結婚して配偶者の祖父母が亡くなった場合、喪中はがきの差出人名や続柄をどうするべきか悩みますね。

夫婦連名で出すのか、「義祖父」「義祖母」という呼称を使ってもよいのか、めったにないことなので判断に困るところです。

この場合の正しいマナーはどうなのか、世間一般的にはどうしたらスムーズなのでしょうか?

スポンサーリンク
  

喪中はがきを出すとき、配偶者の祖父母の場合はどうする?

配偶者の祖父母が亡くなった場合、自分の親戚や友達への喪中はがきの出し方について悩んでしまいますね。

差出人を夫婦連名にするか、配偶者の祖父母の続柄をどうするべきか悩むポイントはたくさんあります。

でも、配偶者の祖父母の場合は必ずしも喪中はがきを出す必要はありません。

喪中はがきを出すかどうかの基準は二つあり、一つ目が一親等・二親等の親族が亡くなった場合に喪中にする考え方です。

一親等が親で、二親等が祖父母・兄弟で、配偶者はゼロ親等なので、配偶者の祖父母はあなたから見て二親等となります。

一親等・二親等の親族が亡くなった場合に出すと考えれば、配偶者の祖父母の場合は喪中はがきを出すべきとなります。

でも、そもそも喪中はがきは「身内を亡くした悲しみが深く、新年を喜べる状態にありません」と相手に伝えるためのものとされています。

配偶者の祖父母にお世話になっていて、亡くなったショックが大きければ喪中はがきを出すし、あまり接点がなければ出さなくてよいという考え方です。

個人的には自分・配偶者の親族には喪中はがきを、友人や会社関係には普通に年賀状を出すのが双方にとって円滑に進むのではと思います。

悲しみが深ければもちろん全員に喪中はがきを送るのもかまいません。

逆の場合は、親族関係は口うるさい人もいるので、不幸があったら自分側の親戚にも喪中はがきを送った方が無難ですね。

スポンサーリンク

 

喪中はがきの差出人は夫婦連名?配偶者の名前だけにする?

喪中はがきを作るときに悩んでしまうのが、差出人名を夫婦連名にするかどうかですね。

配偶者の祖父母だから配偶者の名前だけで出すのが正しいマナーだとしたら、自分の親戚や友達が「誰?この人」となっちゃいますよね…。

喪中はがきの差出人名は「誰?」とならないように、いつも夫婦連名で出している場合は夫婦連名で出しましょう。

でも、自分の友達や恩師などに差し出す場合で、いつもは配偶者の名前を書かないときは、あなたのお名前だけでかまいません。

先ほどもお話ししたとおり、喪中はがきは「今は悲しみに明け暮れており、新年を慶ぶ挨拶はご遠慮させていただきます」と相手側に告げるためのものです。

毎年年賀状のやりとりをしている人が急に年賀状をよこさなくなって、「私嫌われた!?」と動揺しちゃうのを防ぐために喪中はがきを出します。

喪中はがきは「誰が亡くなった」ことを伝えるのではなくて、「ああ、今年は○○さんから年賀状来ないんだな」と知らせるためにあります。

「喪中でなければ年賀状をお出ししたかった」と伝えるのに、ふだんかかわりのない配偶者の名前だけでは先方が「?」となってしまいます。

ふだんは花子さんと交流のある人が、太郎さんの名前で喪中はがきを受け取ったら「誰やねん」と困っちゃいますよね(^^;)

そのため、喪中はがきの差出人名は夫婦連名、あるいは妻の友人なら妻の名前だけを記載するのがスマートです。

 

配偶者の祖父母の続柄は私から見てどうなるの?

喪中はがきの続柄の書き方って、意外に悩むものですね。

配偶者の祖父母だから「義祖母」とか書かなきゃいけないの?など疑問が出てしまいますね。

亡くなった人との続柄は、夫婦連名で出す場合は夫の側から見た続柄を書きます。

もし夫の祖母が亡くなったとしたら「祖母」、妻の祖母なら「義祖母」「(妻の名前)の祖母」と書くのが一番わかりやすいかと思います。

でも、「義祖母」は他人行儀…と考える方もいるので、「(妻の名前)の祖母」と書いた方が個人的には違和感がないです。

私が実際にいただく喪中はがきにも、「義理」という言葉が使われているのはあまり見たことがありません。

例えば、私の個人的な友人の年賀花子さんの義理の祖母「郵便セツ子さん」が亡くなった場合、「祖母 郵便セツ子が永眠いたしました 年賀花子」の形で届くことが多いです。

喪中はがきで一番重要なのは「亡くなった人との続柄」ではなく、「年賀状を欠礼する連絡」です。

正直、郵便セツ子さんが年賀花子さんの実の祖母か義理の祖母かは、友人の立場ではそれほど気にしたことはありません(^_^;)

配偶者の祖父母の続柄は「義祖母」「(配偶者の名前)の祖父母」と書くのが一般的です。

夫婦連名で出す場合は夫から見た続柄で出すので、夫の祖父母なら「祖父」「祖母」と書きましょう。

スポンサーリンク

 

喪中はがきを出すとき、配偶者の祖父母が亡くなったときの差出人と続柄のまとめ

独身のころなら「祖母 ○○が永眠いたしました」と書けば済む喪中はがきも、結婚したら書き方に悩んでしまうものです。

「悲しみが深く、年賀状は失礼いたします」という目的さえ伝えられればよいことを頭に入れて、喪中はがきを作るとスムーズにいくかと思います。

めったにないことなのでわからないことも多いでしょうが、ひとつひとつクリアしていきましょうね。

スポンサーリンク