京都旅行をしたいけど祇園祭の期間とかぶってしまった!なんてこともありますよね。

祇園祭にはあんまり興味がないけど、京都駅はひどく混むのかな?など、電車はギュウギュウなのかな?どうしたら混雑回避できるのかが気になりますよね(;・∀・)

運悪く祇園祭の時期とかぶってしまっても、混雑を避けて観光できるように、電車や駅が混む時間帯を覚えておきましょう。

スポンサーリンク
  

祇園祭の期間の京都駅の混雑具合はどれくらい?

祇園祭の期間中の京都駅はどのくらい混むかを確認して、旅行に備えておきましょう。

7月の間はずっと祇園祭が開催されてるのですが、一カ月丸々混んでいるわけではありません。

7月の前半は地元民のためのお祭りという意味合いが強いので、ふだんの京都駅の混雑具合と変わりません。

前祭の宵宮・山鉾巡行の日程にあたる14日~17日はお祭りが一番盛り上がる時期なので、観光客の混雑がピークになります。

同じく、後祭の宵宮・山鉾巡行にあたる21日~24日も混雑が見込まれます。

逆にその時期を避けて行けば、他の日程は特別混んでいるということはありません。

ただし、京都駅は一年中人が集まる場所なので、通常時でも混んでいます。

普通に歩いてたら人にぶつかってしまうので、私のように普段は車でスイスイ移動している車社会の人にとっては激混み級ですね。

京都も東京と同じように都会なので、つねに混んでいることだけは頭に入れておきましょう。

歩くのは大変ですが、私個人的には「これぞ都会…!」と感じる楽しみもあったりします(笑)はい、田舎者ですね。

スポンサーリンク

 

祇園祭シーズンは電車も混雑する?

祇園祭の期間中は人が多いから、電車も満員になって乗れないんじゃ…と不安になりますね。

たしかに、祇園祭の期間は電車も混みます。
座席を確保するのはまず無理だと思った方がいいので、足腰に自信のある方でないと少し厳しいかもしれません。

とはいえ、切符売り場はそれほど長蛇の列にならないことが多いです。

東京など都会から観光に来る人は、Suicaなどでサクッと改札を通過して切符を買わないためです(^^)

電車は混むといっても、バスやタクシーのように渋滞した道路を走るわけではありません。

よほどのことがない限りは時間通りに目的地に着けるので、日帰り旅行などスケジュールがタイトなときは電車がおすすめです。

ここで気をつけてほしいのが、電車が混むからといってタクシーを使おうかなと検討している場合。

私も京都旅行のときはよくタクシーを使うのですが、祇園祭の期間のタクシーはあまりおすすめできません。

7月は前祭・後祭以外でもほとんどの日で交通規制が行われるので、足止めを食らってしまう可能性があります。

といっても会場から離れた場所(嵐山・宇治など)は渋滞も平常通りです。(この言葉遣いおかしいね)

京都観光をする場合は、京都駅から目的地まで電車で移動して、目的地から他の観光地へ移動する場合にタクシーを使うのはおすすめです。

 

祇園祭の期間で混雑する時間帯は何時ごろ?

祇園祭は夜に屋台が出たり歩行者天国になったりと人出が多いイメージがありますね。

お祭り客がピークになる宵山の期間中は、夕方16時ごろから混雑しだします。

朝や昼は混雑の影響を受けにくいので、電車で観光名所へ移動する場合は午前中がねらい目です。

もしタクシー乗り場が長蛇の列になっていなければ、午前中はタクシーを使っても普通に目的地に着ける可能性があります。

京都に一泊旅行をするのでしたら、1日目の午後までに目的地に着いて、それからゆっくり散策を楽しむとゆとりがあります。

祇園祭の会場から離れた場所にホテルをとって、翌日の午後までに京都駅へ戻って帰宅すれば、混雑を避けられます。

京都駅付近のホテルは祇園祭に来た観光客がひしめく激戦区なので、宿泊予約がとりやすい場所でラクにホテルを確保できるメリットもあります(^^)

宿泊時のスケジュールは完璧ですが、日帰り旅行で京都駅に戻る場合はちょっとハードスケジュールです。

混雑を徹底的に避ける場合は、朝早くに京都に着いて移動を始めて、なるべく16時までに京都駅に戻るのが一番です。

ただし、7月17日・24日に行われる山鉾巡行は、朝の9時に始まってお昼頃に終わります。

山鉾巡行の日は朝早くかお昼過ぎに行って、夕方以降に京都駅に着くようにすると混雑に巻き込まれにくいです。

祇園祭の宵山は夜が一番混雑しますが、山鉾巡行の日は午前中が一番混みます。

日にちによっても混雑時間が変わるのですが、まずは宵山・山鉾巡行の混雑時間を頭に入れておけば安心です。

スポンサーリンク

 

祇園祭期間中の混雑状況まとめ

祇園祭の期間中に京都へ観光に行く場合は、まず宵山・山鉾巡行の日にちとかぶってないか確認しましょう。

運悪くかぶっていた場合でも、特に混雑する時間帯を知っておけば比較的スムーズに動けます。

混む時間帯を上手に避けて、楽しい観光旅行になるといいですね(^^)

スポンサーリンク