台風対策で頭を抱えてしまうのが、窓ガラスの破片が飛んでしまってケガをしてしまうことですね。

どう対策したら窓ガラスが割れないのか、対策としてポピュラーなガムテープは本当に効果があるのか、安全にまつわることだから絶対知っておきたいところです。

ガムテープの粘着跡をどうやって消すかも知っておいて、どの方法が一番効率がいいかを選びましょう。

スポンサーリンク
  

台風の窓ガラス対策にはどんな方法があるの?

台風に備えて、窓ガラスが割れてケガをしないように対策をしておきたいですね。

雨戸があるところなら雨戸で対策をすればいいのですが、マンションなどで雨戸がない場合は、他の対策をしましょう。

まず大事なのが、ベランダや庭の物干し竿や鉢植え、自転車など、窓ガラスに当たると危険なものを室内に避難させることです。

台風が来て窓が割れる原因は、飛んできた物がガラスに当たってしまうのが多いためです。

強い風で飛んでくるのだから、その威力はふだんとは全然違うので注意しないといけません(>_<)

外から看板などが飛んできたりすることもあるので、被害を完全に防ぐことはできませんが、これだけでも窓ガラスが割れにくくなるはずです。

また、窓ガラス対策で一番手軽なのが、ガムテープを対角線に貼って、バッテンにすることです。

手軽に対策できるのがメリットですが、ガムテープの粘着面の跡がガラスについてしまうので、こちらも対策が必要ですが(;´∀`)※跡対策については後でゆっくりお話ししますね。

また、下のような飛散防止フィルムを使うのも、ケガの予防に役立ちます。

万が一物がぶつかってきたときでも、ガラスはくもの巣状にひび割れても破片が落ちずにすむ可能性があります。

台風に備えて窓ガラス対策をするときは、まず家の周りの物を徹底的に片づけることと、ガラスの飛散防止にガムテープやフィルムを貼るのが大切です。

物が飛んで行って周りの家の窓ガラスを割ってしまって、弁償問題になるのを防ぐ効果もあるので、前者の片づけはぜひ行ってくださいね。

 

台風に備えて窓ガラスにガムテープを貼るのは本当に効果がある?

台風対策に、窓ガラスにガムテープを貼り付ける方法を紹介しましたが、ガムテープで本当に効果があるのか疑問に思いますね。

ガムテープも飛散防止フィルムと同じように、万が一ガラスが割れても飛び散りにくい効果があります。

また、風圧で窓ガラスが部屋側にミシミシときしむのを防ぐ効果も、わずかですがあります。

スポンサーリンク

ちなみに、バッテンにくわえて、カーテンを閉め切って端っこをガムテープで固定するのもおすすめです。

飛び散ってもカーテンがガードしてくれて、さらに安心なのでぜひ試してみてください。

同じ要領で、レジャーシートを窓一面に貼るのも効果があるので、お気に入りのカーテンを傷つけたくない!ときには試してみてくださいね。

窓ガラスにガムテープを貼るとガラスが飛び散ってケガをするのを防ぐ効果があるので、台風対策には向いています。

とはいえ、ガラス全面を覆うフィルムの方が効果は強いので、お金と時間に余裕があれば飛散防止フィルムを貼り付けるのもおすすめです。

飛散防止フィルムを貼るとガラスを割って侵入する泥棒防止にもなるので、窓ガラスの破損防止と防犯になって一石二鳥です。

 

窓ガラスにガムテープを貼って跡がついたらどうする?

窓ガラスにガムテープを貼るときに悩ましいのが、テープ跡がついてしまうことです。

対策としては、紙テープでなく布テープを使うと比較的はがしやすいです。

もし紙テープを貼ってしまった場合は、マニキュアの除光液や食器洗い洗剤、シンナーなどを水で薄めたものをガムテープの跡に塗りつける方法があります。

30分から1時間ほど放置しておくと取れやすくなるので、放置時間を長めにとってみてくださいね。

跡が取れたら、新しいぞうきんやキッチンペーパーで窓を水拭きして、乾拭きしたら元通りの状態になっているはずです。

また、ガムテープがはがれない場合は、ドライヤーで温めるとはがれやすくなります。

ガムテープ以外の方法では、ホームセンターなどで買える養生テープがはがれやすいのでおすすめです。

ガムテープと比べて多少お値段が張るのが難点ですが、私のようにラクさを求めたい人に向いてます。

個人的に一番簡単なのは、ダンボールを窓にくっつけて、ダンボールの上からガムテープを貼る方法です。

ベタベタの被害に遭うのはダンボールだけなので、これが一番お手軽な方法じゃないかと私は思います( -∀-)

窓ガラスにガムテープ跡がついてしまったときの対策は、食器用洗剤や除光液などがあります。

その他にも、そもそもテープ跡をつけないようにする方法があるので、お好みの方法でガラス対策をしましょう。

アパートやマンションでもテープ跡をつけないようにできるので、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

台風の窓ガラス対策まとめ

台風で窓ガラスが割れないようにする対策は、ガムテープや飛散防止フィルムなどがあります。

おうちにあるもので手っ取り早く対策をしたいならガムテープで、お金と時間に余裕があればフィルムと使い分けるのがおすすめです。

また、ガムテープの跡対策は、洗剤などを使ったり、ダンボールの上からバッテンを作る方法などがあります。

やりやすい方法を実践して、台風が通り過ぎるまで無事に過ごせるよう備えましょう。

こちらの記事でより台風に備えましょう↓
台風での停電に何を備える?電気を使わない食事や暑さ対策は?

スポンサーリンク