カラオケでは好きな曲をいっぱい歌いたいし、気になる曲を覚えたくても、のどがもたなくて満足に歌えないことありますよね。

私は最近ヒトカラにハマって、2~3時間なら平気で歌い続けられるようになりました。(高音とか入るとダメですが)

のどを潰さないために私がやってる方法や、後半もバテないためにのどを強くするやり方をまとめました。

好きな曲をいっぱい歌いたい、フリータイムでできるだけ長く居座りたいと思ったら、ぜひ実践してみてくださいね☆

スポンサーリンク
  

カラオケで長時間歌うと喉がつらいときの対策

カラオケで歌いすぎると、喉がつぶれてうまく声が出なくなっちゃいますよね。

私も、この前ヒトカラで6時間歌い続けたときは、最後の方はのど風邪のような違和感を覚えていました。

カラオケで喉を保つには、私はやはりこまめにドリンクバーへ行って水分補給&休憩をとるのが大事かなと思います。

のどに水分と油分(ココアやポテトなど油料理)でうるおいを与えておけば、のどから声が出しやすくなります。

 

水分補給が必要なのは実感していましたが、油分を与えた方がよりのどに引っ掛かる感じがしなくなるのは、目からウロコでした(*^^*)

実際に、喉がイガイガするなど違和感を覚えたときに、ココアやカフェオレ、揚げ物をとってみたら、長く歌ってても翌日の仕事に響きませんでした。

油をとるとのどの粘膜が保護されて、ちょっとしたことでは乾きにくいから、より長く歌えるのではと思っています。

 

水分をとるほかには、歌の合間の休憩をしっかりととってのどを休ませる時間をとることですね。

私は次に歌いたい曲を入れたり、フードメニューをオーダーしたりするために、数分ほど時間をとっています。

そのほかにも、デンモクの履歴を見て、前の利用客の好みをチェックしたり、フリーWi-Fiにつなげて軽くネットサーフィンをしたりして過ごしています。

 

また、最初のうちは高音やファルセットがなくて歌いやすい曲を入れて、その曲を普通の大きさの声で歌っています。

ウォーミングアップをして、のどが開いて声を出すのが苦にならないと感じたら、ここからが本番だと思って熱唱しています(笑)

スポンサーリンク

 

カラオケで喉に響かない歌い方とは?

続いては、カラオケの後半になっても喉がばてない歌い方を紹介します。

ヒトカラなら、まずスムーズに声を出せるようにするために、最初に「あーーーーー」とか言って軽く発声練習をするのがおススメです(*^^*)

このとき、店員さんがドリンクバー用のコップなどを持ってきた後にしないと、ちょっと恥ずかしいかもですが(笑)

また、腹式呼吸を意識すると、のどでなくお腹から声を出せてバテにくいので、深呼吸でイメージをつかむのもいいかもですねー。

 

同時に、肩を回したり肩甲骨のストレッチをしたりで凝り固まった筋肉をほぐすと、緊張がほぐれて自然体で歌えるようになります。

熱唱するとどうしても肩に力が入ってしまうので、力を抜いて歌えるようにしましょう。

 

それから、歌の音程が自分に合っていない曲は最初の方では歌わず、もし歌うならキーを上げ下げして調節した方がのどが潰れません。

ムリをして高音を出すと、どんなに喉が頑丈なひとでもばてるのが早くなってしまうので、高音の入った曲は避けた方が無難です。

自分の好きな曲に高音が入ってたら、のどがスルスルと開いてきたころに歌うようにすると、つぶれにくくなります。

 

カラオケで喉を潰さない方法

カラオケで喉がつぶれて声出ないのを防ぐためには、水分補給や歌の音程調節以外にも方法があります。

のどから声を出すようにしているとばてやすいので、少しずつでも腹式呼吸のコツをつかめるように練習して行きましょう。

腹式呼吸というと難しく思えるけれど、わたしたち素人がカラオケで長時間歌えるようになりたい程度なら、そこまで正しく訓練する必要はないのではと思います。

 

私も、まずはもう限界~ってなるまで息を吐いて、それから反動で思いっきり息を吸い込む腹式呼吸をやってるくらいなので(笑)

息を吐ききってから吸い込むときは、「吸うぞ!」ではなくて、体が勝手に呼吸をしてくれるからラクに吸えます。(きっと生存本能が働いてるんでしょう)

吸って吐いて~、の腹式呼吸に苦手意識があれば、吐いて吸って~の腹式呼吸を試してみてくださいね。

 

息を吸ったときに、お腹が膨らむ感じがしたら、とりあえず腹式呼吸はできている証拠です。

あとは、その感覚を忘れないように歌いましょう……といってもよくわかんないんで、私は普通に歌ってます。

それでも翌日に声が枯れることはないので、たぶん腹式呼吸の効果はあるんじゃないかと思います。

おなかから声を出す感覚をつかめたら、ノドを休ませられるので、なかなか声がつぶれにくくなります。

スポンサーリンク

 

カラオケで喉を強くする方法のまとめ

カラオケへ行って歌いまくってもノドを潰さないために手軽にできるのが、水分補給と油分補給ですね。

また、腹式呼吸の感覚をしっかりつかむために、吐いて吸って~の深呼吸をやるのも個人的にはおすすめです(*^^*)

このふたつをやったうえで、歌いやすい曲を中心的に歌いまくると、今よりも長い時間歌えるようになるのではと思います♪

スポンサーリンク