夏の海水浴はすっごく楽しいけれど、7月の海開きからお盆前の短い期間しか行けないのがすっごく悲しいですよね。

お盆の時期の海はクラゲがうじゃうじゃいて危ないからね、と親に言われたので、なんとなく言うことを聞いていた思い出があります。

でも、どうしてお盆になるとクラゲが大量発生するのか、クラゲはいつから出始めるのか、大人になってふと気になったので調べてみました(^^)

また、沖まで行かないで、砂浜に近い浅瀬で海水浴をするだけなら大丈夫なのかどうかも疑問に思ったので、それも確認してみました。

スポンサーリンク
  

お盆にクラゲが大量発生する理由は?

8月の半ばになり、お盆の時期が来るとクラゲが多くなってせっかくの海水浴も終わりを迎えてしまいます。

どうしてお盆にクラゲが大量に発生するのか、小さいころはわからなかったのですが、今その理由がわかりました。

クラゲは8月中旬になると急にふっと湧いてくるんじゃなくて、私たちが海水浴を楽しんでるシーズン中から海にはクラゲがたくさん潜んでいます。

 

でも、夏のはじめはまだ子供のクラゲなので、成長したクラゲのように針が強くなくて、人的被害が出ていないだけなんだそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

まだまだちっちゃい子どものクラゲはポリプ期と呼ばれて、海底にくっついてじっとしながら暮らしています。

海底にいるから、海面に浮かんできて人を刺すことはないし、たとえ刺したとしても小さすぎてわからない程度です。(ダニにかまれても痛くないのと同じなのかも)

 

でも、お盆になるとクラゲは子どもから大人になり、海面へと浮かんでくるから、お盆になると急にクラゲが大量発生したように見えます。

成人ならぬ、成クラゲすると触手も人を刺せるほど強くなるので、お盆に入ってから海に入るととても危険といわれています(+_+)

 

また、お盆には土用波という強い波が発生するのも、クラゲが私たちが海水浴する浅瀬に出てくる理由のひとつです。

ふだんは沖の方に浮かんでるクラゲですが、土用波の高波が成長したクラゲを沿岸まで運んでしまいます。

その証拠に、お盆を過ぎると土用波によって海岸に打ち上げられて死んでいるクラゲも多くみられます。

※死んでるクラゲでも、カツオノエボシやアンドンクラゲなど毒性のあるクラゲは毒が完全に消えてないことがあるので、ノータッチが基本です。コワいです。

スポンサーリンク

 

クラゲが海に出始める時期はいつごろから?

お盆ごろに大量に出てくるクラゲは、夏のいつごろから海に出始めるのかな?と誰もが一度は思ったはずです(笑)

先ほどもお話ししたとおり、クラゲは幼少期のポリプ期はずーっと海にとどまっているので、「1年中出ている」のが答えです。

大人になったクラゲが発生するのは基本的にはお盆の時期以降ですが、最近は海水の気温が高く、クラゲが活動しやすい環境になっています。

 

そのため7月の終わりや8月上旬にもクラゲが浮いてることがあるので、海水浴シーズンでも油断はしない方がいいとのことです(゚Д゚;)

とくに地元以外の海へ遊びに行くときは、その地域の海にはクラゲがいつ出るかをよく調べておいた方が安心です。

地球温暖化の影響がクラゲにまで現れてるとは…環境に気を遣わないと、海遊びもおちおちできませんね。

 

また、海の水温は10月ごろまで温かく、クラゲが生きやすい環境となっています。

サーフィンや釣りなどで9~10月にも海へ行く場合は、まだクラゲの危険性があるのを覚えておいてくださいね。

静岡県の白浜海岸などクラゲが少ない海もあるので、近場にクラゲの少ない海岸があればそこで海水浴を楽しむのがおすすめです。

 

海に出るクラゲは浅瀬にはいないの?

8月15日のお盆の付近はまだまだ暑いから、砂浜や浅瀬でちょっとチャプチャプ水遊びだけでもしたいですよね。

でも、先ほどお話ししたとおり、土用波がクラゲを沖合いから浅瀬まで運んでくるので、たとえ沿岸であっても油断はできません。

クラゲは気温が高いと成長が早くなるので、太陽がよく当たって水温が高い浅瀬はクラゲにとって住み心地のいい環境だそうです。

 

土用波の高波によって、沖合いから砂浜に打ち上げられた毒性のあるクラゲもいるので、浅瀬や砂浜にいても注意しないとキケンです。

ここでは、日本国内でよく見かけるクラゲ・危険なクラゲを紹介するので、もし海で遊ぶときは参考にしてくださいね。

画像も載せときますが、キノコと同じで素人がパッと見で種類を正しく判別できるものではないと思うので、なんとなくの特徴だけつかんでおいてくださいね。

カツオノエボシ

カツオノエボシはカツオブシみたいでおいしそうな名前とは裏腹に、毒性の高いクラゲなので、下手に刺されたら重症化する可能性があります。

画像のように青いごみ袋のような外観をしているので、たとえ砂浜であっても「ゴミ片付けなきゃ」と思って近寄るのはたいへん危険です。やめましょう。

海のゴミ拾いをしよう!と思うのはとてもすてきなことですが、ペットボトルなど明らかに人工物とわかるものだけを持ち帰ってくださいね。袋系には触らないようにしましょう。

カツオノエボシに刺されたらスズメバチのようにアナフィラキシーショックを起こして死亡した例もあるので、たとえ死骸であっても絶対に近寄らないでください。

ミズクラゲ

クラゲと聞いて私たちがイメージするのは、おそらくこのミズクラゲではないんでしょうかってくらいポピュラーなクラゲです。

ミズクラゲは姿が透明で海中では見つけにくいのですが、毒性が低く、刺されても比較的軽症ですみます。

ただ、肌の弱い人は重症化する場合もあるので、ラッシュガードなどで防御した方がいいのかなと思います。(もちろん完璧ではないでしょうが、着ないよりは軽傷ですむ可能性があります)

アンドンクラゲ

普通に海水浴をしててクラゲに刺されるとしたら、こいつかミズクラゲかってくらいよくいるクラゲです。

刺されたら電気を流されたような鋭い痛みがあって、とても痛いので嫌なクラゲですが、お盆過ぎによく見かける種類なので気をつけましょう。

直径が3センチ、触手が20センチとアンバランスな形をしていて、気づかないうちに接触していることもあるので、注意が必要です。

アンドンクラゲについては画像が見つからなかったので、ヤフーの画像検索を見てもらえばどんなクラゲか特徴がわかると思います。百聞は一見に如かず。

アンドンクラゲのYahoo!画像検索の結果

 

他にもアカクラゲやハブクラゲなどもいますが、アカクラゲはGWごろがピークで、ハブクラゲは沖縄にしかいないのでこちらでは省きます。

沖縄に海水浴へ行くときは、ハブクラゲ防止ネットがあって、万が一のときのためにライフセーバーのいる海水浴場で遊びましょう。

ただし、せっかくのハブクラゲ防止ネットのすぐ外側に絡みついてるハブクラゲもいるので、くれぐれもネットには近づかないでくださいね。

クラゲは土用波で運ばれて砂浜の近くの浅い海にもいるので、お盆の時期は注意しましょう。

スポンサーリンク

 

お盆にクラゲが出る理由や時期のまとめ

お盆にクラゲが出る理由は、もともと海底でじっとしていたちっちゃいポリプ期のクラゲが大人になり、海面に浮上したからです。

8月15日前後に成クラゲする個体が多いのと、大人になったクラゲが土用波に流されて浅瀬に来るため、お盆の時期には危険なクラゲが多くなります。

もしお盆にどうしても海へ行きたい場合は、砂浜で遊ぶかプールでガマンするのがよさそうですね(^^;)

お盆に海に入ってはいけない理由はクラゲ以外にもあるので、下の記事もあわせてご覧になってみてくださいね。

どうしてお盆に海に入ってはいけないの?クラゲ以外にもこんな理由があった!

スポンサーリンク