カレッタ汐留のイルミネーションは、七色の光と音楽が織りなすショーやカップルで鳴らす「幸せの鐘」など目玉がたくさんです。

けして規模の大きいイルミネーションではないかもしれませんが、ファンが多くて毎年混雑します。

カレッタ汐留のイルミネーションの混雑情報やショー、幸せの鐘などの待ち時間はどのくらいになりそうか、例年の状況を紹介します。

また、駐車場の混雑情報もお話しするので、交通手段を決めるときの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  

カレッタ汐留のイルミネーションはどのくらい混雑する?

カレッタ汐留のイルミネーションの混み具合は、土日祝に混む傾向にあります。

なるべくなら平日に行った方がいいので、お友達や恋人とお休みを合わせていった方がいいですね。

クリスマスの時期にこだわらないのでしたら、一般的な会社での繁忙期に入る直前の11月ごろがお休みもとりやすいかな?と思います。

カレッタ汐留のイルミネーションのクリスマスの混み具合は?

イルミネーションの本番だけあって、クリスマスはやはり混みます。

クリスマスの当日が平日でも非常に混むし、クリスマスと土日が重なっていたら例年よりも混雑します。

クリスマスの前後の土日の方が空いている印象なので、日にちにこだわらない人はクリスマス前後の土日、あるいはお休みをとれた平日に行った方がいいです。

また、クリスマスに汐留カレッタ周辺でごはんを食べる場合は、レストランも早めに予約しておくといいですね。

12月に入ってからじゃ遅い印象なので、なるべく11月以前に行きたいレストランを決めておきましょう。

記念日に行くのもすてきですが、クリスマス前後の土日などに行って余裕をもって楽しむのもいいですね。

その方がカレッタ汐留ならでの美しい色合いのイルミネーションをのんびり鑑賞できて、一緒に行く人との仲も深まるかな~と思います。

スポンサーリンク

 

カレッタ汐留のイルミネーションのショーなどの待ち時間は?

カレッタ汐留のイルミネーションの目玉は、20分に1回くらい開かれるショーですね。

たった10分とはいえ、7色のイルミネーションに合わせたオリジナルの音楽のコラボレーションは見る人を釘付けにさせます。

こちらもいい場所で見ようと思うと18時以前など早い時間に行った方がいいですね。

でも、イルミネーションショーはいろいろな角度から見ても楽しいので、混んでいる時間帯は空いている角度を探してみるのも手です。

クリスマスの時期は15分ごとに開催されるので、混雑していても案外チャンスが回って来ることもあるかもしれません。

カレッタ汐留のイルミネーションショーは入場料もかからないので、ちょっとふらっと寄ってみてはいかがでしょうか?

思わぬ美しさに目を奪われ、同行者と一緒に盛り上がれていい思い出を作れます(*^^*)

また、ショーとは違いますが、カレッタ汐留名物の「幸せの鐘」を鳴らすのもクリスマスの時期は少し並びます。

美しい夜景が見られる46階の展望台は、案外そこまで混んでいないこともあるので、エレベーターの待ち時間を見て登るかどうか決めてもいいですね。

カレッタ汐留のイルミネーションイベントには目玉がいろいろあるので、混雑具合と相談して回り方を決めてくださいね。

 

カレッタ汐留のイルミネーション近くの駐車場で停めやすい場所は?

カレッタ汐留やその付近の駐車場は台数があるので、クリスマスの時期のようによっぽど混んでいなければ停められる可能性は高いです。

ただ、カレッタ汐留の駐車場の入り口はものすごくわかりづらいので、以下のリンクを参考にしてくださいね。

カレッタ汐留へのアクセス方法

たとえカレッタ汐留の駐車場が満車だったとしても、汐留駐車場・汐留タワーパーキングなどに停めて行けば大丈夫です。

カレッタ汐留の近くに駐車場が複数あるので、たとえ混雑していてもある程度は分散されるのではと思います。

クリスマスの時期は確実に停められる保証はありませんが、カレッタ汐留は駅に近いので電車でのアクセスでも十分歩きやすいです。

車が停めやすい場所まで車で行って、あとは電車で移動してイルミネーションを見るというのもアリですね。

とはいえ、クリスマスの時期でなければパークアンドライドまで考える必要はないので、行く時期によって車で行くか電車で行くか決めましょう。

基本的にはそこまで停めにくい場所ではないのですが、クリスマスの時期は混雑状況が予測がつかないので注意しておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

 

カレッタ汐留のイルミネーションの混み具合のまとめ

カレッタ汐留のイルミネーションはクリスマスの時期は混むので、なるべくクリスマスを避けた方がきれいなイルミネーションを堪能できますね。

イルミネーションやショーの美しさを重視するならクリスマス以外、混雑よりも記念日を重視するならクリスマスと使い分けましょう。

美しいイルミネーションやイベントを堪能して、思い出に残る一日にできるといいですね。

スポンサーリンク