お墓参りに行ったときに供えたお花の後片付け、意外に悩みますね。

お寺でお花を管理してくれるところならまだしも、そうでない場所では、お花を放置するわけにはいかないのが悩みどころとなります(^^;)

枯れてないお花を持ち帰るのはOKなのか、また、どうやって処分したらいいのでしょうか?

あるいは、いっそお花なしでお線香だけを持って行ってもいいのか、いろいろと悩むところですね。

スポンサーリンク
  

お墓参りの花は持ち帰りしてもいいの?

お盆やお彼岸などでお墓参りに行くとき、お花の持ち帰りをしてもいいかどうかはそのお墓の方針や環境にもよります。

たとえば遠方のお墓参りだと、どうしても数日以内にお花を変えることができないので、その場合は持ち帰った方が故人もほかの親戚も喜ぶかと思います。

古くなったお花を管理する住職などがいない場合は、お花がしおれて腐っていく一方なので、持ち帰った方がお墓がきれいに保てますね。

お花を放置しておくと虫がわいたり、花粉などで墓石にシミを作ってしまったりするので、ご先祖様にとって住み心地の悪いお墓になってしまいます(>_<)

もし私がお墓の住民なら、「墓が汚れるからさっさと持って行ってくんないかなあ…ずーっと置かなくていいんだよ!」と立腹してるかもしれません(笑)

今はお花を処分するのにもお金がかかるので、持ち帰りを推奨している墓地もあるくらいです。(墓地の管理人も、環境問題につながるため勝手にたき火ができないので、お金を払って焼却場に持っていくしかありません)

お寺的にはお墓参りのお花を持ち帰るのは「アリ」なので、安心してどんどん持ち帰ってもバチは当たらないです。

また、カラスなどに荒らされて墓石を汚さないようにという理由で、お供えのお菓子や果物なども持ち帰ってかまわないことになっています。

「来た時よりもお墓をきれいに」を心がけて掃除などをすると考えたら、お花を枯らさないで持ち帰るのは亡くなった人も嬉しいのでは、と私は思います。

スポンサーリンク

 

お墓参りの花はどうやって処分したらいい?

買ったばかりの真新しいお花を処分するのは心苦しいのですが、ずっとお墓に放置して無残に腐らせてしまうよりはずっといいです。

お墓参りで供えたお花を処分するときは、燃えるゴミとして出すのが一番簡単な方法です。

お墓参りの仏花を燃えるゴミに捨ててはいけない、たき火で燃やすか土に埋めた方がいいという意見もあります。

でも、今のご時世では、たき火の煙はご近所トラブルに発展しやすくなります。

土に埋めるのも、自然がたくさんあって土に還しやすい田舎ならまだしも、庭が狭かったり、そもそも庭の部分がコンクリートで固められているような住宅街などではなかなか難しいですよね。

たき火が自由にできた時代に生まれて、自分の家の田んぼや畑がある親戚から見たら、燃えるゴミなんて!と思われるかもしれません。

でも、無理なもんは無理なので、新聞紙にくるんで燃えるゴミに出しましょう(。-∀-)

うるさい親戚がいる場合は、親戚に見えない場所でゴミに捨てて「土に埋めたよ」としれっとごまかしてしまうのもアリですね(笑)

お寺などで管理する人がいる場合でも、「燃えるゴミ代がかかるから花は持ち帰ってください」なんて貼り紙をしてるところもあります。

お寺の人ですら燃えるゴミに出しているんだから、私たちが燃えるゴミに出してはいけない理由はないはずだと思います。

お墓参りのお花やお供え物は「ご先祖様にお供えしたもののお下がり」なので、気持ちを伝えたあとはどうするのも自由です。

お菓子や果物などのお供え物は、土に埋めないでみんなで分け合って食べるのが一般的なので、お花も普通に処分してもかまいません。

大切なのは、生花のみずみずしいにおいをご先祖様に味わっていただくことなので、その後の処理については燃えるゴミで問題ありません。

 

お墓参りに線香だけを持参するのはアリ?

遠方に住んでて、お花を自宅まで持って帰るのが大変な場合もありますよね。

駅やコンビニのゴミ箱に捨てるのも迷惑だし、かといって車にずーっと置くのもお花を持って新幹線や夜行バスに乗るのも大変だから、お墓参り自体を躊躇しちゃいませんか?

お墓参りにお花を持っていかないで、線香やお供え物だけ持っていく方がはるかに楽ですが、それはマナーとしてはどうなのか気になりますね。

たしかに、ご先祖様はお花の香りを堪能するから、お花を持って行った方がいいかもしれません。

しかし、「お花どうしよう…」と憂鬱な気持ちのままでお墓参りに来られても、亡くなった人は喜ばないかもしれません。

お花の処分に困るくらいでしたら、お線香の香りだけ味わっていただいて、しっかり手を合わせるのも供養になるかと思います。

一番大事なのは、お墓参りに行ってしっかりと供養をしようという気持ちがあることです。

お花を用意できないからお墓参りに行くのやめよう、となるよりは、お花がなくてもお線香だけでも…と思って行く方がずーっと喜ばれるはずです(^^)

自分がお墓の住民なら…と考えて、行動してみるのもいいかもしれません(笑)

スポンサーリンク

 

お墓参りの花の持ち帰りや処分方法のまとめ

お墓参りのお供えと違って、お花はその場に置いておくイメージが強いです。

でも、ごみの費用がかかるので、最近では持ち帰り推奨しているお墓も多いので、安心して持ち帰って、燃えるゴミで処分しましょう。

どうしてもお花が荷物になってしまう場合はお線香を上げるだけでもいいので、供養の気持ちを大切にしてあげてくださいね。

関連記事
お盆のお墓参りに供える花の選び方にタブーはある?造花はいいの?

スポンサーリンク