なかなか油汚れが落ちない厄介なキッチンのコンロ掃除を簡単にする方法って、あるんでしょうか?

効率よくコンロを掃除して最小限の労力で済ますには、重曹と洗剤どちらを使った方がいいんでしょうか。

面倒な掃除をできるだけ楽に済ませてキレイなキッチンにするために、一度確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

コンロを掃除する方法はどうしたらいい?

頑固なコンロの油汚れを落とす方法は、洗剤でも重曹でもあまり変わりません。

最初に五徳などを取り外して、重曹を練ってペースト状にしたものをまんべんなく塗ったくります。

洗剤の場合でも同じように、全体に洗剤を行き渡らせるように吹き付けます。

五徳をまんべんなく覆うことで、重曹や洗剤の成分が汚れにダイレクトにくっつくので、汚れ落ちがよくなります。

重曹や洗剤をつけてから1時間ほど放置し、キッチンペーパーで拭き取ります。

最後にお湯で水洗いして水気を拭き取ったら完了です(^^)

それじゃ汚れが取れない!なんて場合は、ひと手間加えて掃除しましょう。

まず、バケツやプラスチックの桶など汚れてもいいものに、コンロの部品を入れます。

もし手ごろな入れ物がなかったら、適当なレジ袋やゴミ袋を使う方法もあります。

お風呂のお湯くらいのちょっと熱めくらいのお湯と重曹を入れて、数時間おいて汚れをゆるませます。

熱湯の方が汚れ落ちがいいのですが、やけどの心配もあります。また、レジ袋は溶けるので熱湯厳禁!!です。

重曹の量はお湯全体にまんべんなく行き渡るくらいが目安なので、大さじ1~2ほどですね。

1時間~ひまな人は数時間放置してから、スポンジやキッチンペーパーなどでこすると取れやすくなります。

それでもダメな場合は、洗剤を吹き付けてさらに30分~1時間ほど放置してからこすりましょう。

スポンサーリンク

 

コンロの油汚れは洗剤と重曹どっちが落としやすい?

コンロなどキッチン周りの油汚れを掃除するとき、洗剤や重曹どちらが簡単に落としやすいんでしょうか?

食用にもできて、川や海を汚しにくい環境にやさしい重曹と異なり、洗剤は水を汚してしまいます。

その分洗剤の方が油汚れに特化した成分を配合してるので、汚れ落としの面では洗剤の方が落ちやすいです。

ただし、重曹でもまったく効果がないわけではありません。

我が家は年に1度~2度ほどコンロ周りの大掃除をするのですが、昨年初めて重曹を使ってみたところ、ギトギトの油汚れがするすると落ちて驚きました( ゚Д゚)

重曹なら洗剤のようににおいも残らないから、換気をしなくていいのが手軽です。

とくに冬場に窓を開け放たなくていいので、ある程度定期的に掃除をしているのなら重曹をおすすめします。

お子さんやペットのいる家だと、洗剤が直接触れないように、気分が悪くならないように換気をしっかりしないとなど気がかりなことが多くなります。

心配事を減らす意味でも、汚れがそこまでたまってない場合は重曹をおすすめします。

ただし、何年も放置している場合はマジックリンなどの洗剤が汚れ落ちがいいので、換気に気をつけて使ってくださいね。

 

コンロの油汚れを簡単に落とすコツは?

コンロの油汚れを簡単に落とすコツを知っておけば、イヤなお掃除にかける時間が短くなりますね。

コンロの油汚れを簡単に落とすコツは、つけ置きの時間を長くすることです。

長時間つけ置きすることによって、油汚れが浮いてくるので、古歯ブラシなどで簡単にスルスルと取れるようになります。

また、1回掃除しただけじゃ汚れがゆるまないことがあるので、短いスパンで数回繰り返し掃除するのもおすすめです。

繰り返し汚れにアプローチすることで、頑固な油汚れも最後には根気負けするはずです(笑)

また、こまめに掃除することで、油汚れは簡単に落ちます。

1年分の油汚れが堆積してこびりついた汚れはゴシゴシこすってもなかなか取れませんが、1か月分の汚れならどうでしょうか?

単純計算して、12分の1の労力でコンロがキレイになります。

ダイエットでも1キロ減らすのはまだ簡単な方ですが、12キロ減らすのはげんなりするほど大変ですよね…。

1キロなら2週間から1か月くらいで減らせるけれど、12キロだと半年~1年くらいかかってしまいます。

月末に10分ほど時間をとって掃除をしておくと、汚れるそばから油汚れが落ちていくので、掃除が簡単になります。

とはいえなかなか続けるのが難しいんですけどね…(;・∀・)

結論を申し上げると、掃除とダイエットは紙一重ということですね。

スポンサーリンク

 

コンロの油汚れの落とし方まとめ

すでにできてしまった油汚れには、洗剤や重曹をつけ置きして掃除するのが効果的です。

ひどい汚れには洗剤を、1年放置しているくらいの汚れなら重曹でも汚れがとれるので、こびりつき具合によって使い分けてください。

また、これから汚れをためていかないために、月に1度ほどこまめに掃除をすることも大切です。

スポンサーリンク