仕事でミスをしでかしたことに、家に帰ってから後で気づくことありますよね~(;゚Д゚)

もしちっちゃなミスだとしても、発覚した瞬間はもちろん生きた心地がしないし、翌日どうやって上司や先輩に謝ったらいいか…頭を抱えますよね。

私はミスに後で気づいたことはあんまりないんですが、得意先に迷惑をかける大きなミスをやらかしたことはあります。(対応してくれた〇さんありがとうございます)

なのでこんなときの謝り方やミスを再発させないための対策のとり方なんかはよくよく心得ているので、私の経験をまとめてみました。

スポンサーリンク
  

仕事でミスしたことに気づいた!こんなときどうする?

もし、家で仕事のミスを思い出したらパニックになっちゃいますよねΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

でも、そのミスは今すぐ直さなきゃいけないのか、次の日でも大丈夫かどうかを一回落ち着いて考えてみましょう。

今すぐに直さなきゃ!というミスなら、深夜の時間帯でなければ上司に連絡した方がいいかもしれません。

 

もし、すでに得意先に品物が届いてたり、間に合わないなと思ったら、次の日は出勤時間よりも少し早めに出て、確認をとりましょう。

上司に報告したら、きっと「じゃあああして、こうして」みたいに指示がくると思います。

「もしかしたらミスしたかも?」くらいのレベルのことや、次の日でも対応できそうなものも、その日は諦めて寝てしまいましょう(笑)

眠れないときはあったかいホットミルクでも飲んで、好きなテレビや雑誌でも見てのんびりと過ごしましょう。

 

こういうときにスムーズに指示が出るのは、きっと上司や先輩も同じようなミスをしていた結果だから安心してくださいね(*^^*)

なにもあなただけが特別やらかしてるわけじゃないし、みんな同じ道を通って成長してきたんだと思いますよ♪

ちなみに、私は上司が出荷物を間違えるミスを犯して、プチ騒ぎになった現場を見たことがありますw

スポンサーリンク

 

仕事でミスしたときの謝り方はこうすればよい!

仕事のミスに後から気づいたときに、上司や先輩にはこう謝ればひんしゅくを買いにくくなるよ!というのを紹介します。

まず最初に、先輩社員の立場にある私が嫌いな謝り方から紹介しますね。(要はこれと反対のことをすれば問題なし)

 

私が「軽いものの上に重いものを積まないでくださいね」と言うと、ものすごく驚いたように「えっ、そうなんですか!?」って返してきます。

挙句の果てにはほかの人のとこへ行って「私さんにこう言われたんですけど、あってますか?」みたいに言いに行くし…(一一”)

こんな風に「自分は悪くない!」という態度をとられるとちょっとイラっとするので、嘘でもいいから一言目には「すみません」を入れましょう(^^;

私なら「すみませんでした!確認が足りませんでした!」って言って、ミスが起きた理由を正しく理解していることを伝えています。

これなら「うん、そうだよな。次からは気をつけてね」みたいな感じで返ってくることが多いので、たぶんこれが正解なんだと思っています。

 

また、上司や先輩からは「○○の確認をしてなかったから、このミスが起きたんだよね。だから今度からは××を見てから○○を見るようにしてね」と、ミスの原因や改善策などの説明をしてもらうこともありますよね。

このときは「はい」「はい」と相づちを打つだけで、相手が最後まで話し終わるまで口を挟まないようにするとスマートです。

そうすれば言いたいことがしっかり伝わってるな、次からはミスをしないでくれそうだと安心してもらえますよ(*^^*)

 

仕事でミスしないコツを知ろう!

続いては、仕事でミスしない方法を知って冷や汗をかかずにすむようにしましょう。

私はミスしちゃったときは、まずは同じミスを繰り返さないことだけを考えています。

やらかした直後に同じミスをもう一度犯しちゃったら、それこそ信頼にヒビが入る原因になっちゃうので、ミスした仕事はより一層気をつけてやってます。

 

具体的には、作業途中や作業終わりにもう一度チェックを追加するなどチェックの回数を増やしています。

私が犯したミスは基本的に確認が足りなかったり、忘れちゃったりして起きることが多いので、確認項目を増やすのが一番効果的でした(^^)

でも、ほかの仕事については、すべてに細心の注意を払っていては仕事が終わらなくなるし、集中力も続かないので、そこまで注意は払ってません。

「こことここの項目は似てるから特に間違えそうだな」とか、「ここはダブルチェックができないから怖い」とか要注意な項目だけ気をつけてやっています。

 

逆に、同僚や上司などにダブルチェックをしてもらえる項目は、間違ってもいいと思って手早く済ませていますw

見た感じ、わたしだけじゃなくてほかの同僚も同じやり方でやっているので、取り返しのつく要素だけはスピード重視で片付けちゃいましょう。

集中しなくてはいけないところと、集中しなくてもいいところのメリハリをつければ、大事な仕事にしっかりと集中できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

 

仕事のミスを思い出したときの対処のまとめ

仕事のミスに後で気づくときの絶望感と、翌日のことを考えたときの気持ちの沈みはハンパないですよね(;゚Д゚)

でも、やっちゃったもんはしょーがないし、これから再発しないよう努力していけば、ミスしちゃったことはいずれ過去の話になってくれますよ。

私もこれまで何回もやらかしてきましたが、再発防止に力を入れているので、「仕事ができないヤツ」という扱いは受けたことがありません。

とはいえ、ミスしちゃったときは家で悶々として、もんのすごい凹んじゃってるんですけどねえ。

スポンサーリンク