生理前に豆乳を飲むダイエットがありますが、どうして生理前じゃないとダメなの?と気になりますね。

生理中や生理後に豆乳ダイエットをしても効果がないのか、または体に悪い影響が出るのでしょうか?

疑問を解決して、安心して豆乳を飲んでダイエットしましょう!

スポンサーリンク
  

生理前豆乳ダイエットがなぜ効果があると言われてるの?

どうして生理前に豆乳を飲むダイエットが効果があるのかというと、女性の体のしくみが関係しています。

女性は生理前に、妊娠に備えて栄養を体にたくわえようとするので、水分や栄養が排出されにくくなります。

そのせいで生理前は食欲も増え、体もむくみ、太りやすくなる悲しい時期となってしまいます(ノД`)・゜・。

溜め込み期は生理前に女性ホルモンの一種・プロゲステロンが増えることで起こります。

生理が終わった後はプロゲステロンが減ってエストロゲンが増えるので、生理前にせっせと溜め込んだものが排出されます。

体に溜めたものをそのまま出すだけなので、体重変動はプラマイゼロになります。

「生理後は痩せ期」と言われてるけど、それは「生理前に溜め込まなかったとき限定」なんですね…。

「生理終わったのに今月減らないなあ…」という時期があるのは、溜め込みのせいだったのですね。

でも、生理前に豆乳を飲むと、豆乳に含まれてるイソフラボンがエストロゲンと同じようなはたらきをしてくれます。

豆乳を飲むと溜め込みがなくなるので、生理後にエストロゲンが増えたら、もともとある脂肪を排出します。

生理前に豆乳を飲むと痩せやすいといわれてるのは、もともと蓄えられてる脂肪を燃やしてくれるためです。

だからといって、「豆乳さえ飲んでればいいんでしょ♪」とドカ食いすると、これまた溜め込んでしまうので注意を。

私は生理前はついついお菓子などに手が伸びてしまうので、気をつけないと。

スポンサーリンク

 

生理中でも豆乳ダイエットの効果は出る?

もし豆乳が余ったり、予定より早く生理が来たときは、生理中でも豆乳を飲んでもいいんでしょうか?

ネットには「生理中の豆乳はよくない」などの情報が書いてあったりするので、不安になりますね(>_<)

生理中もエストロゲンが少なく、エネルギーを燃やす代謝が落ちてる状態なので、豆乳ダイエットの効果はみられます。

脂肪が燃えにくいので体が冷えやすくなったり、肌荒れしやすい生理中には、豆乳でホルモンバランスを整えると効果がみられます。

冷えによる生理痛がひどくて、毎月カイロでお腹を温めて生理痛をおさえている私のような人は、豆乳を飲んだ方が体調が整いやすいんですね。

しかし、豆乳を飲み過ぎるとかえって生理痛がひどくなったりするので、1日にコップ1杯を上限としましょう。

ちなみに生理前もたくさん飲んでもいいわけでなく、こちらもコップ1杯が上限です。

生理痛がひどい女性は、豆乳がなくなってからも豆腐や味噌汁などの大豆製品を意識してとるといいですね。

生理中に豆乳を飲んでもダイエットの効果がみられるので、もし余ったら飲んでもかまいません。

体が冷えやすい時期なので、電子レンジで温めてホット豆乳にするのがおすすめです。

 

豆乳ダイエットを生理前以外にしても痩せやすくなるの?

生理前の溜め込み期に豆乳を飲むと痩せやすくなりますが、豆乳ダイエットは生理前以外でも効果があるのか気になりますね。

ずーっと豆乳を飲んでたら痩せやすくなるんなら、魔法のようなダイエット方法ですね。

でも、残念ながら生理後の豆乳ダイエットは、生理前ほどの効果はありません。

とはいえ、まったく効果がないわけではなく、毎日豆乳を飲むと痩せやすい体になることはたしかです。

豆乳はGI値が低く、血糖値が上がりにくいので、体に脂肪が貯まりにくくなります。

これまで間食にクッキーやチョコを食べていたのを豆乳に変えるなど、置き換えダイエットのように飲むと一番効果があります。

ただ、GI値が低い食品は豆乳だけではありません。

納豆や豆腐、枝豆など豆製品、牛乳、肉・魚類、イモ類以外の野菜や果物、玄米などもGI値が低いです。

白い食品(白米やうどんなど)を食べすぎなければいいので、毎日必ず豆乳を飲まなくてはいけない!わけではありません。

生理前以外も毎日豆乳を飲んでたら飽きるので、よほどの豆乳好き以外は食事に気を遣って運動をするだけで十分効果があります。

無理して毎日豆乳を飲んですぐに飽きてしまうより、毎月生理前だけにきちっと飲み続けた方がダイエット効果が出やすくなります。

ダイエットは長期戦なので、「毎日これをやらなくては!」と思うとしんどくなりますから(;´∀`)

スポンサーリンク

 

生理前豆乳ダイエットの効果まとめ

生理前に豆乳を飲んで痩せるのは、生理中や生理後でも効果がみられることはみられます。

ただ、豆乳にこだわらなくても他の低GI値食品で代用できたり、途中で飽きちゃうことを考えたら、「毎日飲んでもよい、飲まなくてもよい」結論になります。

豆乳は生理前に水分や栄養の溜め込みをおさえるための飲み物として飲むのが、一番ダイエットに効果があります。

スポンサーリンク