敬老の日のプレゼントには、おじいちゃんおばあちゃんが食べ慣れている和菓子が定番ですが喜ばれます(*^^*)

でも、和菓子といっても、おまんじゅうとかお茶会で食べる練り切りとかの生菓子しか思いつかない…なんて方もいますよね。

ネットで有名なお店の和菓子を取り寄せるときでも大丈夫なように、日持ちのするような和菓子もご紹介します。

また、プレゼントなのだから、包装がしっかりしているかどうかも気になるところです。

スポンサーリンク
  

敬老の日にプレゼントする和菓子のおすすめは?

敬老の日に和菓子をプレゼントするときは、ユニークなものよりも高級な定番品をあげる方が喜ばれやすいです。

お年寄りの方は「こんなもの食べたことないわ」と新しいものを敬遠する傾向にあるので、ありきたりかな?と思っても、定番品の方がいいですね。

敬老の日は夏と秋の季節の切れ目にあるので、秋を感じさせる栗きんとんなどをプレゼントするのもいいですね。

保存がきくものですと、どら焼きやおせんべい、おかき、ようかんなどがおすすめです。

とくにどら焼きが好きなおじいちゃん、おばあちゃんも多いので、「毎日1個ずつ食べるのが楽しみ」なんていう方もいます。

おまんじゅうとかならお年寄りの方が自分で買うこともあるかもしれませんが、どら焼きは意外に「思いつかなかった。久しぶりに食べたわ」と喜んでもらいやすいです。

また、近場でその日にすぐにプレゼントできる場合は、地元のお店で上生菓子セットを贈るのもいいですね。

萩やうさぎなど、季節を感じさせる和菓子が入ってるので、「今年も秋が来たね~」と、季節の移ろいを感じながら楽しめます。

敬老の日に和菓子をプレゼントするときの定番は、上生菓子、どら焼き、おかきやおせんべいなどです。

その他にもきんつばやカステラなども日持ちするので、おすすめです(^o^)


スポンサーリンク

 

敬老の日の和菓子を老舗で買うときに、包装がきれいなギフトは?

敬老の日の和菓子は、歴史のある老舗のショップで買った方がおいしいし、おじいちゃんおばあちゃんも「おー○○かあ!」と上機嫌になります♪

プレゼントなのだから、できればきれいにラッピングされてるものが特別感があっていいな~と思いますね(・∀・)

とはいえ、お年寄りの世代には、華やかなラッピングよりもこざっぱりと清潔感のあるシンプルな包装の方が人気があるように思います。

例えば、下で紹介した「もち吉」のラッピングも決して派手ではないんですけど、シンプルで落ち着きがあるので目がチカチカしません。

もち吉のこちらの商品、敬老の日のプレゼントとしてはちょっと値段が安めですね。

でも、老夫婦ふたり暮らし、あるいはひとり暮らしの場合は、これでも多いくらいかもしれません。

年をとると食も細くなるので「いいものを少しだけ」がちょうどよくお腹がいっぱいになる人も多いです。

予算にばかり気を遣って量の多いものをプレゼントすることもあるかと思いますが、「こんなに食べられないわ…」と困らせてしまう場合もあります。

おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらうのが第一なので、包装だけでなく、量にも気を配るといいですね。

他には、こちらも有名ですが、文明堂のカステラです。

ただのカステラではなく、ほうじ茶がセットになっているので、いつものお茶じゃ味気ないな…とがっかりせずにすみます(^o^)

和菓子と一緒においしいお茶が入ってるギフトも近年人気が集まっているし、お茶なら余らせてしまうことがないので、おすすめです。

文明堂はネット販売でも包装が丁寧にされているし、この商品は金額がわからないようになっているので、直接おじいちゃんおばあちゃんのおうちにお届けすることもできます。

離れて暮らしていて、すぐにプレゼントを贈れないときにはすごくいいですね。

また、どら焼きならあわしま堂の極上どら焼きがおすすめです。

卵をふんだんに使っているので生地がしっとりとしていて、あんこもたっぷり入っていて、甘党にはたまらない一品でリピーターも多いです。

賞味期限は13日と少し短めなので、おじいちゃんおばあちゃんがひとり暮らしのときは、5個セットのものを贈るのがよさそうですね。

こちらもネットでよく見る簡易包装でなく、贈答を前提としたものなので、ラッピングもしっかりしています。

 

敬老の日のプレゼントに和菓子を贈るときのおすすめまとめ

敬老の日のプレゼントに和菓子というとなんだか難しく思えますが、どら焼きやカステラなど身近なお菓子も和菓子です。

上で紹介したもの以外にも「ギフト用」の商品を選ぶようにしたら、ラッピングがしっかりしていることも多いです。

おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらえるようなお菓子を選ぶときの参考になれば、何よりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク