平日に仕事している間は眠くならないのに、休みの日はずーっと昼寝しちゃう…なんてことありますよね。

やりたいことがあっても、お昼からの眠気のせいで結局何もできなくて損した気分になるので、できれば昼寝をしないですむようになりたいですね。

昼寝をしないまではいかずとも、短い時間でスッキリ起きられる方法を知ったら世界が変わると思いませんか?

これまで眠くてだるかった休日の昼からをアクティブに過ごすために、どうして昼寝しちゃうのか原因を知って対処しましょう!

スポンサーリンク
  

休日に長時間昼寝をしてしまう原因は?

どうして休日にだけ長い時間昼寝しちゃうのかというと、平日の疲れが取り切れていないからです。

仕事のある日は早起きしなくちゃいけないから、どうしても十分な睡眠がとれなくて疲れがたまっちゃいますよね。

いつもの睡眠が足りない分が溜まっていって、休日にたっぷり寝ちゃう原因となってしまいます。

定食屋やお店のつけを返すみたいな感覚ですね…(^^;)

平日は睡眠が足りなくても気合で乗り切れるけど、休日が来たとたん気がゆるんでしまって眠気が襲ってくるんです。

たしかに休み前って「あー終わったー!」と思ってだらけちゃいますもんね。

気を張り詰めている平日と、リラックスモードの休日では気持ちに変化が生まれます。

また、他にも睡眠時無呼吸症候群などの原因が考えられます。

寝ているときにいびきをかいたり、呼吸が止まったりして寝苦しくなり、休養がとれない病気のことです。

口を開けて寝ているから、朝起きたときにのどが渇いて渇いてしょうがない!と思うのも睡眠時無呼吸症候群の症状です。

もし気になることがあれば、一度病院で診療してもらうのも手です。

平日にちゃんと睡眠をとってても休日に猛烈に眠くなるようなら要注意です。

また、休日の午前中に買い物や洗濯など家事をすることもあるかと思います。

休日でも午前中に掃除・洗濯・買い物などで疲れているときは、疲れをとるために眠気が襲ってくることもあります。

家事をするなとは言えませんし、すっかり家事が終わってしまった後の爽快感はクセになりますね。

「疲れすぎない」のがコツなので、家事を午前10時くらいまでに終わらせてちょっと休憩時間を挟むことで昼間の眠気をやわらげられます。

スポンサーリンク

 

昼寝から短時間で起きるようにできる方法は?

いつも3時間も4時間も昼寝しちゃったら、せっかくの休日を楽しめませんよね(>_<)

もっと買い物もしたいし、たまってた本も読みたい。全く楽しいことができないのって気持ち的にしんどくなります。

それにずーっと昼寝してると、起きたときに頭も痛くなるし、ぼーっとしててなかなか目覚められないのが難点。

ただ、外国のシェスタみたいに、短い時間の昼寝は国をあげて推奨されているところもあります。

適度な昼寝は午前中の疲れもとれるし、頭もシャッキリして精力的に活動できていいことずくめです(^^)

昼寝を短くするには、ぐっすり寝入ってしまわないことです。

実は、昼間は熟睡しちゃわなくても、座椅子などにもたれかかって目を閉じるだけでも十分効果があるんです。

昼寝の時間が15分を超えてしまうと、ちょっとうとうと…じゃなくて完全に熟睡しちゃうので、熟睡しちゃう前に昼寝を終わらせると短時間で起きられるようになります。

でも夜はぐっすり眠った方が次の日の昼に眠くなりにくいので、平日の睡眠の質を上げるのも大切です。

平日にぐっすり眠れるようになればいつもと同じ睡眠時間でも疲れが取れやすくなるので、寝つきをよくする方法などを試してみるのもアリです。

毎日10分ストレッチをしたり、午前中に散歩してお日さまに当たるだけでも違ってきますよ(^^)

生活の中に組み込めることから無理なく実践していって、昼寝に頼らずにすむようになるといいですね。

 

昼寝の寝起きをすっきりする方法はある?

続いては昼寝の後に頭がボーっとならない方法をご紹介しますが、これは先ほどお話ししたように15分睡眠が効果的です。

ぐっすり寝てしまうと起きたときボーっとしちゃいますが、短時間睡眠だと比較的寝起きがすっきりします。

寝入ってしまわないように、ふとんをかけずに床に枕だけ置いてうとうと寝てしまう方法もおすすめです。(私はすっきり目覚められることが多いです)

短時間睡眠の手助けとして、目覚めた直後にキンキンに冷えた水で顔を洗うのがおすすめです。(夏場は生ぬるいけどどうしたらいいんだろうね)

冷水の刺激で目が覚めます。私は朝起きるときも冷たい水で顔を洗ってますが、とてもしゃっきりします。個人的にはこれがナンバーワンです。

また、とにかく立ち上がって家事や散歩へ行くのも効果的です。

座ってじっとしてるよりも立って動くことで目がさえてくるので、掃除などを午後に回すのもいい方法だと思います。

また、寝る前にコーヒーを飲むといいよ!という意見もありますが、毎日コーヒーを飲んでる人には効かない可能性があります。

私なんかは昼ご飯のときにコーヒーを飲んで寝たら、3時間だったか4時間だったか…くらいぐっすり寝てしまいました(笑)

コーヒーの効果はどうも個人差があるようなので、とにかく水やら外の風やら外部刺激を与えてください。

スポンサーリンク

 

まとめ

休日の長時間の昼寝は、1日の半分をムダにして損したような気持ちになりますよね。

平日の疲れを短時間の昼寝でとれるようにするには、横にならないで15~30分だけうとうとするとその後気持ちよく過ごせるように思います(^^)

また、起きたときに顔を洗うなど刺激を与えるとしゃっきり目覚められるので、ぜひ試してみてください!

【関連記事】
休日に疲れて動けない!疲れた時の過ごし方と疲れにくい体の作り方

スポンサーリンク