土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテしないといわれてますが、どうしてうなぎが夏バテに効くんでしょうか?

また、いくら夏バテに効くからといって、食べすぎると太るのでは…とダイエット中の人は不安になってしまいますね。

うなぎ以外に夏バテに効果があって、低カロリーでヘルシーな食べ物も紹介します(^^)

スポンサーリンク

うなぎを食べると夏バテしない理由は?

うなぎが夏バテ防止に効果があるといわれている理由は、うなぎが持つ栄養素にあります。

夏バテで冷たい麺類などばかり食べていたら、炭水化物以外の栄養分がなかなか取れなくなります。

うなぎは高タンパクで、ビタミンAやビタミンB1、B2、ビタミンEなど栄養分が豊富です。

皮に含まれてるコラーゲンや、身に含まれてるタンパク質は、夏バテで疲れた体を回復できます。

また、ビタミンAは夏風邪を予防するので、夏バテを重症化させない効果があります。

その他にも疲れ目や眼精疲労、ドライアイなど目の悩みを解消できるので、パソコンを使う仕事の人にもおすすめです(^^)

ビタミンBは、食事でとった炭水化物や脂質分を体を元気に動かすエネルギーに変える効果があります。

そうめんだけ食べててもいまいち体の調子が悪いときは、ビタミンBが足りてない証拠です。

さらに、亜鉛やカルシウム、葉酸など私たちの体にいいものが含まれています。

夏バテしているときは、食欲がなくてバランスよく栄養をとれません。

そんなときに、さまざまな栄養がたっぷり含まれてるうなぎを食べると、疲れが早く回復しやすくなります。


スポンサーリンク

 

うなぎのカロリーは高い?白焼きと蒲焼きどっちがいい?

次に気になるのが、うなぎに含まれてるカロリーがどのくらい高いかということです。

また、うなぎの白焼きと蒲焼きのどちらがカロリーが低いかも確かめておきたいところですね。

うなぎは脂身が多く含まれてるから、ジューシーでおいしいです。

脂身はたしかに太る原因となりますが、お肉の脂と比べると消化しやすい脂となってます。

しかも、腸内の悪玉コレステロール値を下げるEPAやDHAがうなぎの脂身に含まれています。

コレステロール値が下がることで血栓もできにくくなり、脳梗塞などの病気のリスクも下がります。

うなぎを食べると、栄養もとれてコレステロール値も低下するので、適度な量をしっかり食べるのがおすすめです。

また、うなぎはお肉と比べて太りにくいですが、うなぎのから揚げやうなぎの天ぷらなど揚げ物にすると、カロリーが高くなるのでご注意を(笑)

どんな食べ物でも、揚げ物にするとカロリーがぐーんと上がってしまいますからね。

ちなみに、うなぎはかば焼きよりも白焼きの方がカロリーが低いと思われがちですが、実はかば焼きの方が低カロリーなんです( ゚Д゚)

かば焼きの方が焼き時間が長いため、脂が落ちる量が白焼きよりも多いからです。

うなぎの蒲焼きが好きな方、ダイエット中でも我慢しなくていいんですよー!

 

夏バテ予防の食事でヘルシーなものはあるの?

うなぎは太らないから、毎日安心して食べても問題はありませんでしたね。

とはいえ、夏バテ対策に毎日うなぎを食べるほどの経済力はないし、毎日だと飽きてしまいますよね。

夏バテに効果がある食べ物がほかにあれば、それで代用したいものです。

うなぎの他に夏バテに効くヘルシーな食材は、夏が旬の野菜です。

夏バテの原因のひとつが、毎日冷房に当たりすぎてて体温を調節する機能がうまく働かなくなることです。

トマト・ナス・きゅうりなどは体を冷やす効果があって、冷房を使いすぎなくても快適に過ごせるようになります。

とくにナスが一番体を冷やす効果が強いので、妊婦さんや夏でも冷え性に悩んでる人は食べすぎないようにしましょう。

また、夏バテで食欲がなくて栄養をとれないときに効くのが、しそ・みょうがなどの薬味に使われる野菜です。

どれも食欲をそそる成分が入っていて、なかなか十分な栄養をとれない夏にピッタリです。

きゅうりと鶏肉を細切りにしたバンバンジーならタンパク質も一緒に取れるし、食欲がなくても栄養をとりやすい一品ですね。

また、オクラなどのネバネバした食べ物や、意外なところでは枝豆なども夏バテ回復に効果があります。

ネバネバしたものは胃の消化機能を整えてくれ、枝豆は健康を整えるビタミンがたっぷり入っています。

ラタトゥイユやオクラ・長いも・まぐろの赤身のネバネバ丼、きゅうりの浅漬けなどがヘルシーな献立です。

そうめんと天ぷらのようなカロリーの高い組み合わせをなるべく避ければ、低カロリーで夏バテ対策ができます(*^^*)

…夏の黄金コンビのそうめんと天ぷらを食べないのが拷問でしたら、1週間~2週間に1度だけは解禁してもいいかもしれません。

 

うなぎが夏バテに効く理由まとめ

うなぎがどうして夏バテに効果があるのかというと、疲労回復や風邪予防などに効果のある栄養分がたくさん含まれてるからです。

カロリーもけして高くないうえにも、脂身を食べるとコレステロールが下がる効果もあります。

うなぎに限らず、夏野菜やお肉などをバランスよく食べて行って夏バテ知らずの体をつくりましょう(^^)

スポンサーリンク

スポンサーリンク