夏のロングヘアって、どうしても汗でまとわりついて気になっちゃいますよね~。

でも、髪をあげると首の日焼けも気になるし、こういうときどうしたらいいのか、方法をまとめてみました♪

それから、コテを使わなくても簡単にできるまとめ髪のやり方も紹介しているので、どうしても暑くてガマンできないときには参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

ロングヘアだと首の汗がヤバイ!こんなときにやってほしいことは?

夏のロングヘアって暑苦しいし、なんだか汗かいちゃってヤバイですよね~(´Д⊂ヽ

私も胸上くらいのミディアムなので、首のうしろの汗には毎年悩まされてきました。

 

こんなとき私がやっているのは、首にタオルを巻いて汗をすばやく吸収することです。

超かっこ悪く見えちゃうので、車での移動中だけ巻いてて、エアコンの効いた目的地に着いたらサッと外しています。

ダサいのが気になるときや、車が使えない飲み会・旅行のときなんかはこういうタオルマフラーみたいなのを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[送料無料]コットン・タオルマフラー (泉州タオル)
価格:756円(税込、送料無料) (2019/6/28時点)

ね?これならストール感覚で使えるからあんまりはずかしくないし、タオルだから洗濯もできて衛生面も気になりません。

このお値段なので、洗濯するとマフラーの先っぽのフリンジが固まっちゃうんですが、ブラシでちょっとほぐせば元に戻るので、きちんとしたおでかけにも使えます~。

 

もしお仕事中に使うなどで見栄えを気にしなくていいときは、こういうひんやりタオルが使いやすいんじゃないかと思います。

首の血管を冷やすと冷たい血液が体中をめぐって体温が下がるから、熱中症対策にもうってつけです♪

 

夏にロングヘアをおろしたいときも、首にタオルを巻けば首汗で髪がべたつかないのでおすすめです(*^^*)

もしアップヘアが似合わなくても、ハーフアップにすれば首の日焼けも防げるし、見た目にも涼しく見えます♪

ロングの汗対策は、かなり原始的ですが、首にタオルを巻いて汗を吸ってしまうのがいい方法です。

 

夏にロングヘアでも涼しく過ごす方法

夏のロングヘアはどうしても汗が気になるので、なんとかして涼しくしたいなと思いますよね。

そんなとき私がよくやっているのが、髪を画像みたいに横に流すやり方です。サイドでひとつ結びすることもあります。

これならアップヘアやポニーテールにしなくても簡単に暑さ対策ができるから、真夏はよくやっています。

 

それからさっきも少し言ったように、首の日焼け対策と暑さ対策を兼ねたいときは、ハーフアップで出かけています。

こういう飾りゴムをひとつつけていくだけで、おしゃれなアレンジをしているように見えるので、不器用でもサマになります(笑)

 

あ、それから本気で暑いときにやっているのが、背中の上側くらいのところに冷えピタを貼ることです。

最近ではこういう体用の熱さまシートも売ってて、ふつうのおでこに貼る冷えピタよりはがれにくいので、夏のお出かけにはうってつけです(*^^*)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小林製薬 からだに貼る熱さまシート 14枚
価格:348円(税込、送料別) (2019/6/30時点)

一日中外を歩くときや、暑い会社で働くときなんかはこういった冷却シートと、上で紹介したひんやりタオルみたいなのを組み合わせるのがいいですね。

また、暑いときはロングでも簡単にできるような涼しい髪型をふたつみっつくらい覚えていくと楽になります。

ひとつくくり以外で簡単にできるまとめ髪をこれから紹介するので、ぜひチェックして、髪型のバリエーションを増やしてみてくださいね♪

 

それから、髪は黒か茶髪にしている人が多いと思うのですが、暗い色ってすぐに熱くなってしまうんですよね。

髪がじりじり熱されるのを防ぐために、外出時は帽子をかぶって直射日光をなるべく髪にあてないようにするのも効果的です。

 

簡単なまとめ髪 コテなしでできる方法♪

まとめ髪やひとつくくりといっても、たいていはコテで巻かないとサマにならないですよね。

でも、真夏にコテなんか使ってらんないし、そもそもアレンジができない不器用さんはキレイに巻けないんだよ!!って思っちゃいます。

 

そんな私が、この前すっごく簡単なアップヘアの動画を見つけちゃいました!

ゴムで髪をひとつくくりにして、毛先の方もまた結んで固定して、毛束をピンで固定するだけと超簡単なやり方です。

 

動画で紹介しているネジピンはこういう感じのものです。きっと百均とかにも売ってると思います。

 

このまとめ髪なら髪を巻かなくてもきれいにまとまるし、ゴムで縛っているから動いてもなかなか崩れないから、長いお出かけにも向いてます。

顔周りに少し後れ毛をもってくれば、りんかくのラインが気になっても安心です(*^^*)

いつものダウンヘアやひとつ結びに飽きちゃったら、ぜひぜひこの動画の夜会巻きでバリエーションを広げてみてくださいね♪

 

まとめ

真夏にロングヘアで過ごすのは暑くてつらいですが、首にタオルを巻いてアップヘアにするだけでも少しは楽になりますよ(^^)

原始的な方法ばかり紹介してしまいましたが、タオルで汗を吸収したり、冷えピタで体温を下げたりするのが一番効果のある方法だと私は思います。

夏のおでかけは、水分と塩分補給をしっかりとして、少しでもつらいと思ったらお店に駆け込むなどして、熱中症に気をつけてくださいね。

【こちらの記事も読まれています】
顔に汗をかかない方法は?メイク崩れを防ぐファンデーションのつけ方

スポンサーリンク