京都で人気な紅葉スポットのひとつが、嵯峨嵐山ですね。

日帰りで嵐山に行く場合はどんなルートで回った方がいいのか、見ごたえのある名所はどこなのかを紹介します。

見どころがいっぱいある嵐山の紅葉のコースに悩んでしまったときは、ここで紹介したルートを参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  

嵐山の紅葉を日帰りで観光するときに効率よく回る方法は?

嵐山の紅葉スポットはたくさんあるので、日帰りで行く場合はある程度絞っていく必要があります。

京都嵐山は紅葉の時期は混雑するので、JRの嵯峨嵐山駅に着いた時点で帰りの電車のキップを買っておいた方がスムーズです。

(車で嵐山に来るとひどく混んでしまうので、パークアンドライドを使った方が結果的には早く移動できます)

バスを使う手もありますが、行ける場合はなるべく電車を使った方が時間に遅れることなく移動できます。

紅葉の時期は混んでいるので、食事はお店を予約するか、簡単なものの食べ歩きがいいかな~と思います。

ちなみに、嵐山の名物にはトロッコ列車での保津川下りもあります。

トロッコの駅にはお土産屋さんもあって、トロッコ限定の生八つ橋もあるので話題作りにいいですね。

トロッコ列車は往復すると時間がかかってしまうのですが、ゴトンゴトンと揺られてのんびり観光するのも楽しいですね。

嵐山トロッコの予約方法についてはこちら↓
嵐山トロッコは紅葉の時期は予約必要?予約方法は?片道往復どっちがいい?

最後は嵐山駅を降りてすぐに見える渡月橋の近くでお土産を買って、電車に戻るのがおすすめですね。

渡月橋から見える色づいた嵐山や紅葉のコントラストがなんとも美しいので、ついつい目を離せなくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

京都嵐山の紅葉の名所で絶対おさえておきたい場所は?

京都嵐山には名所がたくさんあるのですが、とくにおさえておきたいのが宝厳院です。

赤く色づいた紅葉がとてもキレイで、思わず写真をパシャパシャ撮ってSNSにアップしたくなるようなスポットです(*^^*)

宝厳院は天龍寺にも近いので、一気に名所を2つ見て回れるので、時間のない日帰り旅行にはうってつけですね。

天龍寺も嵐山の紅葉の見どころスポットで、見栄えのある鮮やかな紅葉が見られます。

紅葉でところどころ色づいた嵐山をバック(借景)につくられた整然とした美しい庭園は、ふだんの忙しさを落ち着かせてくれます。

それから、大覚寺というお寺も大きな池に映る紅葉が美しくて、おまけにカモが泳いでるのも見られる楽しい観光スポットです。

お寺も風格があって日本の和の雰囲気を味わえるので、ゆったり優雅に散歩ができます。

また、宝筐院という場所も見どころなのでぜひおさえておきたいですね。

紅葉の季節でも他のスポットよりは混雑がやわらいでいることがあるので、ゆったり観光するのにピッタリです。

自然の中の公園を散策するという感じなのですが、両サイドに茂る紅葉に覆われていて、上を仰いでも紅葉に包まれている感じです。

とても写真映えする場所なので、ガンガン写真を撮って思い出に残して、後で美しい風景を見返すのも楽しいな~と思います。

 

京都嵐山の紅葉はどんなルートで回ったらいい?

京都嵐山の紅葉を見て回るときに、こんなルートがいいんじゃないかな?というのを紹介します。

まずは渡月橋を渡って、亀山公園の展望台へ上がってトロッコ列車と紅葉の眺めを堪能してリフレッシュしましょう。

運がよければ保津川下りの船が見えることもあります。

その後の移動は竹林の道を渡っていきたいところですが、竹林の道は非常に混んでいるので、大河内山荘方面から回って観光すると比較的ラクに行けます。

それから大覚寺、嵯峨釈迦堂、宝筐院、二尊院などを周り、いろいろな場所の紅葉を堪能するのも楽しいですね。

時間があれば、少し離れた場所にある祇王寺などに行くルートもいいですね。

最後は天龍寺→宝厳院→渡月橋でお土産購入というコースで回れば、途中でお土産が重くて歩くのが大変…ということがなくなります。

おみやげを買うことも考えたら、天龍寺などを最後に回してスムーズに移動できるようにしたらいいかな?と思います。

途中でお食事処やカフェを見つけたら一休みして、ゆったりした散策を楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

京都嵐山の紅葉スポットとコースのまとめ

嵐山の紅葉スポットはたくさんあるのですが、たくさんの人が観光しているコースを選んでみました。

徒歩でも回りやすいルートなので、道が混んでいても気にせず観光できるのがうれしいですね。

嵐山観光と一緒に清水寺も見に行く場合はこちら↓
清水寺紅葉ライトアップの混雑や見頃は?京都駅への帰りの交通手段のおすすめ

スポンサーリンク