ここではふたつのルートを紹介しましたが、個人的には前者のR365からR8を経由して行くルートの方が車の流れがいいので、こちらをおすすめします。

チェーン店ですが、飲食店やショッピングセンター、コンビニも点在してるので、食事にも困りません(^^)

スポンサーリンク

 

名古屋から金沢まで車で行く場合の所要時間(全部下道で行った場合)

次は名古屋から金沢まで車で下道を使った場合にかかる時間を紹介します。

私は石川県から名古屋まで車で行ったことはないので正確にはわかりませんが、およそ7~8時間程度で着くようです。

ただ、長距離運転なので休憩時間を入れることを考えると、8~9時間かかるのが現実的なラインかと思います。

 

参考までに、私が金沢から岐阜の美濃市(名古屋のすぐ近く)まで国道156号線を通って行ったときは7時間ほどかかりました。(休憩1時間くらい?を入れて)

だから名古屋まで行くとしたら早い人で7時間、そうでなくても8時間ほどで行けそうな距離でした。

2019年5月現在、国道156号線では先ほど挙げた荘川IC~福光IC間では片側交互通行区間がいくつかあるので、時間にゆとりをもって行動した方がいいですね。(実際はもう少し短い区間です。五箇山ICからくらいだったような気がします)

 

もし国道8号線を使って行くとしても、こちらの方が流れがいいのでおそらく同じくらいの時間がかかるかと思われます。

いずれにしてもかなりの長時間になりますので、エコノミー症候群にならないように1~2時間に一度はこまめな休憩をとって散歩をするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

名古屋から金沢まで安く行く方法のまとめ

ここでは名古屋から金沢まで行ける道路で、なるべく高速を使わず快適に行けるコースを紹介しました。

国道8号線コースと国道156号線のコースと二通りありますが、私的には国道8号線の方がお店もいっぱいあって気晴らししやすいのでおすすめです(^^)

8号線は快走路ですが、県境や敦賀~越前間はアップダウンや急なカーブもあるので、気をつけていらしてくださいね。

もしこの記事を読んで下道じゃなくて高速にしようかな…と思われたら、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

名古屋ー金沢は北陸道と東海北陸道どっちがいい?時間と料金を比較

スポンサーリンク