京都へ観光旅行するときに五山送り火を見るときは、1つの文字だけをじっくり眺めるのはもったいないですね。

毎年毎年来られるところじゃないからこそ、できるだけ多くの文字を見られる場所を探したいものです。

五山すべてが見える場所、あるいは大文字と他数文字がよく見える場所を絞って紹介します(^^)

いいスポットを見つけて、五山送り火の鑑賞を楽しんじゃいましょう♪

スポンサーリンク
  

五山送り火が全部見える場所とアクセス方法や最寄り駅は?

五山送り火は、文字と文字の間の距離は離れているから、近くで全部見える場所は限られています…。

京都五山送り火が全て見える場所はいくつかありますが、距離が離れてるからどうしても小さくなってしまいます。

小さくても全部見るか、大きい文字を一文字だけじっくり見るの二択を迫られるはめになります(>_<)

それを踏まえたうえで、五山送り火が全部見えるおすすめスポットをいくつか紹介します。

五山送り火がすべて見える場所は事前に予約が必要なので、当日に場所取りする場合はどうしても4つ以下に限られてしまいます。(4つ以下見える場所は後ほど詳しくお話ししますね)

京都タワー・ホテルオークラ

京都タワーやホテルオークラの高層レストランは、食事をしながら五山送り火をすべて眺められる人気の場所です。

文字はとても小さくなりますが、おいしい料理を食べながら優雅に眺められるスポットです♪

ただし、あらかじめ予約が必要なうえにも価格帯が高め(1~2万)です。

予約は早い時期に埋まってしまうので、1~2か月前に「送り火を見よう!」と思い立った場合は自然に候補から外れてしまいます(>_<)

京都タワーへのアクセス方法は、以下のリンクが詳しくてわかりやすいのでぜひご覧ください(^^)
京都駅から京都タワーへのアクセス方法

京都ホテルオークラも京都駅から歩いてすぐに行けるので、アクセスは良好ですね。

京都駅ビル空中径路・大空広場

もし、デートや友達2人で行く場合は、京都駅ビルの空中径路・大空広場がおすすめです。

五山送り火がすべて見えるスポットとして有名ですが、当日の送り火の時間は抽選で当選した人しか空中径路・大空広場に入れません。

抽選は五山送り火観賞会ホームページで開かれるので、7月に入ったらいつ抽選が始まるのかを要チェック!です。

もし運よく当選できたら、1つの応募につき鑑賞券が2枚送られてきます。

4人グループとかで見に行く場合はちょっと厳しいのですが、2人で行く場合にはうってつけの観賞場所です。

インターネットからも応募ができるので、送り火を全部見たい場合は応募してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

五山送り火をできるだけ多く見られる場所

五山送り火をすべて見るにはあらかじめ予約や抽選などの下準備が必要です。

でも、4つ以下でしたら、当日ぶらっと行っても大丈夫なスポットがたくさんあります(*’ω’*)

イオンモール京都五条の屋上駐車場

地元民がご先祖様の霊をお送りするために集まるスポットです。

大きなイオンモールの広い駐車場なので、人が集まっても大丈夫なのが利点ですね。

「妙法」は残念ながら見られませんが、「大文字」「船形」「左大文字」「鳥居」の4文字が見られます。

船形は少し形が崩れてしまいますが、鳥居は真正面から見られるので、遠いながらも形を楽しめます。

イオンモール京都五条では、ふだんは屋上駐車場として開放しているところを、送り火の日だけは駐車場を閉鎖して鑑賞スポットとして提供しています。

いつもより駐車場が減ってしまうので車は停めにくいかもしれませんが、屋上が広いので入りやすいです。

イオンモール五条までのアクセス方法は、京都駅から「JR山陰本線 園部行」に乗り、「丹波口」で降りて、「西大路五条」のバス停からイオンモール五条までバスで行きます。

バス路線について、詳しいことは下のリンクをご覧ください。
イオンモール京都五条へのアクセス方法

また、観光客としてイオンモール五条へ行くときの注意点もあります。

イオンモール五条には地元民が多く集まっており、自分たちのご先祖様を無事にお送りするべく静かに見ています。

そんな儀式でふだんの花火大会みたいにワーキャーと大騒ぎすると眉をひそめられてしまうので、ほどほどに見ましょう(^^;)

あまりにもうるさいとイオン側にも迷惑がかかって、翌年から閉鎖…なんてうれしくない状況にもなるかもしれませんので…。

北大路橋

複数の文字が見えるスポットの中でも、とくにメインの大文字がよく見える場所として有名なのが北大路橋です。

北大路駅から直線距離にある橋なので、迷いにくいのが利点です。

大文字・妙法・船形が鑑賞できるうえにも、メインの大文字を近くで鑑賞できるスポットです。

人気のある場所ですが、大文字の炎の燃える音が聞こえるので、全て見える場所にはかなわない臨場感があります。

京都五山送り火の一番の見どころである大文字を音付きで見られるので、大文字をなんとしても見たい人におすすめです。

京都駅からは「京都市営烏丸線 国際会館行」の電車に乗って、7つめの停留所で降ります。

船岡山公園の展望台

船岡山公園は、鳥居以外のすべての文字が見える人気スポットです。

人気過ぎて身動きがとれないくらいですが、4つの文字が一気に見られるのが魅力ですね。

行き方は、地下鉄北大路駅の北大路バスターミナルから、京都市営バスに乗ります。

バスは1時間に2本くらい通ってるので、あらかじめ時刻表を調べておくといいですね。

船岡山展望台では4文字がすべて見えるうえにも、大文字は正面から見られる絶好スポットです。(ただし人もたくさん…)

左大文字や船形は展望台ではきれいに見えないので、大文字を見てから急いで船岡山頂上へ行って鑑賞するのもおすすめです。

移動がハードだと思ったら、ずーっと展望台にとどまって見物しましょう。

スポンサーリンク

 

京都五山送り火が全部見える場所まとめ

京都五山送り火を全部見るには半年、1年前くらいの準備と抽選に当たる運が必要です。

現実的な路線としてはイオンモール五条や北大路橋などの複数見えるスポットで鑑賞することです。

複数の送り火が見える場所は人も集まる人気スポットなことが多いので、覚悟を決めて鑑賞を楽しんでくださいね(^o^)

当日あいにく雨天になってしまったときは?↓
京都五山送り火は雨天で中止や延期になる?雨の場合の鑑賞は?

スポンサーリンク