実家のお墓参りならいざ知らず、結婚して初めての義実家のお墓参りなどでは、持ち物や服装をちゃんとしてマナーがきちんとできていると思ってもらいたいですね。

また、意外に悩むのがお供え物は何にしようかな?なので、お盆におすすめのお供え物を知っておくと何かと便利です。

お盆のお墓参りの準備を万全にしておいて、ご先祖様にもご家族にも喜んでもらえるようにしましょう♪

スポンサーリンク
  

お盆にお墓参りへ行くときの持ち物は?

お盆にお墓参りに行くときの持ち物で、これだけは絶対忘れてはいけないものを紹介します。

  • お線香
  • マッチかライター
  • 仏花
  • お供え物
  • 数珠(人数分)
  • お掃除グッズ

【関連記事】
お盆のお墓参りに供える花の選び方にタブーはある?造花はいいの?

とはいえ、実家や義実家と合同でお墓参りをするときは、「何か持っていくものはありますか?」と尋ねた方がいいですね。

そうでなければお線香を山盛り持っていったり、お供え物が食べきれないほど増えたりする悲劇に見舞われるので…。

また、お掃除グッズの一覧も下にまとめたので、準備するときの参考にしてくださいね(^^)

  • ほうき
  • ちりとり
  • ゴミ袋
  • ぞうきんかスポンジ(乾拭き用も含めて2枚)
  • ペットボトルの水(500mlでOK)
  • 使い古しの歯ブラシ

もし、お墓にコケが生えている場合は、掃除用のたわしも持っていくといいですね。

掃除の手順は、まずほうきでお墓の周りの落ち葉などを掃き掃除します。

そしてぞうきんやスポンジで墓石を水ぶきしてから、使い古しの歯ブラシで戒名が彫ってあるところに挟まった砂などを取ります。

柄杓を使って水をかけるのもいいのですが、ペットボトルでチョロチョロと必要な分だけ出すのが楽です。

義実家と一緒のときは少し控えた方がいいのかもしれませんが、そうでなければおすすめです(^^)

水拭きのときは、洗剤を使ってしまうと墓石が壊れやすくなるので、絶対に使わないようにしましょう。

最後に乾拭きをしてから、お花を飾り、お供え物を供えます。

スポンサーリンク

 

お盆にお墓参りするときのお供え物はどう選ぶ?

お盆にお墓参りに行くときに墓前に置くお供え物は、亡くなった人が好きだったものなどがおすすめです。

ただし、お盆には殺生をしない風習があるので、いくら亡くなった人が好きでもお肉やお魚をお供えするのは避けましょう。

その他では、夏なので亡くなった人も喉が渇くので、喉をうるおすお酒やジュース、果物などをお供えすることもあります。

果物は切り分けたものでなく、丸ごとお供えするのが一番だといわれています。

個人的におすすめなのは、後で分けやすい焼き菓子の菓子折りです。

おまんじゅうなど、ちょっとした和菓子をお供えするのもお盆らしくておすすめです。

お供え物はお花と違ってその場に置きっぱなしにせず、持ち帰ってみんなで分け合って食べるのが一番です。

放置しているとカラスや動物などに荒らされて、果物の果汁が墓石に付いてしまって、取れないシミになってしまうこともあります。

また、腐って異臭を放ち、周りのお参り客に迷惑をかけてしまうはめにもなってしまいます。

ご先祖様に気持ちを伝えるためにお供え物を供えたあとは、お墓をキレイにするために持ち帰りましょう。

キレイなお墓を保つのもご先祖様への供養になるので、遠慮せずどんどん持ち帰ってくださいね(^^)

 

お盆のお墓参りにはどんな服装で行ったらいいの?

お盆のお墓参りに行くときの服装についてですが、こちらは亡くなってからどのくらい時間がたったかにもよります。

亡くなってから初めてのお盆にあたる初盆にお墓参りに行くときは、法要を一緒に行うこともあります。

服装は喪服か黒など落ち着いた色合いのフォーマルな格好がおすすめです。

どちらで行くかはその家の家風にもよるので、法要を一緒に行うご両親などに尋ねてみましょう。

ただし、法要を行わない通常のお墓参りの場合は、普段着でかまいません。

山の上など足場の悪いところにお墓がある場合などは、ロング丈のパンツにスニーカーくらいのカジュアルな服装でも大丈夫です。

原色の派手なアロハシャツや、ショーパンやオフショルなどの露出の多い服装など、周囲が眉をひそめてしまうものを着なければ、周りはさほど気にしないはずです。

暑い時期なのでついつい白のトップスを着てしまう気持ちはわかりますが、義実家のお墓参りなどでは紅白色などおめでたい色は避けた方が無難です。

薄いグレーなどのカットソーと黒のパンツのような組み合わせがおすすめですね。

家柄によってはGパンでもかまいませんが、結婚して初めてのお盆のときは黒のパンツのようなフォーマルっぽく見えるものがいいですね。

もし、お盆の集まりを一緒に行う場合は、お料理を出したりお手伝いができるように、変にかっちりしすぎない方がいいです。

また、アクセサリーも派手なもの、大きすぎるものを避けましょう。

スポンサーリンク

 

お盆のお墓参りの持ち物や服装まとめ

お盆にお墓参りに行くときは、お線香や数珠などを忘れずに行きましょう。

また、荷物がかさばりますが、お墓をきれいにするためのお掃除グッズも持っていくと、ご先祖様への供養の一環になります。

服装は家柄などで違いもありますが、初盆でなければカジュアルな格好でも大丈夫です。

スポンサーリンク