「季節の行事・年中行事」の記事一覧(2 / 11ページ目)

お歳暮関連の記事一覧

季節の行事・年中行事

今年も残すところあとわずかとなり、お歳暮の季節になりましたね。 お歳暮をいただいたときのお礼状や、自分がお歳暮を贈るときののしのマナーなど気になる点はたくさんあるかと思います。 ここでは、お歳暮に関する記事を一覧にしてまとめたので、あなたがお困りの事例について参考になれば何よりです(*^^*)

お歳暮の断り方 会社宛のお礼状の文例と断る丁寧な言い方はコレ!

季節の行事・年中行事

お中元やお歳暮をいただいた相手にお礼状を書くときに、今後はお歳暮は遠慮するのでお気遣いなくと言うのは心苦しいことですね。とくに仕事関係の相手は今後も仕事上の付き合いを続けていくので、なるべく円満にお歳暮のやりとりを終わらせましょう!

義実家宛のお歳暮ののしは夫婦連名か旦那の名前か?苗字だけはOK?

季節の行事・年中行事

結婚したら義理の実家にもお歳暮を贈らないと!と思ったものの、のしをつけるかつけないかどっちが正解か迷っちゃいますね。のしに名前を入れるときは夫婦連名か、旦那さんの名前だけ入れた方がいいのか、あるいは苗字だけでいいのかも確認しましょう。

お歳暮のお礼状が遅れたときのお詫びの書き方と例文を紹介

季節の行事・年中行事

お中元やお歳暮をいただいたけれど、旅行や出張で留守にしていた場合や、多忙でお礼状を書くのが遅れてしまうこともありますね。お歳暮のお礼状を出すのが遅くなったときは出した方がよいのか出さない方がよいのか、出す場合のお詫びの文例をまとめました。

義両親にお歳暮は必要?お年賀と両方送るもの?どちらを優先するの?

季節の行事・年中行事

結婚して初めての年末を迎えたとき、旦那さんの実家にお歳暮を贈るべきなのかは、お嫁さんの立場として気になるところですね。お正月にお年賀の品物を持って行くからお歳暮は贈らなくていいのか、それとも両方贈るべきかについてもまとめたので参考になれば♪

喪中の人にお歳暮を送っていいの?贈る場合ののしや水引のマナー

季節の行事・年中行事

毎年お歳暮を贈っている相手から年賀欠礼の喪中はがきが届いたときは、今年もお歳暮を贈るかどうかの判断に悩みますね。ここでは、喪中の相手にお歳暮を贈ってもよいのか、贈るならのしはつけない方がよいのか、ぜひ覚えたいマナーをまとめました。

お礼状は手書きとパソコンどちらが失礼にならない?字が汚い場合は?

季節の行事・年中行事

たくさんお歳暮をいただく場合や字が汚い場合は、お礼状を手書きするのは大変だから、パソコンで印刷したい気持ちもありますね。お礼状をパソコンで打って出すのはアリなのか、やっぱり手書きじゃないとダメなのか、マナー的にはどうかを知っておきましょう。

草履をはくと鼻緒が痛い!痛くならない方法や歩き方のコツを伝授

季節の行事・年中行事

花火やお祭りで浴衣を着るのは夏らしくて風流ですが、下駄や草履の鼻緒が痛くてつらい思いをした経験がよみがえります……。そこで、浴衣や着物で草履の鼻緒が痛くならないようにやっておいたらいいことをまとめました。痛くならない草履のはき方、どうやって歩いたら足の指先が痛くならないのかを知って、快適に和装を楽しみましょう♪

紺の浴衣の帯の色は何が合う?大人っぽい着こなしでしっとり上品に♪

季節の行事・年中行事

浴衣に大切なのが帯の合わせ方ですが、紺の浴衣には何色の帯を合わせるのがいいのかがわからなくて悩んじゃいますね。そこで、紺の浴衣を着たい20代の大人女子のあなたに、中学生や高校生らしい若々しい着方ではなく大人っぽい着こなしを紹介します。どうやったら落ち着いたしっとりした雰囲気が出せるのかを知って、今年の花火や夏祭りを楽しんじゃいましょう♪

ページの先頭へ