プライベートでのお礼状と比べて、会社の取引先宛に書くお礼状は気を遣うもの。

仕事の一環として書くのだから、絶対失敗はできませんね。

本文もさることながら、お礼状の書き出しや結びの言葉にもけっこう悩むもの。

「拝啓」はどう使うんだろう、など細かな疑問を解消しましょう!

スポンサーリンク
  

お中元のお礼状の例文を見て構成を知ろう!

お中元をいただいたからお礼状を書こうと思っても、かしこまった手紙は苦手な人も多いかと思います。

友達相手でないので「これで合ってるのかな?」と不安になりながら書いて不安なまま出すなんてことも日常茶飯事。

でも、かしこまったお手紙には決まった型があるので、型さえ覚えておけばスラスラ書けちゃいます!

取引先や上司など、一番気を遣う仕事先の相手へのお礼状もバッチリです(^^)

お中元のお礼状を会社関係の人に書くときの例文は、以下のようになります。

拝啓 猛暑到来となりましたが、貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
 このたびは結構なお中元の品をお送りいただき、ありがとうございます。
 平素から大変お世話になっているうえにも、このようなお心遣いをいただき、誠に感謝申し上げます。
 暑さ厳しき折、皆様どうぞご自愛くださいませ。
 まずは略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。 敬具

 平成○○年〇月〇日
                         株式会社○○○○
                         営業部長  幸福 一夫

これはあくまでも一例なので、続いては書き出しや結びの言葉の例文をご紹介します。

どういうことを書いたらいいのか、例文をいくつか書いておくので参考にしてくださいね(*’ω’*)

 

お礼状をビジネスシーンで書くときの書き出しは?

お仕事関係の人にお礼状を書くとき、どう始めたらいいのか悩みますね。

上で書いた例文では、以下の部分を書き出しにしています。

「拝啓 猛暑到来となりましたが、貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。」

まず、「拝啓」と書いた部分が頭語となります。

頭語と結語の使い方

きちんとした手紙では、文の始めと終わりに言葉を書きます。

「拝啓 猛暑到来となりましたが…
(中略)
 まずは略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。 敬具」

拝啓―敬具、謹啓―謹言のように、頭語と文の最後の結語は対応しています。

だから拝啓―謹言、謹啓―かしこのような使い方はできないので注意しましょう。

拝啓―敬具はわりと何にでも使える万能な頭語ですが、謹啓―謹言はもんのすごくかしこまった頭語です。

基本的には拝啓―敬具でお礼状を書いておけば間違いありません。


スポンサーリンク

ここで気をつけてほしいのが、「前略―草々」だと「前略 このたびはお中元を賜り、誠にありがとうございます。」となります。

書き出しの挨拶部分を省いていきなり本文に入ってしまうので、会社関係の人にお礼状を書くときは絶対NGです(; ・`д・´)

季節の挨拶の書き方

拝啓に続く季節の挨拶(猛暑到来となりましたが…)の部分の書き方に入ります。

お中元は7月にいただくことが多いので、7月によく使われる季語をご紹介します。

7月の季語
  • 猛暑の候
  • 盛夏の候
  • 大暑の候
  • 炎暑の候
  • 日ごとに暑さが増してきました。
  • 長かった梅雨もようやく明け、暑さが厳しくなってまいりました。
  • 本格的な暑さを迎え
  • 連日の猛暑でございますが

7月の季語はとにかく暑い!梅雨明け!というのがポイントですね。

上のように~の候と書くときちんと感が出ますが、下のように文章で書くと柔らかい雰囲気になります。

どちらを使ってもかまわないので、そこはお好みで。

季語の後には「貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます」と相手の様子をうかがう記述が続きます。

季語に続くあいさつ文例
  • ○○様にはますますご健勝のことと存じます。
  • 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。←クエスチョンマークはダメなので注意!
  • 貴社ご清栄のこととお慶び申し上げます。

ご健勝・ご清栄・ご清祥・ご隆盛などいい意味の言葉を書いておけば間違いありません。

ただ、貴社と書く場合にご健勝・○○様と書く場合にご隆盛はやめた方がいいです。

貴社に「あなた元気ですか?」と尋ねるのは不自然だし、○○様本人が儲かってるわけではないので。

お礼状の書き出しの挨拶は、上で書いた季語と下で書いた相手の発展や体調を気遣う言葉を組み合わせます。

お礼状の書き出し例文
  • 猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
  • 暑さが厳しくなってまいりましたが、皆様体調など崩されてないでしょうか。

↑こんな感じになれば完璧です。自信を持って取引先に出しましょう。

 

お礼状をビジネスシーンで書くときの結びの言葉は?

書き出しの挨拶を書いて、本文を書いたら最後は締めの挨拶です。

友達間のメールなら「ありがとう!」で済むけれど、仕事ではそうはいきません。

「ありがとう。これからも風邪ひかないで元気でいろよ」的な結びの言葉を書いて、手紙をきれいに締めましょう!

結びの言葉の文例を一覧にしました。

お礼状の結びの言葉例文
  • 暑さ厳しきおり、皆様どうか夏風邪などひかれないようご自愛くださいませ。
  • 猛暑の毎日ですので、体調を崩さないようにお気をつけてください。
  • 暑さはこれからが本番です。皆様のご健勝と貴社のご発展をお祈り申し上げます。
  • 梅雨が明けてから暑さが本格化しましたので、お体に気をつけてください。

なんやかんやで小難しいことをいってますが、要約すると「暑いから体調崩さないよう気をつけて」です。

そういう内容のことが書けていればOKなので、気張りすぎないように書きましょう(^^)

その後は「まずは略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。」など、挨拶が簡潔になってしまった詫びを告げます。

ちなみに、結びの言葉の最後に先ほど説明した「拝啓―敬具」の敬具をつけるのを忘れずに。

敬具など結語を書く場所は、最後の文章から1マスずらした行の文末に書きます。

「まずは略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。
                         敬具」

ただ、はがきのスペースがなくなってしまったときは、敬具は同じ行の文末に書いてもかまいません。

そこは臨機応変に柔軟に対応してもかまわないようですね。

 

まとめ

「酷暑の候」など難しい言葉が続く書き出しと結びのあいさつですが、「どういうことを伝えたらいいのか」を意識して書くとスムーズです。

書き出しは「暑いけどお元気でしょうか」という旨のことを書き、結びには「暑いから体に気をつけて」を伝えましょう。

「何を伝えたらいいのか」がわかれば、上で書いた例文以外にもいい言い回しが出てくるかもしれません(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク