喪中はがきをいただいたときは、相手方に返信をするべきか、それともしなくてもいいのでしょうか?

もし返事をするのなら、仲の良い友達には電話やメールで済ませてもいいのか、マナー的にはどうなのか気になりますね。

友達に喪中はがきをもらったときの返信の例文を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  

喪中はがきへの返信は必要?

喪中はがきを受け取ったときは、返信をした方がいいのでしょうか?

私は喪中はがきをいただいても、いつも返信をしていませんでした(;^ω^)

でも、先日友達に「私は返信してるよ」と言われ、どちらが正しいのか気になってしまいました。

調べてみたところ、喪中はがきには返信をしなくてもマナー違反ではありませんでした。

喪中はがきを送る目的は、「今年は不幸があったため、新年の挨拶(年賀状)は遠慮させていただきます」と報告するためです。

返信を求めるために送るものではないので、喪中はがきを受け取ってもとくに返信をする必要はありません。

でも、親しい友人などだと「大変だったね、大丈夫?」と声をかけたくなることもありますね。

ふだんから連絡を取り合っているような友人なら、電話やメールなどで連絡するといいかもしれません。

それほど親しくない知人にはとくに送る必要はありませんが、一般的には「喪中見舞い」や「寒中見舞い」で返信をします。

喪中見舞いは年内に届くように送るもので、寒中見舞いは年が明けてから(具体的には1月7日を過ぎてから)送るはがきです。

とはいえ、喪中はがきへの返信は必ずしも必要ではないので、返事を送りたい人だけに送る感じで大丈夫です(^^)

ずっと疎遠で年賀状だけの関係な人には無理に返事をする必要はないとのことなので、あまり固く考える必要はありません。

とくに仲のよい友人、お世話になっている人だけにはハガキやメールなどを送るといいですね。

スポンサーリンク

 

喪中はがきへの返信をメールで済ませるのはアリ?

先ほど、「親しい友人なら電話やメールなどで連絡するのもアリ」と言いましたが、喪中はがきの返信をメールで済ませるのはマナー的にはどうなんでしょうか?

お世話になっている目上の人や会社関係などは、喪中見舞いや寒中見舞いでハガキで返事した方が無難です。

喪中はがきの返事は年賀状と同じで、友達にはあけおめメールやLINEを送るけど、目上の人には年賀はがきと使い分けるような感覚です。

もし、相手方からメールやLINE、またはTwitterやインスタなどSNSから届いた場合は、メールやSNSから返信するのはアリです。

相手がはがきで送ってきたならはがき、メールで来たならメールと使い分ける方法もあります。

友達相手ならメールでも気持ち的には問題ありませんが、目上の方や会社関係などの人は「メールは常識がない」と思う可能性があります。

喪中はがきへの返信をメールで済ませていいのかどうかは、あなたと相手の関係によります。

私の場合は、長年の付き合いの友人ならLINEでひとこと「大丈夫?」と送るけれど、知人などには返信をしていません。

気軽に連絡できるような間柄ならメールやLINEで連絡をしてもいい、と私は思っています。

 

喪中葉書への返信の文例を紹介 友人には何を書いたらいいの?

喪中はがきの返信を友人に送る場合は、ビジネス関係ほどかしこまる必要はありません。

その点は気楽さがあるのですが、友人だからといって何を書いてもいいわけではありません。

まず大事なのが「相手を思いやる言葉」です。

お友達は身内を亡くして悲しみに明け暮れて大変な中、あなたに連絡してきたので、その思いやりに応えるのがやさしさだと私は思います。

具体的には「連絡してくれてありがとう。大変でしたね」というような言葉です。

では、以下で喪中はがきへの返信の例文を紹介します。

喪中はがきへの返信をメールで送るなら?

大変なときに連絡してくれてありがとう。
○○はいつも私の前では明るくいてくれたので、そんなことになってたなんて全然知らなくて驚きました。
××様のご冥福をお祈りいたします。
今が一番悲しいときだと思うけれど、体にだけは気をつけて過ごしてね。

このときに気をつけてほしいのが、「元気出してね!」など励ます言葉をかけることです。

私なら身内を亡くして悲しんでるときに「元気出してね!」と言われても、「無理だよ…」と思ってしまいます。

人が亡くなったときは、その人の悲しみに寄り添うようにして「体には気をつけて」などを言うと、相手もほっとするのではと思います。

また、「落ち着いたらごはん食べに行きましょう」などと誘うのも考え物です。

喪中はがきを受け取ったことに対する返事は、返事をするだけにとどめておくのが鉄則だからです。

「大変だったね、それは置いといて、いつかごはん食べに行こう!」というニュアンスになってしまい、故人をしのぶ気持ちが薄れてしまいます。

ごはんに誘いたい場合は、亡くなってからある程度時間が過ぎてから改めて誘った方がいいですね。

相手を気遣う・余計なことを書かない考え方は、友人関係でなくビジネス関係でも同じです。

くだけた言葉をきちんとした言葉に変えれば、上の構成はそのまま目上の人向けのお返事にも使えます。

スポンサーリンク

 

喪中はがきへの返信の文例などのまとめ

喪中はがきを受け取った場合はとくに返信をする必要はありませんが、もし返信をする場合ははがきやメールで返しましょう。

友達相手だからといって好き勝手書くのではなく、相手の立場を思いやった文章が書けるといいですね。

「元気出してね!」など絶対に書いてはいけない言葉もあるので、そこだけ少し気をつけてくださいね。

スポンサーリンク