ひな祭りには女の子、端午の節句には男の子の初節句がありますね。

両親に兜など高価なお祝いをもらったら、何かお返しをした方がいいのかな?と悩みますね。

もし初節句のお返しをするのなら、お返しの相場や両親にはどんなものが喜ばれるのかをぜひ確認しておきましょう。

スポンサーリンク
  

初節句の内祝いは両親には必要なのか?

初節句の内祝いは両親に贈るべきかどうか悩んじゃいますよね。

初節句のお祝いのお返しは必要と厳密に決められているわけではないのですが、内祝いをした方が両親には喜ばれます。

ただし、絶対必要!というわけでないので、作法なども厳格に決まってるわけではありません。

ちょっといいレストランでお食事会をしたり(内祝いでなく初節句当日にしてもいいですね)、子どもの写真を送ったりさまざまなことができます。

選択肢が広すぎて悩んでしまうのですが、初節句の内祝いは自由度が高いのであなたたちの好きなようにするのが一番です(^^)

個人的には、赤ちゃんを連れていける個室の料亭で両親・義両親を交えて食事会をするのが一番楽だと思います。

おじいちゃん、おばあちゃんは孫の顔を見られるのがうれしいので、食事会でなくても自宅に招待したり、実家に訪問したりすると喜ばれます。

初節句の内祝いというと難しくとらえがちですが、赤ちゃんの顔を見せて一緒に食事をするだけでも十分かと思います。

スポンサーリンク

 

初節句の内祝いは半返しが妥当なの?お祝いが高額でも?

ふつう、お祝いのお返しといえば半返しが妥当だといわれていますが、初節句の内祝いの金額の相場はどうなんでしょうか。

初節句ではひな人形・五月人形を買ってもらうこともあるため、半返しでも10万円くらいになるケースがあります。

ぶっちゃけそんな金額返せないよー!と思いますよね(笑)

五月人形など高価なものをもらった場合は、半返しでなく5000円~1万円くらいの金額がおすすめです。

実両親に五月人形を買ってもらって、義両親にお祝いだけを貰った場合は、義両親のお祝い額の半分を双方の両親に渡すのもありです。

お祝いが高額になりがちな初節句では、半返しだと両親が「こんなに買って!」と恐縮してしまうパターンもあります。

だから、逆に初節句の両親へのお祝いは半返しにしない方が望ましいです。

一般的な親は、自分の子どもが散財するのを望みませんから。

地元の有名店の菓子折りと、兜のそばにいる子どもの写真を贈るだけでも十分喜んでもらえます。

 

初節句の内祝いに両親に贈る品物は何がおすすめ?

初節句の内祝いの相場は5000円~1万円、あるいはお祝い金だけをもらった方のお返し額に合わせます。

内祝いでは、品物はどんなものを贈るべきなのか明確なルールがありません。

消え物や割れ物は縁起が悪いなどのジンクスも一切関係ないので、両親の好きなものを好きなように贈りましょう。

例えば、父親の好きな銘柄のお酒と母親の好きなお店のスイーツの組み合わせなどもいいですね。

両親が喜ぶのであれば、木彫りの熊でも招き猫の置き物でもいいです。私は止めません。

あるいは、品物でなく思い出をプレゼントするのもありですね。

フォトフレームに入った子どもの写真を紅白饅頭やかしわ餅と一緒に贈るのも、喜ばれます。

品物を贈らなくても食事会や自宅に招待すれば、それだけで内祝いの役目を果たしたことになります。

もちろん、お料理の代金はあなた方ご夫婦が負担してくださいね。

とはいえ、両親が「いいのよ」と頑なに遠慮する場合は、いくらか払ってもらった方がスムーズなのかもしれませんが。

スポンサーリンク

 

まとめ

両親にひな人形や兜を買ってもらった場合の初節句の内祝いは、半返しにこだわらなくて大丈夫です。

孫と一緒に過ごせる時間を作ったり、両親がもらってうれしい品物を贈ったり。お祝いの方法はさまざまです。

形にこだわりすぎず、お宅の方針に合った方法を優先させて楽しい初節句にできるといいですね。

スポンサーリンク