暑い夏、急に下痢や腹痛が起きてしまうと冷や汗もかくし、一刻も早く治したいですね。

夏に起こる下痢や腹痛に効果的な治し方を知って、つらい症状を少しでも軽くしましょう。

今年の夏は続く下痢に悩まされた私の失敗談もあるので、「これさえしなければ回復するんだな」の参考になれば何よりです(笑)

スポンサーリンク
  

夏に下痢や腹痛が続くときにやるべきこと

夏になって急に下痢や腹痛が起きたりすると、仕事や家事もしんどいし、プライベートも楽しめなくてつらいですね。

夏場の下痢の原因はいろいろありますが、ますは冷たいもののとりすぎが原因として考えられます。

実際、私も夏にそうめんを食べたり冷たいコーヒーを飲んだりしていたら、下痢が数日続きました…(+_+)

冷たいもののとりすぎは胃腸が正常に動かなくなって下痢になるのですが、暑い夏ですからなかなか難しいですよね。

無理に温かいものを飲んでも汗が噴き出てクーラーや扇風機のお世話になるだけなので、麦茶などはせめて常温で飲みましょう。

それよりも、毎回の食事に気を遣った方がいいですね。

そうめんを自分の分だけにゅうめんにするとか、おなかを下しやすい揚げ物はやめるとか、胃腸を大切にしてあげましょう。

食欲がないときは無理に普通の食事を食べないで、おじややうどんなど消化のいいものを食べましょう。

何も食べないで胃腸を休めるのもアリですが、このときは塩分が足りなくなるので、ポカリや塩飴などをとりましょう。

おいしいそうめんが食べられないのは苦痛ですが、下痢しているとき~下痢が治ってから数日間は控えた方が治りが早いです。

私は下痢がおさまったかな?と思って油断して大好きなコーヒーや冷たい麦茶を飲んだら、下痢が再発してしまいました…。

なので、下痢が治ってから数日間も油断しないで、冷たいものを控えた方が完全に治ります。

スポンサーリンク

 

下痢や腹痛が続くのを治す簡単な方法は?

夏の下痢は冷たいもので腸が冷えることでも起こりますが、エアコンなどで体が冷えるのも原因になります。

エアコンを使っていなくても、扇風機で汗が蒸発するときに体の熱が奪われ、体の表面の体温ががくっと下がります。

脂肪が少なくて筋肉が多い部分では、汗で冷えてもすぐに筋肉が熱を出して体温を保ってくれます。

でも、おなかなど脂肪が多い場所では熱が逃げていく一方なので、触るとひんやりしていることがあります。

そういえば、下痢をしてるときはたいていお腹が冷えているときだったような気がするので、お腹を温めた方が治りやすいです。

おなかがひんやりしていると腸も冷えてぜん動運動が悪くなるので、おなかに手を当てて温めましょう。

意外に手って体温が高いので、しばらく当ててるといつの間にか嫌なひんやり感はなくなります。

手もなんだかひんやりしてて気持ちがいいし、おなかは温まるし、一石二鳥です(笑)

寝っ転がりながらおなかを温めるだけでも効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。

また、おなかだけでなく、ふくらはぎの冷えにも注意してくださいね。

第二の心臓ともいわれているふくらはぎが冷えると、おなか周りの血管を循環する血液も冷えてしまいます。

下痢や腹痛がつらいのを簡単におさえる方法は、お腹やふくらはぎなど体の冷えているところを温めるのが大切です。

 

夏の下痢のときは薬は飲むべき?飲まない方がいい?

下痢のときって、薬を飲むか飲まないか悩んじゃいますよね。

胃腸風邪のときはウイルスを体内から出し切るために下痢が出るので、下痢止めの薬を飲むと逆に治りが遅くなります。

では、夏の冷えによる下痢のときは、薬は飲んだ方がいいのか、飲まない方がいいのか、どちらでしょうか。

夏の下痢は冷えか暑さで自律神経が乱れるのが原因で起こるので、薬を飲んでも治りが遅くなることはありません。

むしろ、薬を飲まないで一日に何度もトイレに駆け込んで体力を奪われる方が、かえって治りにくくなります。

お仕事のある日、人と会う日などには薬を飲んで症状をおさえて、何気ない顔で過ごしましょう(笑)

下痢のときは胃腸薬だと下痢止めの効果がないことがあるので、専用の下痢止めを買った方がいいです。

ストッパやビオフェルミンなどの薬が下痢に効くので、おうちになければ購入をおすすめします。

ただし、夏風邪による下痢の可能性もあるので、一概に薬を飲んだ方がいいとはいえません。

発熱やのどの痛みがあれば単なる下痢でなく夏風邪の可能性もあるので、内科を受診した方が望ましいです。

夏の下痢はウイルス性の下痢とは違うので、薬を飲んでも治りが遅くなることはありません。

ただし、夏風邪など違う原因がみられるときもあるので、見極めには注意が必要です。

スポンサーリンク

 

夏の下痢の原因や治し方のまとめ

暑い時に下痢になってしまう原因は、冷たいもののとりすぎやクーラーなどでの冷えです。

対策は体を温めたり、どうしてもつらいときは薬に頼ったりする方法があります。

家にいるときはなるべく横になるようにすると症状がやわらぐので、安静にして過ごしてくださいね。

スポンサーリンク