秋になって、待ちに待った栗拾いのシーズンがやってきましたねー!!

ホックホクの焼き栗に栗ご飯に栗きんとんと、栗はおいしい料理がいっぱいですが、皮むきが面倒なのが玉にキズですよね…。

包丁だと危険だから栗の皮が剥けない!というあなたに、鬼皮と渋皮を簡単につるんと剥ける方法をご紹介します(・∀・)

また、むいた栗を2、3日後に料理に使いたい場合などに、保存方法も確認しておいしい栗を食べましょう♪

スポンサーリンク
  

栗の皮むきを簡単に包丁を使わないでできる方法は?

栗の皮のむき方で簡単にできて、包丁を使わない方法があったら知りたいですよね~!

固い栗の皮をきれいにむく方法では、圧力鍋や栗の皮むき器などの道具を使います。

「うちにはそんなもんない!」と憤慨された方、ご安心ください。私の家にもどちらもありません(笑)

なんと、食パンを焼くオーブントースターで栗の皮を簡単にむけちゃいます!

ちなみに電子レンジだと栗が破裂する可能性があるので、こちらはおすすめできません(´・ω・`)

最初に「包丁を使わないでできる栗の皮の簡単なむき方」と豪語しましたが、最初に少しだけお詫びいたします。

最初に栗の皮に切れ目を入れてから、オーブントースターに入れて5分ほど焼く方法なので、最初だけ少し頑張って切れ目を入れてくださいね。

栗の平らな面を下にして、包丁の持ち手側の柄の部分で切り込みを入れるようにぐっと押すと切り込みが入ります。

それからオーブントースターや魚焼きグリルに入れて、切り込みが割れて来たら出来上がりです。

焼き上がってからすぐにトースターから出すと栗がはじけることがあるので、電源を切ってから少し時間をおいて取り出します。

取り出すときは栗が熱くなっているので、鍋つかみや湿らせたふきんなどで栗を持って、やけどに気をつけて皮を剥いていきます。

スポンサーリンク

 

栗の渋皮のむき方で簡単にできるものは?

栗の渋皮は簡単に剥けないから、げんなりしちゃいますよね。

でも、上のようにオーブントースターで火を通す方法だと、外側の鬼皮と一緒に渋皮もスルンとむけるので、ぜひ試してみてくださいね(^^)

外皮むいてから渋皮を包丁で…なんてやってたら大好きな栗も嫌いになるくらいめんどくさいから、この方法は画期的ですね。

ゆでてから鬼皮を簡単に剥く方法もあるんですけど、それだと渋皮が残ってしまうから、包丁で剥かないといけないのでめんどくさいです。

なので、できればオーブントースターや魚焼きグリルで焼くのがおすすめです。

栗は加熱しすぎると破裂する危険があるので、付きっ切りで監視する必要はありますが…。

切り込みを入れるのも、あとで栗を剥きやすくするだけではなく、破裂を防ぐ効果があるからです。

もしあれば、鉄製のフライパンや七輪(一般のご家庭にはないですよね)で焼くと、安全に焼けます。

栗の渋皮をつるんと皮むきするには、火を通して焼いて鬼皮と一緒に剥くのが一番簡単なので、安全には十分に気をつけてむいてしまいましょう。

ちなみに栗を手に入れたら、すぐに一晩ほど水につけておくのも大事な手順です。

中身が傷んでいたり、虫が食ってしまったりして中身がスカスカな栗が水より軽くなっているので、水に浮いてきます。

スーパーで買った栗なら大丈夫でしょうが、栗拾いなどで拾ってきた栗は要注意です。

 

栗を剥いた後の保存方法はどうしたらいいの?

栗を剥いたけれど、一度にたくさんは食べられないから保存しておきたいとき、どうしたらいいか悩んじゃいますね。

むき栗はそのまま保存するとパサパサになってしまうので、水を入れたボウルに入れて、ラップをして冷蔵庫に入れて保存した方がいいです。

常温で保存することもできますが、甘くておいしい栗は虫さんの大好物なので、冷蔵保存を強くおすすめします。

水を入れたボウルに栗を入れて、水を毎日変えて保存する方法は簡単ですが、2、3日ほどが限界です。

それ以上保存したい場合は、皮むきした栗を80℃ほどのお湯で少し火を通してから冷蔵庫に入れて保存すると、1週間ほどはもちます。

火を通しておくと雑菌がつきにくいので、少し長持ちします。

あるいは、水分をしっかり拭き取った栗をラップやジップロックのフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫で保存する方法もあります。

少し水気を残して砂糖を全体にまぶすようにすると、冷凍してもパサつかないのでおすすめです(^o^)

冷凍庫で保管する場合は半年ほどもつようですが、できるだけ早めに食べた方が風味が落ちません。

栗を剥いた後は、2、3日以内に調理するなら水を張ったボウルやタッパーに入れて冷蔵保存、それ以上なら冷凍保存と使い分けるのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

栗の簡単なむき方のまとめ

栗の渋皮までつるんと簡単にむいてしまう方法は、ゆでてしまうよりも焼いてしまう方がおすすめです。

破裂には気をつける必要があるのですが、栗の皮の切れ込みが割れる程度で火を止めて、少し置いてから取り出せば安全です。

簡単な皮むきの方法を知って、おいしい栗料理をたくさん作りましょう♪

むいた栗で栗ごはんを作ってみるならこちらの記事も参考になるかと思います♪

栗ご飯に入れるもち米の割合は?炊飯器のモードと水の量はどうする?

スポンサーリンク