観光旅行で京都の祇園祭に来るときに気になるのが、屋台の場所や日にちですね。

また、祇園祭は7月の間一カ月ずーっと開いてるけれど、その間屋台はずーっと出ているのか?などもチェックしたいポイントですね。

京都ならでのおすすめな屋台グルメもあるので、気になるものがあったらぜひ狙って食べてみましょう(´▽`*)

スポンサーリンク
  

祇園祭の屋台の場所は?

祇園祭の屋台はどこにあるかというと、、交通規制が行われて歩行者天国になる場所に並びます。

祇園祭の歩行者天国の場所は、祇園四条駅の近くにある八坂神社から四条通の間の一本道です。

また、一本道の真ん中ほどにある烏丸駅の交差点にある烏丸通にも出店が並んでるので、屋台へ行くなら途中で曲がりましょう。

烏丸通は祇園四条駅から近くて、屋台やお店も多くておすすめです。

有名なコーヒー屋さんなど現地ならでのおいしいものが多いので、観光するなら避けて通れません!

ちなみに祇園四条駅の場所は下に書いてあります。

本当に歩行者天国の直線上にあるし、屋台がある日は人も多いから迷わず行けますね(^^)

方向音痴の人でも道に迷う心配だけは無用なので、安心して楽しめるのがいいですね!

また、祇園祭では室町通~新町通でも屋台が出ています。ただし、混雑が激しいので疲れやすい人はやめた方が無難です(^^;)

スポンサーリンク

 

祇園祭の屋台の日にちは何日から何日まで?

祇園祭の屋台はいつからいつまで開いてるのかは、絶対確認しておきたいところですね。

もし祇園祭へ行っても屋台がなかったら何も食べられませんし…。

祇園祭は一カ月の間ずっと開いてるのですが、出店は毎日開いていません。

祇園祭のフィナーレが宵山と山鉾巡行なのですが、他の日にちは地元民のための伝統的な行事という側面が強いからです。

そのため、屋台が出ているのも前祭の宵山~山鉾巡行の3日間だけとなります。

7月14・15・16日に開かれる宵山(前夜祭)では八坂神社~四条通・烏丸通と広い範囲で交通規制が行われ、屋台がたくさん出ます。

しかし、17日の山鉾巡行(本祭)の日は八坂神社と隣の円山公園に屋台があるくらいなので、宵山ほどの規模はありません。

また、20日を過ぎてから開かれる後祭(宵山・山鉾巡行第二弾)へ行くなら、出店はないのであらかじめ食事を済ませてから行くのがおすすめです。

とはいえ、お祭りが開かれてる場所は街中なので、地元ならでのお店の他にも、カフェや全国チェーンのハンバーガーショップなどもあり、お店の数は充実しています。

お祭りの期間中は路上販売もしているところもあるので、食いはぐれる心配はあまりしなくて大丈夫です。

前祭と後祭で屋台の規模が大きく変わるので、注意しておきたいところですね。

 

祇園祭の屋台でおすすめなグルメは?

せっかく祇園祭に来たんだから、どうせなら屋台でおいしいものを食べたいですよね!

夏の京都は盆地で暑いので、かき氷がお祭りらしくておすすめです。

といっても普通のシロップじゃ地元のお祭りでも食べられるので、わざわざ買わないよ?と思ってませんか?

私もそう思ってたんですけど、変化球を投げてくれたお店がありました。

「前田珈琲 本店」のカプチーノかき氷やミルクティーかき氷などは、コーヒーや紅茶が好きな人向けの大人味で人気があります。

※味は毎年変わるので、今年は何味が出てくるかはわかりません。

私はコーヒーが大好きなので、好きな味わいを堪能できて体も冷やせるカプチーノかき氷は最高です。

また、涼をとるのには「永楽屋」の水あずきもおすすめです。「氷」ではなく「水」なのがミソ。

ゼリーのような、羊羹のようなつるんとした飲み心地のドリンクで、あずきのほのかな甘みが口の中に広がります。

のどが渇いたときにこそ飲むべきな一品ですが、もし祇園四条駅から歩くとしたらそれなりに距離があります…。(室町通にあります)

同じお店でわらび餅や抹茶のアイスクリームも売ってるので、歩き疲れて甘いものが欲しくなったときにピッタリです。

ガッツリご飯系がよければ、「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」のしみだれ豚まんですね。

烏丸通を少し外れた場所にあるのですが、いつも行列がすごくてなかなか買えない幻のグルメと噂されています。

夜は特に人が多くて待ち時間も長いので、昼間に買いに行った方が手に入りやすいです。

お肉がぎっちりでジューシーで美味しいと話題のグルメなので、運が良ければぜひ食べてみてください(^^)

ちょっとサイズが大きいので、小食の人はもっと軽く食べられるものの方がいいかもしれませんが。

他にも「酒菜食房 いち」のはもカツバーガーや「cafe OWL」のはもの天ぷらなど京都ならでのものがあります。

烏丸通などメインストリートだけでなく、裏道にも入ってみていろんなお店を発掘しましょう(^^)

スポンサーリンク

 

祇園祭の屋台情報まとめ

京都の祇園祭の屋台は、烏丸通や室町通・新町通、八坂神社あたりに出ています。

日にちは前祭の14~16日のみなので、どうしても屋台を見て回りたい人は期間中に行くようにしましょう。

とはいえ、屋台が出ている期間中でなくてもお店はいろいろ立ち並んでるので、後祭でもいろいろと見て回ることはできます。

スポンサーリンク