そろそろ夏服を買う季節になったものの、いつも汗ジミが目立つような服ばかり選んでしまってる…

今年も同じ悲劇を繰り返す前に、汗染みが目立ちにくい洋服の選び方を頭に入れておきましょう!

汗ジミがわかりにくい色や素材を知っておけば、余分な夏服を買うお金もムダにならないし、タンスを開けて「これ汗が目立つやつだ…」とげんなりしちゃうこともなくなります。

着られる洋服をしっかり選んで、たくさん着ていきましょう!(^^)

スポンサーリンク
  

汗ジミが目立たない服の選び方は?

気に入って買った夏服なのに、意外に汗ジミが目立つとわかって1回しか着られないでお蔵入り…

なんてことにならないように、汗ジミが目立たない服の選び方を知って、お気に入りの一着をひと夏中着倒しましょう!

汗ジミができてもバレない服は、ボーダーやストライプなどの柄物です。

無地の服はもともとの色と汗シミで変色(湿った)場所の境目がくっきりしててすぐにばれてしまいますが、柄物はボーダーの線などが境目をわかりにくくしてるのでバレにくいです。

同じように、チェックや花柄やドット…柄物なら何でも目くらまし効果が期待できるので、服選びに困ったら無地よりも柄物の方がおすすめです。

ただ、無地の服がまったくダメというわけではありません。

柄物よりも色や素材の選び方が難しいだけで、コツを知っておけば汗ジミしない洋服のバリエーションを簡単に増やせておしゃれも楽しめます。

とりあえず何も考えないで選べるのが柄物で、色などに気をつけて選ぶのが無地の洋服と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

 

汗ジミが目立たない服の色は?

グレーは汗が目立つから絶対禁物!とは言われてるものの、じゃあ汗ジミが目立たない色って何…?と思いますよね。

汗ジミが目立たない色は、白・黒・紺色などの濃い色です。グレー以外のモノトーンカラーの定番ですね。

※ただ、白はワキ汗が目立たない代わりに、ワキの下が黄ばんでしまうので洗濯の方法には注意が必要です。

でも夏にモノトーンばっかりじゃ寂しいし、飽きるので、他に何かおすすめの色はないんでしょうか?

汗ジミが目立たない色物は、薄い色か濃い色か、青系か赤系か。悩むところですね。

そういえば、高校の先生がくすんだピンクのシャツ(洗い古したサーモンピンク?)をよく着てたんですけど、それは脇汗バッチリ目立ってたし…。

同じ先生でも白のシャツは汗ジミしてないように見えました。近くでよーく見たら濡れてたのかもしれませんが。(絶対濡れてたに違いない)

私がこの先生から学んだことは、とにかく白っぽい服を着よう!ということでした(笑)

白っぽければ多少は色がついてても大丈夫なんじゃないかと仮説を立て、実際にパステルカラーの洋服を着て実証しました。

サーモンピンクよりも淡いパステルカラーの洋服であれば、夏でも汗ジミが目立たないことがわかりました。

白っぽい色のパステルカラーは汗ジミが目立ちにくいのですが、真っ白な服ほど万能ではない声もあるので、新しい服を初めて着るときなんかは脇汗パッドを使って様子を見た方がいいですね。

ちなみに、夏は禁物!なグレーでも、ボーダー(白メインの細グレーボーダー)ならほぼ白色トップスなので目立ちにくいです。

タブーなグレー・カーキ・茶色などもボーダーなど柄物(白の面積多め)で入れると汗ジミが目立たなくなるのでおすすめです。

要は白がベースであれば、ちょっと危険な色でもセーフゾーンに入ります。

白系の淡いカラー・黒・紺色が一番ワキの汗が目立ちにくいので、夏のワードローブはこの3色を中心にしましょう。

 

汗ジミが目立たない服の素材は?

例えばTシャツのようにワキが密着してる服は、汗ジミが目立ちやすい傾向にあります。

逆にブラウスやチュニックのようにひらひらしてる素材は肌に密着しないので、下に半袖の脇汗パッド付きインナーを着ると汗ジミしにくいです。

夏のシフォンチュニックは見た目にも涼しげなので、TPOにもばっちり合ってます♪

もし私のようにカジュアル派でブラウスはちょっと趣味に合わない…という場合は、Tシャツで汗ジミを作るしかないんでしょうか?

その場合は、シフォンのTシャツなどカジュアルダウンしたアイテムがあるので、ストレスなく着られて汗ジミ対策も十分できます(^^)

私も何年か前に淡いピンクのシフォンのTシャツを持ってたんですけど、デニムに合わせたらほどよく女性らしさも出て、でも悪目立ちしなくてすごく好きなコーデでした。また買いたいなと思ってます。

シフォンのようにポリエステルやレーヨンをふんだんに使った洋服は汗ジミしにくいのですが、逆に汗をよく吸う綿などは汗ジミが目立ちやすいです。

綿など自然にできる素材は水をよく吸って汗がじんわりと広がりますが、ポリエステルなど人工の繊維は汗を吸いにくいです。

下にインナーを着てポリエステル繊維の洋服を着たら、汗はインナーに吸われて上の服まで浸透しにくくなります。

ポリエステルはサテンなどつるつるした素材の服からスーツのようなかっちりした素材まで幅広く使われてるので、気になった洋服があればまず素材をチェックするのが一番確実です。

あの人たちけっこう自由自在に変身できるようなので、タグ確認も服選びの必須科目にしましょう。

そうしないと「あの服気に入ってたけどポリっぽくない…え、実はポリだったの!?」なんてパターンに陥る可能性も。

スポンサーリンク

 

まとめ

ここでは、汗ジミが目立たない服の選び方をいくつかお話ししました。

高校の先生の実体験から、私はやはり白の服を着るのが一番の汗染み対策なんじゃないかと思っています。

白に飽きたらパステルカラーを着て、たまに黒や紺でびしっと決めてバリエーションを楽しむのが最近の私の夏服事情です。

ちなみに、ボーダーもよく着ています。変化球でなくストレート球ってくらい頻繁に。

汗ジミが気になっておしゃれが楽しめない!なんて思うかもしれませんが、着られないのはグレーくらいのものです。

選択肢は意外にたくさんあるので、たくさんある中から好きなファッションを選んで夏を堪能しましょう。

また、根本的な問題となるワキ汗を減らすのも大切です(^^)
夏の脇汗の臭いを抑える方法と量を減らすためにすることは?

スポンサーリンク