生理前豆乳ダイエットをやろう!と思い立っても、やり方がよくわからない…

一日の中でいつ飲むのが一番効果があるのか、無調整豆乳は苦手だから調整豆乳でもいいのか、気になりますね。

効率よく痩せやすい体になれる豆乳ダイエットの、おすすめな方法を確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

生理前豆乳ダイエットのおすすめなやり方は?

生理前の豆乳ダイエットのやり方は至ってシンプルで、月経が始まるまでの1週間、毎日豆乳をコップ1杯飲むだけです。

生理前は妊娠に向けて体調を整えるために、黄体ホルモンのプロゲステロンの量が増えてきます。

プロゲステロンが多いと、食べたものや飲んだものが外に出なくて体の中に蓄えられてしまいます。

栄養をしっかり蓄えよう!と頑張ってる時期なのですが、ダイエットには不向きですね(^^;)

豆乳に含まれてるイソフラボンは、プロゲステロンのはたらきを抑える効果があります。

ただ、イソフラボンを摂りすぎると、かえってホルモンバランスが崩れて、生理不順や生理痛の原因となってしまいます。

だから、生理前豆乳ダイエットのやり方は毎日適量(コップ1杯・200ml)の豆乳を飲むのが一番効果的なんです。

それ以上飲むのは体によくないので、1日1杯をしっかり守るのが豆乳で痩せるたった一つの注意点です。

「豆乳ダイエット」とは言いましたが、豆乳を飲むだけでなく、お菓子を控えてバランスよいご飯をしっかり食べるのも大切です。

また、週数回のストレッチ・ウォーキング・筋トレなどの運動を取り入れるとより効果的です。

生理前でだるい・イライラするときは、半身浴やストレッチなどリラックスできる運動で、脂肪が燃えやすい体を作り上げるのがおすすめです。

基本的には毎日1杯の豆乳を飲むだけですが、そのほかにも運動を取り入れるのも大切です。

豆乳を飲むと、普通に運動するよりも痩せやすい体を作れるので、早く目標体重に到達できるかもしれませんよ(^^)

スポンサーリンク

 

生理前豆乳ダイエットで飲む時間帯はいつがいい?

生理前に毎日コップ1杯の豆乳を飲み続ける豆乳ダイエットですが、どのタイミングで飲むのが一番痩せやすくなるんでしょうか?

生理前の豆乳ダイエットは、できるだけ午前中に飲むのがおすすめです。

豆乳は脂肪分があるので、日が暮れてから飲むと消化しきれずに、脂肪として蓄えられてしまいます。

食べたものがエネルギーに変わりやすい午前中に豆乳を飲むと、脂肪分はエネルギーになり、豆乳の美味しいとこどりができます♪

また、豆乳は食前に飲んで、少しでもお腹を満たしてからご飯を食べるのがおすすめです。

おなかが空いて我慢できないときにご飯を食べたらついつい食べ過ぎちゃうけど、ちょっと何か入れておくと食欲も適度におさまりやすくなります。

朝ごはんの前に豆乳を飲んで、ライ麦食パンとほうれん草とハムを混ぜたスクランブルエッグみたいな朝ごはんで、1日のスタートを切ると元気に過ごせます(*^^*)

また、朝~昼に途中で小腹が空いてしまう人は、おやつ代わりに豆乳を飲むのもいいですね。

このときは、5~10分くらいかけてちびちび飲むとお腹が満たされやすくなります。

ホット豆乳にすると時間をかけて飲めるので、いつも早食いになってしまう人におすすめです。

生理前に豆乳を飲む時間帯は、朝や昼の食前、あるいは3時のおやつ代わりが消化にもいいです。

食事の前に飲んでドカ食いを防いだり、お菓子のカロリーをおさえたりできますからね(^o^)

 

生理前豆乳ダイエットは調整豆乳でも大丈夫?

生理前豆乳ダイエットをしようと思っても、無調整豆乳はどうも味が苦手で飲めないなんて人もいますよね。

そんなときは、調整豆乳でもダイエット効果があるのでしょうか?

無調整豆乳の原料が大豆と水だけなのに対して、調製豆乳は砂糖で甘味が加えられ、他にも味をおいしくするための添加物が入ってます。

とはいえ、無調整豆乳でもカロリーが低いわけではないので、大差はありません。

ただし、イソフラボンの含有量など、栄養面では無調整豆乳の方が上回っています。

とくに亜鉛は無調整豆乳にしか入ってないので、できれば無調整豆乳をとった方がお肌や髪がボロボロになりにくいし、貧血予防にもなります。

無調整豆乳は飲みにくいので、はちみつを入れて甘味を足すと飲みやすくなります。

市販のコーヒー、ストレートティーなどの紅茶を合わせると、ほのかな甘みと風味がしておいしくなります。

また、バナナと豆乳をミキサーにかけたり、果汁100%りんごジュースなどをちょっとだけ入れるのもおすすめです。

調製豆乳と無調整豆乳の成分の差はほとんど誤差みたいなものなので、あまり気にすることはありません。

亜鉛不足が気になる方は、飲み方を工夫して、無調整豆乳を飲んでみるのもいいですね。

最初は苦手でも、飲んでいるうちに慣れてくることもありますが、一番は無理せず続けるのが大切です。

スポンサーリンク

 

生理前豆乳ダイエットの方法まとめ

生理の1週間前から毎日コップ1杯の豆乳を飲むと、月経が終わったあとに痩せやすい体になります。

豆乳を飲むタイミングは、朝食や昼食前、あるいはおやつの代わりがおすすめです。

無調整豆乳が苦手なら飲みやすい調製豆乳でもかまわないので、あなたがやりやすい方法を試してくださいね(^^)

関連記事
生理前豆乳ダイエットの効果は?生理中や生理前以外も飲んでいいの?

スポンサーリンク