敬老の日に大好きなおじいちゃん、おばあちゃんにメッセージカードを書こう!と思うその気持ち、とてもすてきなものですね。

あなたの素直な気持ちをそのまま書いても喜ばれると思いますが、それでも「どう書いたらいいのかな?」と悩みますね。

とくに、「敬老の日おめでとうございます」という書き出しは年齢を感じさせて、お年寄りが不愉快に思わないのでしょうか?

気になることを解消して、心のこもったメッセージを書けるといいですね。

スポンサーリンク
  

敬老の日のお祝いの言葉ってどう書いたらいいの?

敬老の日のギフトを買ったときについているメッセージカードには、「敬老の日おめでとうございます」と書いてあることがあります。

でも、敬老の日=老人と受け取ることもあるので、あまり敬老の日を強調しない方がいいのかな?と悩みますね。

そこで、「敬老の日おめでとうございます」以外のお祝いの言葉をいくつか並べました。

 

敬老の日のお祝いの言葉

・元気に敬老の日を迎えられてうれしく思います。
これからも健やかに長生きしてくださいね。

・おじいちゃん、おばあちゃん、いつもありがとう。
いつまでも元気でいてね。またお正月に遊びに行くね!

・今年も健やかに敬老の日を過ごせてうれしく思っています。
いつも私のことを気にかけてくれてありがとう。
優しいおじいちゃん、おばあちゃんで、とても幸せです。

いかがでしょうか?

日ごろお世話になっているお礼を伝えたり、体調を気遣ったりする言葉を入れるのも、おじいちゃんおばあちゃんを思う気持ちが伝わります。

定型的な「おめでとうございます」よりも、あなたらしさが伝わる文章になるのではと思います。

実の祖父母にメッセージを書くときは、近しい親戚なので、堅苦しくなるよりも少しくだけるくらいの方が親しみを感じられる文章になりますね。

 

敬老の日のメッセージにおめでとうと書くのはどうなの?

はたして、「敬老の日おめでとうございます」は文法としては間違いではないのでしょうか?

敬老の日の趣旨は、「ふだんの感謝を伝えるとともに、この日まで長生きできたよろこびを祝う」ことです。

おめでとうございますというのは決して悪い意味の言葉ではなく、元気にこの日を迎えられたことに対する喜びの言葉です。

スポンサーリンク

とはいえ、あなたが気になるようでしたら、上で紹介したように「おめでとうございます」ではなく、「元気に敬老の日を迎えられて~」と書くのが一番ですね。

または、「敬老の日おめでとうございます。いつも気にかけてくれてありがとうございます」のような、「おめでとう」の他に付け加えるのもアリですね。

「敬老の日おめでとうございます」の言葉はタブーではないので、もしギフトのメッセージカードにそう書いてあっても気にしなくてかまいません。

ただ、これだけでは味気ないかもしれないので、上で紹介したような相手を思いやる言葉を入れるといいですね。

 

敬老の日のメッセージで喜ばれる例文は?

敬老の日のメッセージでこう書いたら喜ばれる!というのはあるんでしょうか?

親しい親族に贈るのだから、形式ばった堅いものではなく、飾り気のない素直な気持ちが込められたものが受け取った側もうれしく思います。

 

例文1

おじいちゃん、おばあちゃん、お変わりなくお過ごしでしょうか。
今年も健やかに敬老の日を迎えられてうれしく思っています。

私は仕事も忙しいけれど、やりがいがあって充実した毎日を送っています。

おじいちゃんとおばあちゃんが好きなどら焼きを買ったので、二人で食べてね。
お正月にはまた顔を見せに行くから、これからも元気でいてください。

例文2

いつもお料理を持ってきてくれたり、気にかけてくれてありがとう。
栄養たっぷりでおいしいお料理のおかげで、私も元気に過ごせています。

これからどんどん寒くなってくるので、日ごろのお礼にひざ掛けを贈ります。
夜などは冷えるので、あたたかくして、体には気をつけて過ごしてくださいね。

例文3

なかなか会えないけれど、お元気でしょうか。
おじいちゃん、おばあちゃんの明るい笑顔にいつも励まされています。

敬老の日ということで、散歩が好きなふたりにピッタリな、おそろいのタオルを選びました。
私も頑張るので、これからも近くで見守っていてくださいね。

プレゼントについてメッセージカードに「どうしてこれを選んだのか」をひとこと添えてあげると、「私のためを思ってくれたんだ」と喜んでもらえます。

食べ物なら「以前食べておいしかったので」「○○へ旅行へ行ったお土産です」など。

品物なら「腰痛に悩んでると聞いたので、少しでも楽になればうれしいです」などと添えると、相手もうれしいですね。

スポンサーリンク

 

敬老の日に気持ちが伝わるメッセージ例文のまとめ

敬老の日に贈るメッセージの例文集では、3つのポイントを織り込みました。

  1. 相手側の体調を気遣う言葉を入れる
  2. 日ごろの感謝を告げる
  3. どうしてそのプレゼントを選んだのかを伝える

文章を書くのが苦手だったり、「敬老の日おめでとう」はどうも抵抗があっても、上の3つをおさえれば心に響くメッセージカードが書けますよ(^o^)

スポンサーリンク