年末に大切な身内が亡くなってしまったら、悲しみに明け暮れる暇もなくあれこれとやるべきことが出てしまいますね。

喪中はがきもそのひとつですが、もし12月の中旬より後に亡くなった場合は、喪中はがきは出すか出さないか判断に困るところです。

年賀状を出さない代わりに新年の挨拶をどうしたらいいのか、また、亡くなった人宛に年賀状が来てしまった場合はどう返信したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク
  

年末に不幸があったときは喪中はがきを出す?出さない?

喪中はがきを送るか送らないかで迷うのは、年末に亡くなった場合ですね。

年末に不幸があったときは喪中はがきを出した方がいいのか、それとも出さない方がいいのでしょうか?

喪中はがきは遅くとも12月の中旬、具体的には15日までに出すのが一般的です。

でも、12月の15日以降に亡くなってしまった場合は、相手が年賀状を投函してしまってるかもしれません。

その場合は、喪中はがきを出しても相手が「え!?年賀状出しちゃったよ!どうしよう…」と動揺してしまいます。

実際、私も12月の下旬に喪中はがきもらってビビったことありますからね…(^^;)

喪中はがきを送る目的は、誰々が亡くなったと知らせるものではないので、送るのは義務ではありません。

「喪中のために新年の挨拶を控えさせていただきます(=だから年賀状届いてなくても驚かないでね)」とお伝えするためのものです。

そのため、年賀状を投函してしまった後に不幸があった場合でも、基本的にはそのままでかまいません。

12月中旬以降に亡くなった場合は、無理に喪中はがきを出す必要はありません。

年賀状を投函した後に喪中はがきが届いたときの相手方の「えっ!?しまった!」という心情を一番に考えると、やはり出さない方がいいな…と思います(^^;)

スポンサーリンク

 

年末に不幸があったときは年始の挨拶をどうしたらいい?

では、年末に不幸があった場合は新年の挨拶をどのようにしたらいいんでしょうか?

年賀状を受け取ったのになにも音沙汰なしというのは相手が「もう年賀状出すのやめたのかな?」と不安に思ってしまいますよね…。

喪中だけど喪中はがきを出せなかった場合は、1月8日以降に「寒中見舞い」を投函するのがマナーです。

寒中見舞いには、下のような文例で「実は喪中だったので年賀状を出せなかった」と書くと、相手側も事情を理解してくれます。

 

喪中はがきの代わりに寒中見舞いを出すときの文例

寒中お見舞い申し上げます
ご丁寧なお年賀状をいただき、誠にありがとうございます
実は昨年十二月二十日に父 年賀太郎が永眠したため 年始の挨拶を控えさせていただきました
欠礼のお知らせを差し上げるのが遅くなり大変失礼いたしました
本年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします
平成二十九年一月 年賀花子

年末に亡くなった場合は、喪中でも出せる寒中見舞いで喪中をお知らせすると相手方も「だから年賀状来なかったのね」と納得できます。

個人的には、12月に亡くなった場合は亡くなった日付を書いておくといいと思っています。

日付がわかると喪中はがきを差し上げられなかった理由がはっきりするのですが、日付を書きたくない場合は無理に書かなくてもかまいません。

 

喪中のときに故人に年賀状を受け取ったらどう対応する?

もし、喪中はがきを出してない人から故人宛に年賀状をいただいたらどうしたらいいんでしょうか?

こちらも寒中見舞いで亡くなったこと、お知らせが遅れたことに対するお詫びを告げるとよいですね。

故人の知人友人であなたとは親交のない方でしたら、亡くなった報告と生前の親交のお礼にとどめる文面でかまいません。

 

寒中見舞いで故人が亡くなったことを知らせるときの文例

寒中お見舞い申し上げます
このたびは父にご丁寧な年始状をいただき誠にありがとうございます
実は昨年十二月二十日に父 年賀太郎は他界しました
本来でしたら旧年中にお知らせすべきところを行き届かずに大変失礼いたしました
生前に賜りましたご厚情に感謝するとともに○○様のご健勝をお祈りしております
寒さが厳しい時期ですので 風邪などひかずご自愛ください
平成二十九年一月 長女 年賀花子

相手方に亡くなったことを伝えないままだと、これからも数年にわたって年賀状を送られることがあります。

それでは先方に失礼だし、何よりも残されたあなたたちが亡くなった人の名前を見て胸を痛めるかもしれません。

寒中見舞いをしたためて出してあげた方が、お互いのためにもよっぽどいいですね。

スポンサーリンク

 

年末に亡くなった場合の喪中ハガキについてのまとめ

年末に亡くなってしまって、もう喪中ハガキを差し上げる時期をとうに過ぎてしまった場合は、寒中見舞いをしたためるといいですね。

亡くなったことを知らなかった人・もう既に年賀状を出してしまった人から年賀状が来た場合も、寒中見舞いできちんと報告をしておきましょう。

1月7日までは「松の内」といって、それまでは年賀状を出す時期と定められているので、寒中見舞いは7日を過ぎてから投函しましょう。

スポンサーリンク